« 白梅 | トップページ | 紅梅 »

2019年3月 6日 (水)

ジンチョウゲ

0222_12jintyougeume 2019.2.22
前の記事の高いところの白梅から、もうちょい進むとこのお家。
写真画面の下部は手前のジンチョウゲ、上はジンチョウゲの向こう側の紅梅です。
写真では遠近感が消えてしまったので、言葉で説明しておきます。
0222_13jintyouge1
開花が始まっていました。
0222_13jintyouge2
2,3カ所でポツンポツンと。
こういうのを、どう表現したらいいのでしょう。
ジンチョウゲの花は小さな花が集合していますので、「一輪」という言葉が何を指すのか、戸惑いを覚えます。
小さな花の集合体を「一輪」というのなら、上の写真の状態は「一輪開花」とは言えないし。
小さな花の一つ一つを「一輪」と呼ぶのも、なんとなく似合わないのかなぁ、とも感じるし。
妻に報せる時は「ジンチョウゲが『二、三粒』咲いてたよ」といったら通じましたが。

0223_2jintyouge1 2.23
翌日、本屋散歩の帰りにまた寄ったら。
開花した粒が増えていました。
0223_2jintyouge2
つぼみは赤紫なのですが、開くと白く見えますので、遠くからでも「白さ」の具合で開花状態がわかります。
写真を撮っている私の後ろを人が通るのですが、あまりジンチョウゲに気づいていないみたいですね。
おや、もう咲き始めたんですね、くらい、声を掛け合ってもいいんじゃないかとも思いますが。都会ではそういう他人とのコミュニケーションがなくなってしまいました。

« 白梅 | トップページ | 紅梅 »

植物」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ