« コバンソウ | トップページ | クレマチスにて »

2019年6月 5日 (水)

クレマチス

あれ?
0501_17clematis1 2019.5.1
1枚折れてますが、花弁は6枚。
0501_17clematis2
あれ?7枚あるぞ。
0501_17clematis4
わ、8枚あるぞ。
どうなっているんでしょう?

調べてみたら。
まず花弁だと思っていたのは、萼だそうです。そういう例はよくありますけど、クレマチスのは花弁に見えるよなぁ。
さらに、「例外を除いて枚数は4枚・6枚・8枚と偶数のものが多い」そうです。下に引用するヤサシイ・エンゲイのサイトで仕入れた知識です。知らなかったなぁ。4枚というのは気づいてないなぁ。
同じ株なのに7枚というのもあるわけで、オシベなんかが花弁化したのでしょうか。
今年気づいた新発見でした。

http://yasashi.info/ku_00007.htm

クレマチスとは

花びらの部分は、実を言うとがくが色づいたものです。本来の花びらどこに行ってしまったのかありません(以下、便宜上がくのことを花びらと呼びます)。花びらの色や形は様々ですが、例外を除いて枚数は4枚・6枚・8枚と偶数のものが多いです。代表的な例外は雄しべや雌しべが花びらに変化した八重咲きです。花後は雌しべが長く伸びて、タネをつけます。タネは羽毛状の羽を持ち、風に乗って飛ばされます。

 

« コバンソウ | トップページ | クレマチスにて »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« コバンソウ | トップページ | クレマチスにて »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ