« 身近な昆虫 | トップページ | シラサギ(白鷺)かな?(追記あり) »

2019年10月10日 (木)

10月14日が望です

台風19号が接近しています。
TVなどでよく、台風接近時に潮位の話が出ます。
風による「吹き寄せ」効果。
低い気圧による吸い上げ効果。これは1気圧で10mの水柱を支えられることから、1000hPaで10mだから、50hPaの低下で50cm吸い上げられるという話です。
そして、月との関係での大潮の時は潮位が高いから注意せよ、と。

昨日、夕方の森田さんの気象情報で、背景に月が映し出された。上弦の月を過ぎて「月が太り始めていますね。もうすぐ満月。潮位が高くなるので要注意ですね」と。
初めからその話をするつもりだったのか、たまたま背景に出た月を見て思い出されたか。たまたまかな、という気もします。
そういうところに森田さんの経験量の豊富さを感じます。
10月14日が望なのです。
望の日だけが潮位が高いわけではない。その前後は同じようなものです。
ですから、10月12、13日当たりも潮位には注意が必要なはず。
マスメディアがあまりそのことを言っていないように思います。
私のこの小さなブログですが、もし、海岸近くの型がお読みでしたら、潮位にも注意を払ってくださいますよう。
台風の進行方向の右側で東から南に湾口が開いた湾では吹き寄せにも注意。

私共も、小さく固まって過ごそうと不安ながらに用意しております。皆様、お気を付けください。

 

« 身近な昆虫 | トップページ | シラサギ(白鷺)かな?(追記あり) »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 身近な昆虫 | トップページ | シラサギ(白鷺)かな?(追記あり) »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ