« 年の臍 | トップページ | オオスカシバ »

2019年7月 2日 (火)

キイロホソガガンボ

0602_2kiirohosogaganbo1 2019.6.2
脚がやたらと長いので、脚まで全部画面に入れようとすると、こうなってしまいます。
体の特徴を見るために脚を割愛すると
0602_2kiirohosogaganbo2
こうです。
大型の「蚊」のように見えますが、口でも腹端部でも刺しはしません。
うっかり手を出して捕まえようとすると脚が簡単にもげてしまって、しまった悪いことした、と後悔しますので、見ただけでほっといてください。
成虫は蜜を吸うかな、でも成虫としての寿命は短く、10日程度といわれます。
カゲロウなんかも寿命が短い昆虫の代表のように言われますし、セミも幼虫時代が年単位で、成虫時代は日単位で、はかない(儚い)といわれます。
でもね、一生という期間で考えたらいいんじゃないですかね。
孵化し、成長し、成熟しながら生殖にはかかわらないステージと、生殖のステージ、という風に考えてください。
全部含めて「一生」。
ガガンボもカゲロウもセミも、ステージを切り替えながら生きているのであって、成虫の時期が短くてはかない、と考える必要はないのではないでしょうか。

« 年の臍 | トップページ | オオスカシバ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 年の臍 | トップページ | オオスカシバ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ