« カラー | トップページ | トキワツユクサ »

2019年6月 4日 (火)

クサギカメムシ・キマダラカメムシ

クサギカメムシから。
0501_14kusagikamemusi 2019.5.1
花が咲き始める前のタチアオイにいたクサギカメムシ。

0503_25kusagikamemusi1 5.3
同じくタチアオイで。人気があるようです。
0503_25kusagikamemusi2
頭部の先の方からカーブを描いて伸びる細いのが口です。
口に「くの字」に添う少し太めのは鞘です。吸汁する時以外は、口の針を鞘に納めて胸の方に密着させて畳んでしまいます。

キマダラカメムシです。
0523_14kimadarakamemusi 5.23
すごく似ていますが、頭のあたりの縦筋とか、違いますね。もちろん背中に「黄斑(きまだら)」が散らばっています。
南から北進してきた昆虫のようで、大田区のこの辺でも近年よく見かけるようになりました。

0602_9kimadarakamemusi 6.2
JRの土地と区の土地の仕切りの鉄柵にとまっていました。
あまり植物で吸汁しているところは見たことがない感じですね。どうしてだろう。

そうそう、タチアオイの花が咲き始めたら、なぜかクサギカメムシを見かけなくなってしまいました。
なぜだろう?花を咲かせるための栄養が流れているんじゃないのかなぁ。
つぼみを作る時、実を成長させる時の方がおいしいのでしょうか。

« カラー | トップページ | トキワツユクサ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カラー | トップページ | トキワツユクサ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ