« 5月29日の佐呂間町の気温のグラフ | トップページ | ホソヒラタアブ »

2019年5月31日 (金)

セリバヒエンソウ

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/05/post-f9a96f.html
2019年5月31日 (金) 不明:距のある花
↑先ほどのこの記事で不明とした花に、ごんげんさんからコメントを頂きまして
「セリバヒエンソウでしょうかね。葉の様子などから。」
とのこと。
さっそく検索してみたら、なるほどそうなんだ。
下に引用したサイトでは「葉が芹のように細かく切れ込む」ということで、それが名前の由来なのですね。
0427_18humeikyo_1 2019.4.27
これが前の記事の写真で、これでも葉は写っていますが、もっと広い範囲でトリミングしなおすと
0427_18seribahiensou
こうなります。
葉の特徴がでました。
さらに、画面左右の下にあるのが稚い緑の実のようです。
花ばかり見ていて、植物の姿全体を見ていなかった。反省です。

園芸的に「デルフィニウム」という花を今年は咲かせて、何回も記事にしましたが、デルフィニウムは属名で、セリバヒエンソウもデルフィニウム属なのでした。なるほどねぇ。デルフィニウムの別名は「大飛燕草(オオヒエンソウ)」だそうです。
分かったようなことを書いていて、実はわかっていなかった。
これからもどんどん誤認・誤記載など教えてください。よろしくお願いします。

http://www.hana300.com/seriba.html
芹葉飛燕草(せりばひえんそう)


・金鳳花(きんぽうげ)科。
・学名
  Delphinium
  anthriscifolium
   Delphinium : デルフィニウム属
 Delphinium は、つぼみの形がイルカ(ドルフィン、ギリシャ語で「delphin」)に似ているところから。

・名前は、葉が芹(せり)の葉のように細かく切れ込んでおり(ギザギザ)、燕(つばめ)が飛んでるような形の花であるところから。(ヒューッと飛んでるみたいです)

 

« 5月29日の佐呂間町の気温のグラフ | トップページ | ホソヒラタアブ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 5月29日の佐呂間町の気温のグラフ | トップページ | ホソヒラタアブ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ