« クロアゲハ | トップページ | アゲハチョウの仲間の幼虫 »

2019年10月17日 (木)

モミジバルコウ

0915_14momijirukou1 2019.9.15
このごろは「モミジバルコウ」で検索すると「もしかして:モミジルコウ」と表示されるようなのですが。
葉の形がモミジのようだ、という名前でしょうから、敢えて私はモミジバルコウで通します。
花の中にアリがいて
0915_14momijirukou2
姿を見せました。
アリというのは勤勉ですね。よく花の中で見かける。
花の奥で蜜の粘っこさに脚を取られるということはないのかな。危険はありそうですけど。
食虫植物の起源はそういうところからなんでしょうね、きっと。


★別件:モミジバフウという木がありますよね。

もみじば‐ふう【紅葉楓】モミヂ‥
 マンサク科の落葉高木。アメリカ東部からメキシコの原産。樹皮は褐色を帯び、掌状の葉は光沢があり、紅葉する。街路樹として広く植栽。カエデの類ではない。アメリカフウ。
広辞苑第六版より引用

「楓(かえで)」の別の呼び方が「紅葉(もみじ)」なんでしょ。
モミジバフウって、なんだか変だな、と思う私です。

« クロアゲハ | トップページ | アゲハチョウの仲間の幼虫 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クロアゲハ | トップページ | アゲハチョウの仲間の幼虫 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ