« ルコウソウ | トップページ | 白花ヒガンバナ »

2018年10月11日 (木)

アカボシゴマダラ

0919_12akabosigomadara1 2018.9.19
買い物帰りの妻の撮影。
0919_12akabosigomadara2
ゴマダラチョウみたいなんだけど、赤い模様がすごく目立っていた、とのこと。
ゴマダラチョウには赤い色はない。

http://www.insects.jp/kon-tyogomadara.htm
ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶)
チョウ目 タテハチョウ科 コムラサキ亜科

そうなると、アカボシゴマダラということになります。
http://www.insects.jp/kon-tyoakabosigomadara.htm
アカボシゴマダラ
チョウ目 タテハチョウ科 コムラサキ亜科

黒白のごまだら模様で、後翅に赤班列がある大きなタテハチョウ。
もともとは奄美諸島のみで見られたものだが、近年、中国から持ち込まれたと思われる別亜種が、関東(神奈川、東京、埼玉)で繁殖し、分布を広げている。

0924_11akabosigomadara1 9.24
自宅前で私も見ました。赤い斑紋がある。
0924_11akabosigomadara2
これは確かにアカボシゴマダラです。
侵入生物データベースによると
侵入経路:“放蝶ゲリラ”による人為的な放蝶によると考えられている.
ということです。
いくら愛好家でも、そういうことをしてはいけないなぁ。
悲しいことです。2018年の今、多分東京でも定着しているのではないかな。

定着かどうかは確定できませんが、少なくとも目撃報告はできます。
東京都大田区南部で目視しました。

https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/60400.html
侵入生物データベース > 日本の外来生物 > 昆虫類 > アカボシゴマダラ

自然分布     ベトナム北部~大陸中国南部~東部~朝鮮半島,および済州島など周辺島嶼.別亜種が奄美諸島(H. s. shirakii)と台湾(H. s. formosana)に分布.

食性:幼虫期はエノキ属(Celtis spp.)の樹木の葉

国内移入分布     神奈川県(藤沢,大磯,横浜,鎌倉,逗子,葉山,綾瀬,大和,茅ヶ崎,川崎),東京都区内,伊豆大島で記録されている.2010年以降は埼玉県,千葉県,茨城県,栃木県,群馬県へと関東全域に分布を拡大している.近年,静岡県,山梨県でも目撃情報がある.

移入元     大陸中国と考えられている.
侵入経路     “放蝶ゲリラ”による人為的な放蝶によると考えられている.
侵入年代     1995年(埼玉県,一過性),1998年(神奈川県,繁殖・定着),2009年(伊豆大島), 2011年(茨城県)
影響     在来蝶類との競合
影響を受ける在来生物:オオムラサキ・ゴマダラチョウ・テングチョウなど,幼虫期にエノキを利用する蝶類(競合)

« ルコウソウ | トップページ | 白花ヒガンバナ »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ルコウソウ | トップページ | 白花ヒガンバナ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ