« カエデ冬芽 | トップページ | シロハラコカゲロウ »

2019年12月20日 (金)

フタバカゲロウ(か?)

天気の良い日で、布団を干していた妻が「カゲロウがいるよ」と報せてくれました。
今時は昆虫が少なくって、と言いながら出て行ったら、「でしょう、だから呼んだのよ」とありがたいお言葉。
なるほど、布団バサミにとまっているのでした。
1130_12kagerou1 2019.11.30
これ。
なんかな、翅が1対2枚しかないようにも見えます。
1130_12kagerou2
背中側から撮影を試みましたが、はかばかしくないなぁ。
1130_12kagerou3
何枚か撮ったうち、この写真くらいがわかりやすかった。
さて、これは何だろう?調べていったら
コカゲロウ科のフタバカゲロウではないかという気がしてきました。
画像が鮮明ではないし、確信をもって断言できないのですが、フタバカゲロウの可能性が大きいと思います。


↓翅が1対2枚だそうです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%B2%E3%83%AD%E3%82%A6
カゲロウ

フタバカゲロウ(コカゲロウ科)などのように退化消失して前翅1対のみとなっている種もある。

↓卵胎生だそうです。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/jslim/69/0/69_0_156/_pdf
フタバカゲロウの特異な生態と生殖・胚発生について(昆虫綱:カゲロウ目, コカゲロウ科)

卵胎生という特異な生殖様式をもつことも知られているが、Degrange (1959, 1960) によると、胚発生の大部分を母親の体内で行ない、孵化間際まで胚発生を進行させた卵が産み落とされ、卵が水に浸かると直ぐに幼生が孵化するという、卵胎生の特殊な例であるとされている

なんで我が家にカゲロウが?という疑問は残りますが、ご報告します。

« カエデ冬芽 | トップページ | シロハラコカゲロウ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カエデ冬芽 | トップページ | シロハラコカゲロウ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ