« ヘビイチゴ | トップページ | フヨウ »

2018年6月28日 (木)

アザミ

0614_6azami1 2018.6.14
買い物帰りの妻の撮影。アザミが茂っている場所があったそうです。
0614_6azami2
きれいな花です。
0614_6azami3

独特の形。すごい棘。
個人的な思い出としては、秋田の田んぼの畔で見かけたアザミの花というのが思い出されます。

ところで今回、この棘にまつわる面白い話を仕入れましたので下にご紹介します。

http://www.hana300.com/azami0.html

昔、イギリスで、スコットランドとイングランドが戦争をしていた時、この痛いトゲでスコットランドを守ったことから、今もスコットランドの国(地方)の国花となっている。

リーダーズ英和辞典第3版より

thistle
►n 〔植〕 アザミ《総称;スコットランドの国花》;とげ (prickle)のある各種の植物;[the T-] 《スコットランドの》あざみ勲章[勲位] (the Órder of the T) 《1687 年創設》
・a Knight of the Thistle あざみ勲爵士.
[OE thistel; cf. G Distel]

日本スコットランド交流会↓
https://jpn-scot.org/scotland/

スコットランドの国花
スコットランドの国花はなんでしょう?これはアザミ(英語では thistle )なんです。これは、8世紀から13世紀までヴァイキングの侵入に苦しんだスコットランドで、侵入してきたヴァイキングの兵士が刺のあるアザミを裸足で踏んでしまい、痛みに耐えかねて大きな声を出したことで、スコットランド兵がその侵入に気が付き多くの兵を助けたことに由来するとされています。・・・
そして、実際にアザミをスコットランド国花に制定されたのは、スコットランド王ジェームズ3世(在位:1452年 - 1488年)によって、15世紀になってからです。

また、スコットランド最高の勲章は Order of The Thistle となっています。現在の正式名称は The Most Ancient and Most Noble Order of the Thistle ですが、最初に制定したのは誰か?については、種々議論があってまだ確定していないようです。・・・

やっぱりなぁ。今も昔もアザミの棘は痛い。

« ヘビイチゴ | トップページ | フヨウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヘビイチゴ | トップページ | フヨウ »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ