« カンナの実 | トップページ | 冬の芽 »

2018年12月26日 (水)

食卓菜園

1206_2beetcabbage 2018.12.6
ビーツというのかビートというのか。beet ですけど。
酢漬けを作ったんですね。酸性で真っ赤に発色してきれいです。おいしかった。
で、それをちょっと水に浸してテーブルの上で眺めていたら、葉が出てきまして、楽しんでいます。
左下はキャベツの芯から葉が出てきたところです。
なんという楽しみ方をしてるんでしょうね。小松菜とか、ホウレンソウとか、根のついた野菜はみんな試してみています。
ネギなんかは花まで行きますよ。かわいいネギ坊主が楽しめる。

↓参考まで。
https://www.yasainavi.com/zukan/beet.htm

赤紫色をしたビーツは、ほうれん草やふだん草と同じ「ヒユ科」の野菜です。「テーブルビート」や「カエンサイ(火焔菜)」「食用ビート」「ビート」などとも呼ばれ、砂糖の原料になる「てんさい(砂糖大根)」の仲間になります。カブのような形をしていますが、カブはアブラナ科なので仲間ではありません。

« カンナの実 | トップページ | 冬の芽 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カンナの実 | トップページ | 冬の芽 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ