« ムクゲ | トップページ | ユキノシタ »

2018年8月13日 (月)

キョウチクトウ

0729_11kyoutikutou1 2018.7.29
鮮烈な花です。
0729_11kyoutikutou2
空の青さや、白く輝く雲にも負けません。
0729_11kyoutikutou3
あくまでも強靭に咲く。

http://www.city.hiroshima.lg.jp/www/contents/1112000428867/index.html

・・・
 昭和48年(1973年)11月3日、広島市「市の木」「市の花」制定記念式が広島市基町の中央公園「花の精」前広場で行われ、「市の木」としてクスノキが、「市の花」としてキョウチクトウが制定されました。
・・・
3 市の木(クスノキ)
 戦前は巨樹老木が市内随所に見られ、中でも国泰寺の大クスノキは有名でした。その重厚な趣は、人々の心を和ませましたが、原爆でそのほとんどを失いました。
 しかし、生き残ったクスノキは、いち早く生命をよみがえらせ、市民に生きる希望と復興への力を与えてくれました。現在、四季を彩る常緑樹として育てられ、新生広島を象徴しています。

4 市の花(キョウチクトウ)
 75年間草木も生えないといわれた焦土にいち早く咲いた花で、当時復興に懸命の努力をしていた市民に希望と力を与えてくれました。
 開花は夏で特に8月6日の平和記念日のころに花の盛りを迎え、咲き競う美しさはひとしお感慨を新たにさせます。

我が家ではクスノキとキョウチクトウは並んで生えています。クスノキはアオスジアゲハの故郷になっています。

先日、8月6日、73回目の広島原爆の日の朝日新聞の声欄で

原爆の話はほとんどしなかったが、夏に咲くキョウチクトウを見ると「原爆を思い出す」と漏らした。

という一節がありました。
やはり戦争を経験した方々には、記憶の中でキョウチクトウと戦争が関連してしまうのですね。

« ムクゲ | トップページ | ユキノシタ »

植物」カテゴリの記事

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ムクゲ | トップページ | ユキノシタ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ