« フウセンカズラ | トップページ | スイレン »

2018年8月 2日 (木)

のりの大きさ

0717_22jiyu_nori1 2018.7.18
NHKのEテレ「0655」から。
食卓にあがる「海苔」。そのサイズの話。

0717_22jiyu_nori2

のりの袋の「〇切」というに表示とともに。
0717_22jiyu_nori3
ふと気づいたことを追求すると、「自由研究」になりますよ、っと。
↓のり用語辞典というサイトです。

http://www.nori-japan.com/kids/tosyokan/yougo/1-a.html

基本サイズ=(タテ21cm)×(ヨコ19cm)
このサイズを「全型(ぜんけい)」という。

のり1枚(まい)は、タテ21×ヨコ19cm(メーカーによって、少(すこ)し差(さ)がある)が基準(きじゅん)だ。この1枚(まい)のサイズを「全型(ぜんけい)」という。この全型(ぜんけい)の大(おお)きさをもとに、それぞれの使い方(つかいかた)にあわせて、さまざまな形(かたち)にカットされているんだよ。


「半切、3切、4切、6切、8切、12切」の実例がわかります。
なお「切」は「さい」と発音するようです。
↓浦島海苔という会社のサイト。わかりやすいです。

http://www.urashima.co.jp/products/business-use/size.html

私共の家庭では全型を買ってきて、時々8切を作って、缶に入れて使っています。
折れば切れるのですから、簡単なもの。
子どもの頃、冬場、火鉢にあたっていると、母が全型の乾のりを私に渡して、焼いてくれ、と。
2枚の裏側を合わせて、火鉢の炭火で表側をあぶり焼くんですね。ちょっとした技。
で、刻みのりにするのか、揉みのりにするのか、母に聞いて、そのように作るんです。
火鉢でいろんな作業をしたっけなぁ。

« フウセンカズラ | トップページ | スイレン »

人事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« フウセンカズラ | トップページ | スイレン »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ