« 桜桃・南殿紅葉 | トップページ | ナミハナアブ(でしょう) »

2019年12月16日 (月)

クサカゲロウ

1120_8kusakagerou 2019.11.20
線路柵の柱にとまっていました。
クサカゲロウ科には似た種類が何種かいるのですが、面倒なので、クサカゲロウで済ませておきます。
で、越冬態はよくわからない。
「クサカゲロウ 越冬態」で検索すると、いろんなのが出てきてしまって、困惑、です。

http://www.forest-tokyo.org/ourfields/2004/0219kagero.htm

クサカゲロウの基本的な越冬形態は幼虫です。 ただ、幼虫越冬とはいっても、晩秋に繭を作った幼虫が繭の中で 成虫になりつつも、そのまま春まで出てこないということです。

http://shizensanpo.seesaa.net/article/412797638.html

越冬は成虫で越冬します。越冬個体は体の色が変わり、黄褐色の体に変色します。この時期のは翅脈の色は体色と同じ褐色になります。ヤマトクサカゲロウは面白いことに、同じ種類でも時期により全く違う色に変わってしまう特徴があるのです。

 

« 桜桃・南殿紅葉 | トップページ | ナミハナアブ(でしょう) »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 桜桃・南殿紅葉 | トップページ | ナミハナアブ(でしょう) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ