« ササグモ | トップページ | 年賀葉書の凝った仕掛け »

2019年1月16日 (水)

ピンホール

★部分日食の時にピンホールで日食を観察する方法を紹介しました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2019/01/post-00c6.html
2019年1月 7日 (月) 部分日食

紙を折って、角を鋏で切り、穴を開け、これを使ってピンホールカメラにしました。

↑ここから「日食がいっぱい」という写真を再掲します。
2012_0521_nissyoku1 2012_0521_1

紙に穴を開け
2012_0521_nissyoku2 2012_0521_2
日食がいっぱい。

ということでした。

★もう少しだけピンホールについて書きたくなりました。
0111_1pinhole1 2019.1.11
紙を折って、ハサミで結構大きめの穴を2つ開けました。
0111_1pinhole2
ぼんやりなんですけど、テーブル面に「環」が二つ映っています。{ここでのものさしはスケールではなく、テーブル面にうまく焦点が合わないため、オートフォーカスをここに導くために置いたものです。}
この光の「環」は、ペンダントタイプで吊るしてあるリング状の蛍光灯の像です。
穴は四角いけれど、像は丸いということをご確認ください。
0111_1pinhole3
別の部屋で。ひどくうすぼんやりなんですが、3本並んだ蛍光灯が2組写っています。穴が二つなので。穴は四角いけれど細長い蛍光灯もそのように映ります。
0111_1pinhole4
外へ出て、太陽光を雨水貯水槽の壁に映すと。紙が壁に近い時には「穴の影」が四角く映りますが
0111_1pinhole5
紙を離すと太陽の丸い像になります。さすがに穴が大きいのでくっきりはしていませんが。
0111_1pinhole6
別に「紙の穴」である必然性はないのでして、指をOKの形にしてその穴の部分をギュッと小さくすればピンホールとして作用します。何の持ち合わせもなくとも、指で隙間を作ってください。両手の指を直角に交差させて重ねた隙間でも大丈夫。もし日食でも見るチャンスがあったらお試しください。
0111_1pinhole7
これがいわゆる「木漏れ日」。
キョウチクトウの葉が重なって、鋭い三角・四角の隙間ができていて、大きな隙間では隙間の形が映ってしまいますが、小さな隙間ではピンホールになって太陽の丸い像が映るのです。
ピンホールカメラって、かなり柔軟なものですので、いろいろな隙間が応用できます。どうぞ試みてください。
穴は丸くなくてもいいんだ、と発想が緩めば、面白いものが見つかるかもしれません。

« ササグモ | トップページ | 年賀葉書の凝った仕掛け »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ササグモ | トップページ | 年賀葉書の凝った仕掛け »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ