« アカタテハ | トップページ | ヒメアカタテハ:2 »

2019年8月21日 (水)

ヒメアカタテハ:1

0813_18himeakatateha12019.8.13
ツマグロヒョウモンに似ているけど違うのよ、といって妻が撮影してきたチョウ。タテハチョウ科ではありますが。
前の記事のアカタテハとも違う。
模様のない後翅がアカタテハの特徴でしたが、このチョウは違うなぁ。
0813_18himeakatateha2
後翅の裏面の縁に目玉模様がありますね。ツマグロヒョウモンにはこういう模様はありません。

↓調べてみたら、ヒメアカタテハでした。
https://www.insects.jp/kon-tyohimeaka.htm
ヒメアカタテハ

移動性が高く、夏から秋にかけて、温暖地から寒冷地に向かってどんどん分布を広げる。幼虫または成虫で越冬するが、寒さに弱いので温暖な地域でしか冬越しできない。
幼虫の食草は、ヨモギ、ゴボウなど。

http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/hime-akatateha.html

ヨモギ(蓬),ゴボウ(牛蒡),ハハコグサ(母子草)などのキク科植物,カラムシ(苧),エゾイラクサなどのイラクサ科の植物。

調べた結果を妻に報せたら、さっそく、ヨモギを増やそう、という。
ヨモギはあるんですよ、庭に。あれを増やしてヒメアカタテハをご招待しようと。
さっすが。

« アカタテハ | トップページ | ヒメアカタテハ:2 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アカタテハ | トップページ | ヒメアカタテハ:2 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ