« ウラナミシジミ | トップページ | ヤノネボンテンカ »

2019年11月 1日 (金)

「透明」醤油

↓先日、下にリンクする記事で、「有色透明」というのもあるじゃないですか、と書いたばかりでしたが。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/10/post-7123a8.html
2019年10月21日 (月) 水は透明じゃない、青い

今度は「透明醤油」ですって。参ったなぁ。
正しくは「無色の醤油」でしょ。

熊本の「株式会社フンドーダイ五葉」という醤油メーカーの商品。
↓そのHP
https://www.fundodai.com/

素材の色を極限まで活かし、
しょうゆの香り、コクはそのまま残した
透明のおしょうゆがここに誕生しました

やっぱなぁ、「無色のおしょうゆ」と言ってほしかったなぁ。
残念です。

↓過去記事です。カマキリの偽瞳孔の話から「黒は色じゃない」ということに至ってしまったのでした。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-f4c9.html
2017年8月 4日 (金) カマキリ

・・・
★NHKの語学講座のフランス語。時々歌手のZAZさんが、子どもたちと一緒に歌います。
生活の中の基本的な言葉を学んで、オリジナルの歌にして一緒に歌う。
先日、「色」がテーマだった時、ZAZさんが「黒は厳密には色ではないのだけれど、普通は色として扱う」といいました。
元理科教師としては猛烈にうれしい。白や黒は色ではない、ということを理解している人はどのくらいいるんでしょうね。私の授業でもずいぶんこの話はしましたけど。
特定の波長が吸収されるとき「色」が生じます。全部帰ってくるときは白、全く帰ってこないときは黒です。ZAZさんのさりげない発言に感動しました。よい教育を受けた、そしてそれを身につけた。ZAZさんを見直してしまいました。
講座では、10人くらいの子どもたちと一緒に、ZAZさんがギター、ウッドベース、アコーディオンの伴奏で歌います。なんと贅沢で豪勢な時間でしょう。
幼い人にこそ本物を。子どもになんかわかるもんか、とレベルを下げたら、完全に見抜かれてしまいますよ。難しいことは易しい表現で、最高の本物を提示しなければなりません。

 

« ウラナミシジミ | トップページ | ヤノネボンテンカ »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ウラナミシジミ | トップページ | ヤノネボンテンカ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ