« 台風13号 | トップページ | 真夏のフェーン現象 »

2018年8月10日 (金)

第100回全国高校野球選手権記念大会

★私は高校野球にはまるっきり興味がないのですが、「思うこと」というのはあります。
{サッカー・ワールドカップにも全く興味はなかったのですが、やはり「思うこと」というのがあるので、いずれまとめて書こうと思ってはいるのですが、重たくってなぁ。}

★さて、8月7日の朝日川柳

朝日川柳 西木空人選(朝日新聞デジタル 2018年8月7日05時00分)
 願いたい次の100回100年で

この句に対して、「三句、開幕」というコメントしかありませんでした。
おや?と私は思う。それだけ?別の意味が込められていませんか?
今回が第100回なのですが、100年以上を要しています。第1回は1915年だったのですから。
なぜずれたのか。間に「戦争」があったからです。
そのことを踏まえれば、次の100回を100年で行いたい、というのは、途中に戦争など挟まないように、平和なスポーツを平和に100年続けたい、そういう思いが込められていると、私には感じられる。

★そうしたら、8月7日の「かたえくぼ」で
朝日新聞デジタル 2018年8月8日05時00分
(かたえくぼ)宣誓
 次の100年、中断させない
 ――未来の球児

 (ふじみ野・まあ君)

これが、前の日の川柳を踏まえた注釈のように投稿されたものかどうかはわかりませんが、私には適切に「対をなすもの」と感じられるのです。

★スポーツが戦争に利用されるとどうなるのか。「幻の甲子園」という回数にカウントされていない大会もあったのだそうです。ウィキペディアによると↓
https://ja.wikipedia.org/wiki/1942%E5%B9%B4%E3%81%AE%E5%85%A8%E5%9B%BD%E4%B8%AD%E7%AD%89%E5%AD%A6%E6%A0%A1%E9%87%8E%E7%90%83%E5%A4%A7%E4%BC%9A

 1942年の全国中等学校野球大会とは1942年夏に行われた中等学校野球大会のこと。
 文部省とその外郭団体である大日本学徒体育振興会主催の大日本学徒体育振興大会の中学野球部門として開催された。大会そのものの名称は、〈全国中等学校錬成野球大会〉となった[1]。
 甲子園球場で開催されたが後述の理由により、全国中等学校優勝野球大会としては行われず、大会史上には記録が残っていない。このため、幻の甲子園[2]とも呼ばれる。
 ・・・
開催までの経緯
 1941年に、戦争の影響によって軍隊動員を図るために全国規模のスポーツ大会が中止が発表され、第27回全国中等学校優勝野球大会が中止となった。
 翌1942年、「戦意高揚」を目的として、戦時下において文部省とその外郭団体の大日本学徒体育振興会は大日本学徒体育振興大会(だいにほんがくとたいいくしんこうたいかい)を催行することとなり、その内の中学野球として甲子園球場で開催されることが決まった。開催にあたっては、従来の大会を主催していた朝日新聞社が「大会の回数継承」と「優勝旗の使用」を申し入れたが、文部省が却下したため、全国高等学校野球選手権大会には記録されていない。その後、朝日新聞社が開催権を返上、文部省に譲渡することで合意が成立した。

軍主導の大会進行
 文部省に加えて日本軍が進行の大半を担っていたため、軍事色のかなり強い大会となった。スコアボードには「勝って兜の緒を締めよ 戦い抜こう大東亜戦」という軍事スローガンが掲げられ、ユニフォームのロゴは漢字のみを使いローマ字は禁止された。試合時、サイレンは鳴らされず、進軍ラッパが代用された。勝利校の校歌斉唱は自粛となった。
・・・

どうか、次の100年が平和でありますように。

« 台風13号 | トップページ | 真夏のフェーン現象 »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 台風13号 | トップページ | 真夏のフェーン現象 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ