« 虹 | トップページ | スイカズラの実 »

2019年12月23日 (月)

ホオズキ

1202_4hoozuki 2019.12.2
これホオズキです。妻が室内に飾りました。
ホオズキというと「萼に包まれた赤い実」がイメージされますが。
そのまんま屋外で放置しておくと、やがてこうなるのです。
雨にさらされ、実を包む萼の筋だけが袋状に残り、中の実も色を失いながら硬くなります。
結構、それなりに、風情のあるものですね。
それこそ「枯れた味わい」といえるでしょう。
老夫婦は「枯れた味わい」が漂うかなぁ。修行が足りません。

●透かしほおずき
●網ほおずき
●虫ほおずき(虫鬼灯)

こういう呼び名もあるようです。

↓参考
http://www7b.biglobe.ne.jp/~kazekiribane/main/main230.html

https://plaza.rakuten.co.jp/hitoshisan/diary/201709260000/

« 虹 | トップページ | スイカズラの実 »

植物」カテゴリの記事

コメント

私の育った所は農村だったのでホオズキは至るところに生えていました。実を指でグニュグニュして種子を注意深く取り出し、洗って口に含み鳴らすのです。ほんと懐かしい…またやってみたいけど、近頃はとんと見かけ無くなりました。寂しいかぎりです。

名前を書くのを忘れました、ボーッとしてごめんなさい。ホオズキもですか、最近はダリアやカンナも見かけません。かかしさんのお写真の中にカンナを見た時はうれしかったです❗️

コメントありがとうございます。実は私自身は植物のホオズキの実を鳴らしたことはないのです。海ホオズキを鳴らしたことがあるのです。母の実家は海が間近。で、少女時代に海ホオズキを鳴らしたことがあったようです。で、私が小学生の頃かな、どこかで見つけてきて、嬉しそうに鳴らし方を教えてくれたのです。海ホオズキは巻貝の卵嚢です。小さな音なのですが、鳴らして楽しみましたっけ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 虹 | トップページ | スイカズラの実 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ