« 年賀状 | トップページ | リスの橋 »

2020年1月 6日 (月)

光環

1205_11koukan 2019.12.5
12月5日のTV画面です。川崎市で昼前に撮影されたもの。
太陽を取り囲む虹色の輪。もちろん虹ではありません。
虹は太陽を背にして観測されるものですから。
これは光環という現象。
上空の水滴・氷晶など、そういう微細な粒子による光の「回折」現象によるものです。
波というものは、その波長程度より大きな物体からは反射されますが、波長程度以下の物体に対してはその物体の後ろに回り込むことができます。
音楽のかかっている店の前に立つと、高音は遮断されても低音が漏れてくることがある。波長の長い方が回り込みやすい。
コウモリは昆虫などを超音波で見つけますので、コウモリが出す超音波の波長は昆虫のサイズ程度以下なのです。
ま、そんなことで、光もその波長程度以下の粒子に当たると後ろへ回り込むんですね。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%89%E5%86%A0
光冠
光が回折することで起こる。水滴の粒子が小さいほど回折角が大きくなるため、光冠の直径は大きくなる。波長が長い光ほど回折角が大きくなるため、内側が紫、外側が赤の色の順序となる。

私のブログの過去記事では何度か「花粉光環」を扱っています。
↓冬が過ぎれば春が来る。花粉光環が見られるかもしれませんよ。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/03/post-25b0.html
2018年3月 6日 (火) スギ花粉飛散中

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-3a49.html
2019年3月 8日 (金) 花粉光環

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-3a49-1.html
2019年3月14日 (木) 花粉光環

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/03/post-6b1b.html
2019年3月27日 (水) 花粉光環

« 年賀状 | トップページ | リスの橋 »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年賀状 | トップページ | リスの橋 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ