« アゲハ | トップページ | ホソバヒイラギナンテン »

2019年12月13日 (金)

パプリカ

1118_3paprica 2019.11.18
パプリカだと思いますが。
アスパラガスの葉が一緒に写っていますが無視してください。とんでもない家庭菜園なものですから。

1119_6paprica 11.19
で、翌日食べました。洗って、切って、バリバリと。
最近、サラダにマヨネーズとかドレッシングとかほとんど使わなくなっちゃった。生のままやさっとゆでただけでバリバリ。すごい老夫婦になってきた。

★最近の読書から
「植物はおいしい」田中修著、ちくま新書1425 から引用

p.64
 パプリカは、ナス科の仲間、トウガラシ属の野菜で、辛みのないトウガラシの一種です。・・・植物学的には、ピーマンもナス科トウガラシ属の野菜であり、パプリカとピーマンの違いはありません。原産地も、ともに南アメリカです。
 ・・・
 私たちにとってはピーマンは緑色で食べますが、これは未熟な状態です。緑のときに収穫せずに放っておくと、真っ赤に変色し、赤いパプリカと同じ色になります。
 ・・・
ピーマンは、果肉が薄くて細長く、成熟前に食べるものですが、パプリカは、果肉が厚くて、全体が大きく、成熟してから食べるものです。

そうなのか、知らなかったゾ。家庭菜園だと、うっかりピーマンを熟させてしまっているかもしれませんね。
ピーマンとパプリカがわからなくなってきました。
ピーマンを成熟させるのには日数が多くなって、完熟ものは、商店での日持ちが悪い。で、農家としては経済的に、未熟な状態で出荷した方がいいのだそうです。それと、子どもには無理だけど、大人の味の嗜好に「にがみ」というのがありますよね。そのせいもあるらしい。
そうだったのか。

« アゲハ | トップページ | ホソバヒイラギナンテン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アゲハ | トップページ | ホソバヒイラギナンテン »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ