« イチモンジセセリ&オンブバッタ | トップページ | ススキ »

2019年11月 1日 (金)

ハラビロカマキリ卵鞘

0927_20harabirokamakiri 2019.9.27
線路柵の柱にありました。
これはハラビロカマキリの卵鞘です。
私共の知識範囲では、オオカマキリ、カマキリ、ハラビロカマキリ、コカマキリの卵鞘はおおよそ識別できます。
卵鞘といったり、卵嚢といったり、自分でもごちゃごちゃしていますが、一応、卵鞘としておきます。
一昨年も、線路柵の柱にハラビロカマキリの卵鞘があったのですが、未受精卵だったのでしょう、孵化した様子はありませんでした。悲しかった。受精卵を産みたかっただろうにね。
今回の卵鞘から幼虫が孵化するかどうか、来年まで待ちましょう。

↓参考
https://www.nacsj.or.jp/archive/files/katsudo/kansatsu/No530-kyoukarahajimeru.pdf
カマキリの卵鞘を探してみよう

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%8D%B5

単独で産まれる卵もあるが、多数をまとめて産卵する場合もある。多数の卵を密着した塊とする場合、これを“卵塊”(らんかい)と呼ぶ。さらにそれを何らかの構造物で覆ってしまう場合もある。クモは糸で卵塊を包んで“卵嚢”(らんのう)とするし、ゴキブリやカマキリは分泌物で卵塊を覆う“卵鞘”(らんしょう)をつくる。

↓一昨年の記事
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/11/post-58d1.html
2017年11月16日 (木) ハラビロカマキリ

« イチモンジセセリ&オンブバッタ | トップページ | ススキ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« イチモンジセセリ&オンブバッタ | トップページ | ススキ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ