« クサギカメムシ幼虫・キマダラカメムシ幼虫 | トップページ | 0655 すごい漢字 »

2019年7月 3日 (水)

豪雨

★NHKの報道では

鹿児島市全域59万人余に避難指示 直ちに避難を(2019年7月3日 9時49分)
 鹿児島市は、この大雨で土砂災害が発生するおそれが高まっているとして、市内全域の27万5287世帯、59万4943人に対して出していた避難勧告を、午前9時35分、「避難指示」に切り替えました。・・・

熊本 天草市全域8万人余に避難勧告 速やかに避難を(2019年7月3日 10時12分)
 熊本県天草市は、土砂災害の危険が高まっているとして、午前9時半、市内全域の3万7022世帯、8万266人に避難勧告を出しました。・・・

ということです。該当地域の方々、今、思い切ってください。

★ところで、昨日の気象庁の会見で
http://www.jma.go.jp/jma/press/1907/02b/2019070214.html

令和元年 報道発表資料
梅雨前線による大雨の見通し
報道発表日 令和元年7月2日

本文
 梅雨前線による大雨により九州では既に記録的な大雨となっているところがあります。西日本や東日本では、大雨が少なくとも6日頃にかけて続く見込みです。特に3日昼前から4日にかけては、梅雨前線の活動が一段と活発となり、九州を中心とした西日本では、猛烈な雨や非常に激しい雨が降り、所によっては 24時間雨量が平年の7月1ヶ月分の雨量を超える記録的な大雨となるおそれがあります。これまでの大雨により、すでに地盤の緩んでいる所があるため、大雨による土砂災害に厳重に警戒するとともに、低い土地の浸水、河川の増水や氾濫にも厳重に警戒してください。
 各地の気象台の発表する警報・注意報など気象情報に留意するとともに、危険度分布を活用し、市町村の避難勧告等に従って、自分の命、大切な人の命を守るために、早め早めの避難、安全確保をお願いします。

「24時間雨量が平年の7月1ヶ月分の雨量を超える記録的な大雨となるおそれ」という表現があって、各報道機関もその表現を使っています。
「1カ月分が1日で降る。それは大変だ」ということは分かりますが、私の感覚ではもうちょっと具体的な数値を出した方が納得しやすいのではなかったでしょうか。

気象庁のHPで調べたら、降水量の平年値がありました。
鹿児島市について、引用します。

鹿児島市 平年の降水量
1981~2010 資料年数 30年
 1月  77.5
 2月 112.1
 3月 179.7
 4月 204.6
 5月 221.2
 6月 452.3
 7月 318.9
 8月 223.0
 9月 210.8
10月 101.9
11月  92.4
12月  71.3
 年 2265.7

6月が450mm、7月が320mmくらいです。
そして、朝日新聞からの引用ですが
「3日朝から4日にかけて、湿った空気の流れが強まることなどから、九州付近に停滞した梅雨前線の活動が活発化。1時間に80ミリを超す猛烈な雨が降り、4日午前0時までの24時間雨量は、山口県と九州の多い所で250ミリ、その後の24時間も九州南部で400~300ミリ。」
24時間で400mmといえば、まさに6,7月の1カ月の平年値を超えてしまう。
こういう表現の方が説得力がある、と考えるのは元理科教員だったせいでしょうか。
私としては「大変だ」という表現だけではなく、過去の平均と、この先の予想をきちんと出して並べて、注意喚起した方がよい、と思うのです。

いずれにせよ、事態はひっ迫しています。身を守ってください。

 

« クサギカメムシ幼虫・キマダラカメムシ幼虫 | トップページ | 0655 すごい漢字 »

人事」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« クサギカメムシ幼虫・キマダラカメムシ幼虫 | トップページ | 0655 すごい漢字 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ