« スミレ | トップページ | ハロウィン・カレー »

2018年10月26日 (金)

ツマグロヒョウモン

1007_2tumagurohyoumon 2018.10.7
庭のランタナの花に来たツマグロヒョウモンのメス。おいしそうに蜜を吸っていますが。
1007_2tumagurohyoumon2
よく見ると、ずいぶん口吻を花の奥まで挿入していることがわかります。
ツマグロヒョウモンはアゲハよりは小さいけれど、モンシロチョウよりは大きい。それなり中型のチョウなのですけれど、そのツマグロヒョウモンがここまで頑張って口吻を挿し入れなければならないほど、ランタナの花は奥が深いんです。
花の直径は小さいのですが、その割に奥行きが深い。シジミチョウなどには届かない深さですね。
中型・大型のチョウを植物側が選んでいるという形になります。そのことのメリットがどういうものなのかはわかりませんが。
昆虫の側が花を選ぶように思ってしまいがちですが、花の側も昆虫を選ぶことがあるのです。
花と虫とはそういう「共進化」の関係にあるのです。

« スミレ | トップページ | ハロウィン・カレー »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スミレ | トップページ | ハロウィン・カレー »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ