« ホソバヒイラギナンテン | トップページ | 朝霧 »

2019年12月17日 (火)

方解石

ふと思い出して、過去の教材から方解石を撮影してみました。
1123_3houkaiseki 2019.11.23
方解石は炭酸カルシウムの結晶です。あられ石と同じ成分ですが、性質は全然違う。
理科年表の表紙の上に置いて撮影したものですが、字が二重になっていますね。
この現象を「複屈折」といいます。1本の光線が屈折によって2本の偏光に分かれるのです。
私はおそらく小学生あたりでこの現象を知った。なんでだったか、定かではないけれど。岩波の科学映画かな。科学博物館でも見たかも。偏光なんて知らないときですから、単純に2本に分かれるんだ、と理解していましたけど。
この性質を利用して、「ニコルプリズム」という偏光子が作られました。現在は主流じゃないけど、長く使われたものです。
当然私共も、糖の旋光性の実験なんかでお世話になったものです。

このごろは、こういう面白いものがあるよ、という紹介も少ないかも。
いろいろ検索してみてください。

« ホソバヒイラギナンテン | トップページ | 朝霧 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ホソバヒイラギナンテン | トップページ | 朝霧 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ