« 黄花彼岸花:3 ほぼ満開 | トップページ | キマダラカメムシ »

2018年9月18日 (火)

彼岸花

ところで、外の線路柵際のヒガンバナですが。
0909_8higanbana1 2018.9.9

中の赤がちょこっと見え始めました。
キバナヒガンバナのつぼみとほぼ同期しています。

0911_19higanbana 9.11
すくすくと。

0913_4higanbana 9.13
わぁ、いっぱい。
0914_4higanbana1 9.14

黄花の方と同じく14日に開花を確認。
0914_4higanbana2
ずらっと並んでいます。
0914_4higanbana3
午後、西からの陽射しを後ろから浴びる花。
輝いていました。
0914_4higanbana4
こういう開きかけの状態はあまり見たことがありませんでしたので掲載。

それにしても不思議だな。カレンダーを見ながら開花へ向けての仕事をしているわけではない。それなのに、秋分の頃に、異なる種のものも、ほぼ同じ時期に咲く。
以前にもリンクしたことのあるサイトです↓是非お読みください。
https://jspp.org/hiroba/q_and_a/detail.html?id=1082

ヒガンバナは温度(特に地温)を感じて花芽の分化および発達が進行しているようです。また、花芽分化に対して低温はバーナリゼーションとして作用しているようです。

ここのヒガンバナはずいぶん昔に植えて、後は自力で少しずつ生息範囲を広げてきたものです。
感慨深いな。

« 黄花彼岸花:3 ほぼ満開 | トップページ | キマダラカメムシ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 黄花彼岸花:3 ほぼ満開 | トップページ | キマダラカメムシ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ