« 東京の初氷 | トップページ | シャコバサボテン »

2020年1月21日 (火)

ネズミさん

0112_1nezumi1 2020.1.12
今回の子年の作品です。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2020/01/post-f3af8d.html
2020年1月 3日 (金) 年末から新年へ 年末編

障害者福祉施設の製品です。毎年、干支のものを買って飾っています。
今回も子年のものを探しに行ったら、売り切れてしまっていて、新年に購入することになりました。
ですから、上の写真のネズミちゃんは12年前のもの。

予約してあった子年の置物が入荷したということでさっそく。
本体と下の台は「ヒノキ」、耳は「多摩川のサクラ」ということです。いずれも間伐材などの再利用だそうです。
台のヒノキは黒いですが、これは「柿渋染」とありました。
青柿の汁を発酵させたもので染めるのですね。タンニンが主成分。タンニンは鉄イオンと反応させれば真っ黒になりますが、そこまではやっていないかも。(お歯黒はタンニンと鉄イオンの反応で歯を染めていますが。)
江戸時代の傘ですが、あれも柿渋を塗ったものです。撥水性があるんですね。
渋団扇というのもそうかな。
ま、伝統的なものです。

0112_1nezumi2
ネズミさんたち勢ぞろい。
でもって、私共夫婦は子年生まれ、今年72歳なんですね。
我が家はネズミだらけです。
0105_1nezumi
で、ふとつまらぬことがあたまをかすめまして。
招き猫とネズミの人形に
「ネコが音頭とりゃ ネズミが引っ張る エイヤ エイヤ ヨッコイショ」
と。
なんか節でもつけて読んでみてください。
このネズミの並べ方をちょっと変えますと
1223_4nezumi 12.23
なんか、ほほえましくないですか。我ら夫婦みたいでしょ。わ~い。

« 東京の初氷 | トップページ | シャコバサボテン »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 東京の初氷 | トップページ | シャコバサボテン »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ