« スイレン | トップページ | ツマグロキンバエ »

2019年1月31日 (木)

コギク

0110_5kogiku1 2019.1.10
ん?なんだか変だな。違和感を感じて、横から見ると、一本の茎から出た花が色違い。
これまでは、こういうことはなかったような気がしますが、そこまで丹念に見てなかったしな。
植物ではいろんな咲き方があることは理解しますけど、この花の下10cmもないようなところで分岐して、その先の花の色が異なる。珍しい気がします。
なんでだろう?花期もそろそろ終わりなので、何か異変が蓄積したか。気候のせいか。わからない。
0110_5kogiku2
この2色の花たちも、一株です。
不思議なことだなぁ。

花が赤いということは、赤い色素を作る酵素の遺伝子が働いているということです。もし、分岐したある茎の先端で花芽を作る時に、その遺伝子に何らかの変異が起こって、色素を作る酵素が作れなくなったら白い花になります。そんなことが起こったんでしょうか。わかりません。

« スイレン | トップページ | ツマグロキンバエ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイレン | トップページ | ツマグロキンバエ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ