« ストライガ | トップページ | キョウチクトウ »

2019年1月15日 (火)

コダカラソウ

1209_3kodakarasou1 2018.12.9
ガレージの端に置いてあるコダカラソウ。つぼみがついたぞ。
1209_3kodakarasou2
まだ当分咲きそうにはない。
この写真の撮影時は気づいていなかったのですが、左右に開いたつぼみの茎の下に、細い葉があるのです。

0104_3kodakarasou1 2019.1.4
つぼみに気づいたのはてっぺんの部分でなのですが、直立した茎から出る葉の付け根につぼみがついています。腋というのかな。

0104_3kodakarasou2

拡大しました。腋芽といっていいのかどうか、なんだか判然としませんが、つぼみが出るようです。
冒頭の写真の2枚目。葉よりつぼみの茎の方が大きくなってしまっていますが、つぼみの茎は葉の付け根から出ていたわけです。
0105_21kodakarasou1 1.5
さらにうっかり見逃していましたが、きれいな十字対生なんですね。
何とか十字対生の状態をわかりやすく撮りたいと狙いましたが、どうでしょう。
https://kotobank.jp/word/%E5%AF%BE%E7%94%9F-91463

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説
対生 たいせい
二枚の葉が一つの節につく場合、これを対生あるいは対生葉序という。茎の軸を中心にして、節ごとに直交する方向に葉が二葉ずつつくのが普通で、これを十字対生または十字対生葉序という。[原 襄]

0105_21kodakarasou2
葉の方が大きくて、腋からでたつぼみが小さい状態
0105_21kodakarasou3
葉とつぼみの関係に注目。
0105_21kodakarasou4
葉がもうつぼみの茎に圧倒されていますが、ちゃんとあることはあるんですね。

さて、いつ開花するか、2月か3月か、じっくり待ちましょう。

« ストライガ | トップページ | キョウチクトウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ストライガ | トップページ | キョウチクトウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ