« アセビ | トップページ | 冬日と夏日が一日のうちに »

2019年4月 8日 (月)

アケビ

0401_5akebi1 2019.4.1
これはアケビの花。雄花と雌花があるようですが、私にはよくわかっていません。
0401_5akebi2
ここで実がなるのかどうか、見たこともないしなぁ。

ところで、アセビの記事の次にアケビを持ってきたのは意図的です。
言葉が似ていて、実物と対照できていないことも多いので。

また辞書を引いてみたら↓あれぇ。

あけび【木通・通草】
(「開け実」の意)アケビ科の蔓性落葉低木。山地に生え、葉は5小葉の複葉。4月頃淡紅紫色の花をつける。果実は淡紫色で長さ約10センチメートル、秋、熟して縦に割れる。果肉は厚く白色半透明で多数の黒色の種子を含み甘く美味。つるで椅子・かごなどを作り、茎の木部は漢方生薬の木通もくつうで、利尿剤・消炎剤などとする。これに似て3小葉から成る葉を持つミツバアケビがある。アケビカズラ。ヤマヒメ。<季語:秋>。
広辞苑第六版より引用

akebia
►n 〔植〕 アケビ,アケビ属 (A-) のつる植物.
リーダーズ英和辞典第3版より引用

英語圏にアケビという植物はないのかな?で、日本語のまま通用するようになったのでしょうか。
そのあたりに詳しい方がおられましたら教えてください。

« アセビ | トップページ | 冬日と夏日が一日のうちに »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アセビ | トップページ | 冬日と夏日が一日のうちに »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ