« 立秋 | トップページ | そうとしかみえない »

2019年8月 5日 (月)

クサギカメムシ・キマダラカメムシ

0709_13kusagikamemusi 2019.7.9
これクサギカメムシの成虫

0713_14kusagikamemusi 7.13
これはクサギカメムシの終齢幼虫
こういう幼虫をあちこちで見かけてきましたが、成虫の季節かな。

0803_21kimadarakamemusi 8.3
これはキマダラカメムシの成虫。
クサギカメムシと似ています。
「黄斑(きまだら)」というのが、虫の特徴を表しています。もう一つ、キマダラカメムシの方は、頭部の正中線のところに筋があります。
これは判定に使えます。このキマダラカメムシ南方系の昆虫です。私がこのキマダラカメムシを知ったのはつい最近、本の何年か前です。
南から北上する昆虫が増えているようです。

クサギカメムシの方ですが、名前に惑わされていませんか?「クサギ」なんていかにも臭そうだ、と。
昆虫だって生きているんですから、生存を脅かされるような事態になれば必死で抵抗します。
ヒトは自分が昆虫たちにとって、とんでもなく巨大な生物であることを忘れがち。
臭そうだからとつまめば、抵抗して実際に臭い液体を出しますよ、命がけで。
そういう時は、虫の前に指を出して前進させ指に乗せる。で、思いっきり吹き飛ばすか、ボールを投げるような手の動きをすれば飛んでいってしまいます。何でもかんでも殺虫剤、というのはやめたいですね。

« 立秋 | トップページ | そうとしかみえない »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 立秋 | トップページ | そうとしかみえない »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ