« ベランダにて | トップページ | 勘弁してほしい:まっ平らな日 »

2018年9月25日 (火)

中秋の名月≠満月

昨日9月24日は「中秋の名月」でした。

ちゅうしゅう‐の‐めいげつ【中秋の名月】‥シウ‥
陰暦八月十五夜の月。団子・衣被きぬかつぎ・薄すすきなどを供えて月見をする。仲秋の名月。芋名月。
広辞苑第六版より引用

ちゅうしゅう‐むげつ【中秋無月】‥シウ‥
天気が悪くて、中秋の名月が見られないこと。
広辞苑第六版より引用

ところが、正午の月齢は
24日が 14.4
25日が 15.4
ですので、今日25日が「望」(満月)です。
こういう不一致はそう珍しいことではないようですよ。
↓私が説明するより、専門のサイトをお読みください。国立天文台の解説です。
https://www.nao.ac.jp/astro/sky/2018/09-topics03.html

中秋の名月(2018年9月)

お月見を楽しもう!
 今年の中秋の名月は、9月24日です。
 「中秋の名月」とは、太陰太陽暦(注)の8月15日の夜に見える月のことを指します。中秋の名月は農業の行事と結びつき、「芋名月」と呼ばれることもあります。中秋の名月をめでる習慣は、平安時代に中国から伝わったと言われています。
 今年は9月24日が中秋の名月、翌日の9月25日が満月と、中秋の名月と満月の日付が1日ずれています。
 太陰太陽暦では、新月(朔)の瞬間を含む日が、その月の朔日(ついたち)になります。今年は9月10日(新月の瞬間は3時01分)が太陰太陽暦の8月1日、9月24日が太陰太陽暦の8月15日となります。一方、天文学的な意味での満月(望)は、地球から見て月と太陽が反対方向になった瞬間(月が太陽の光を真正面から受けて、地球からまん丸に見える瞬間)の月のことを指します。今回は、9月25日11時52分に満月の瞬間を迎えます。
 今年のように、中秋の名月と満月の日付がずれることは、しばしば起こります。詳しくは、国立天文台暦計算室の暦wiki「名月必ずしも満月ならず」をお読みください。

http://eco.mtk.nao.ac.jp/koyomi/wiki/C3E6BDA9A4CECCBEB7EEA4C8A4CF2FCCBEB7EEC9ACA4BAA4B7A4E2CBFEB7EEA4CAA4E9A4BA.html

暦Wiki
名月必ずしも満月ならず

名月=十五夜=陰暦15日の夕方に出る月という決め方は単純ですが、
  必ずしも望 (満月)、すなわち月と太陽が地球を挟んで反対側に来る瞬間が同じ日になるとは限りません。
  陰暦15日は月齢14.0を含む日、月の満ち欠け周期の半分は29.5÷2≒14.8ですから、望 (満月) が後になることが多いです。

蛇足:太陽さんが天文観測をしまして。地球の衛星=月を見ているとします。
常に満月が見えるのです。(たまに、地球人が言うところの「皆既月食」の時は地球に邪魔されて見えなくなりますけど)
地球人にとっての満月は、太陽‐地球‐月と並んだ時に見えるわけです。
太陽が見ている「満月」を地球人も共有しようとすると、そういう並び順でないと見えないわけですね。
逆に、太陽‐月‐地球と並ぶと、太陽が見ている「満月」の裏側を地球人は見ますから、新月になるわけです。

もういっちょ蛇足:地球人は星空を観測するには「夜」でなければなりませんが。太陽は、常に満天の星を見ています。

ちょっと視点を移動してみました。

« ベランダにて | トップページ | 勘弁してほしい:まっ平らな日 »

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ベランダにて | トップページ | 勘弁してほしい:まっ平らな日 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ