« シオカラトンボ | トップページ | 撥水性:サトイモの葉・アオスジアゲハの翅 »

2019年10月 4日 (金)

クマバチ@デュランタ

0908_11kumabati1 2019.9.8
今回は体重の話ではありません。
デュランタで蜜を吸おうとしているクマバチですが、花が小さくて深い。
タチアオイのように大きくてあけっぴろげな花と違って、なかなか蜜のあるところまで、大きな体で潜り込みにくそう。
タチアオイでなんか、花粉を花の中から外へ振り飛ばしながら潜っていきますけどね。
0908_11kumabati2
見ていたら、出てきて、花の外側にまわって花の根元をかじっているような感じ。
外から花に穴を開けて盗蜜しているように見えました。
でかいハチですから、パワーも大きい。正面から潜り込めなければ外から穴を開けて蜜を吸おう、と切り替えるようです。
知恵があるんですね。

桜の花でメジロは花の正面から蜜を吸い、スズメは花の外から盗蜜して花そのものを落としてしまう。
そういうのは知っていましたが、クマバチは両方やるようです。

« シオカラトンボ | トップページ | 撥水性:サトイモの葉・アオスジアゲハの翅 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« シオカラトンボ | トップページ | 撥水性:サトイモの葉・アオスジアゲハの翅 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ