« タカラダニ | トップページ | シャガ »

2019年6月 3日 (月)

ワカバグモ

0429_14wakabagumo1 2019.4.29
タチアオイのつぼみにいました。触肢が目立つのでオスでしょう。
偶然つぼみにいたのか、それとももうすぐ開花する、開花すれば昆虫が来ると、この場所を選んだのかはわかりません。
0429_14wakabagumo2
全体を見ようと思って、上から。結構高い位置のつぼみでしたので、難しいアングルでした。
0429_14wakabagumo3
近づいて揺らしてしまったせいでしょう、移動しまして、腹部がくっきり撮れました。
チョウが変な格好で止まっているなぁ、と近づくとワカバグモにとらえられていた、ということもかつてありました。
かなり大きなものも捕獲します。
両手を広げたような独特の格好はカニグモ科の特徴です。

0504_11wakabagumo1 5.4
この日、またワカバグモを見かけましたが、これはメスじゃないかな。
腹部がふっくらしているし
0504_11wakabagumo2
触肢が全然目立たない。メスでいいと思います。

我が家の庭というのは、全くどうなっているのか。こういうクモも繁殖しているようです。
都会でも、あまり手を加えない野原や草地を増やせば、昆虫やクモを含めた生態系が復活するのです。そうすれば鳥だって餌がとれる。
愛鳥家は多いけれど、その鳥のためにも昆虫などを増やしましょうよ。それが本当の愛鳥じゃないのかなぁ。



« タカラダニ | トップページ | シャガ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« タカラダニ | トップページ | シャガ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ