« 「狐の嫁入り」で~す | トップページ | 数独または数字独そして「記号独」 »

2019年5月 3日 (金)

電車がガタンゴトンと走る

電車がガタンゴトンと走る。何の不思議もなけれど。

電車に乗っていると、ガタンゴトンという音が聞こえるのは誰しも経験のあることでしょう。
最近はロングレールが増えましてので 、ガタンゴトンも減りました。そのため、気付かずにいることもありますが。
私の家は線路そば。家の目の前では音は出ませんが、少し先のところに、ガタンゴトンの発生源があります。
↓ここ。
0125_12rail1
レールを溶接して繋いだ部分です。
0125_12rail2
「隙間」はないのですが、小さな段差はあるのです。
そこを電車が走ります。
0102_7densha
電車の車両には前後に2か所、台車がありまして、1つの台車に車輪は2軸。
ある車両の後ろの台車が継ぎ目を通るときに「ガタン」。
次の車両の前の台車が同じ継ぎ目を通るときに「ゴトン」。
で、セットになって「ガタンゴトン」なのですね。

さてそうすると。最後の車両ではどうなるか。
前の車両とのセットでガタンゴトンをやったあと、最後尾の台車がガタンといって終わります。

東急多摩川線は3両編成。そうすると

ゴトン~(間)~ガタンゴトン~(間)~ガタンゴトン~(間)~ガタン

こういう音を立てて通過していくのですね。
あるときふと気づいてしまった。
ガタンゴトンと二つセットが続いて、最後はガタンが一つで終わります。
長い電車でも確認しました。
乗っていては分からない。線路の脇で音の出る場所を見つけたら、試しに聞いてみてください。
だからといって、どうということもない気づきですが、いったん気づくと意外とあちこちで聞こえるようになりますよ。

薔薇ノ木ニ 薔薇ノ花サク。ナニゴトノ不思議ナケレド。 北原白秋

気づいてしまうと不思議になる、ということは多いものです。

« 「狐の嫁入り」で~す | トップページ | 数独または数字独そして「記号独」 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「狐の嫁入り」で~す | トップページ | 数独または数字独そして「記号独」 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ