« 池のカエル | トップページ | ダンゴムシ交尾 »

2018年6月14日 (木)

ホオズキ

0528_18hoozuki 2018.5.28
ホオズキの実ができてきています。
萼が果実を包むわけです。
時期をそろえてまっかなホオズキを出荷するには成長を人為的に調整するようですね。

↓参考に
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-359

・・・
切り花や鉢物として少し早い時期に出回る色づいたホオズキは、バナナを黄色く熟させる際に使われるのと同じ、エスレルという植物成長調整剤で処理されたものです。
浅草寺の「ほおずき市」で、毎年夏に鉢仕立てのホオズキが売られるのが有名ですが、もともとは果実が解熱薬になる、同じホオズキ属のセンナリホオズキ(Physalis angulata)を買い、夏の病気に備えたのが始まりです。
・・・

読んでいたら「エスレル」ってナンダ?
http://www.tcichemicals.com/eshop/ja/jp/commodity/C1456/

2chloroethylphosphonic_acd
(2-クロロエチル)ホスホン酸だそうです。この物質が易分解性でエチレン(C24)を生成するということです。

エチレンなら高校生物でもでてきますね。
果実の成熟促進、落葉・落果の促進する植物ホルモンです
リンゴとバナナを一緒に置いておくと、リンゴから出るエチレンがバナナを熟させる、というような話は有名でしょう。
http://www.dohwatech.co.jp/bananakakou.htm

輸入さ れるバナナは、植物防疫法により緑色をした未熟な状態のバナナのみが陸揚げされ、各加工業者へわたり、色付け作業(追熟加工)をしています。
・・・
第三に換気です。
温度を上げてバナナを起こした時にエチレンガスを入れ20時間~36時間程密閉状態にします。
これによりバナナは完全に目を覚まし、自らエチレンガスや炭酸ガスを発生します。(バナナは呼吸をするのです)よく、未熟のバナナとりんごをビニル袋に入れるとバナナが食べられるようになると聞いた事があると思います。これはりんごが発生させるエチレンガスの効果によるものです。
その後、バナナは呼吸を活発に開始しますので、定期的に換気をしてやらないと酸欠状態になりバナナは腐敗してしまうのです。

そう、こういう話を生物の授業でしましたっけね。
エチレンを気体で扱うのは厄介かな。
で、農業、園芸用に、植物成長調整剤として「エスレル」という商品名で売られているのですね。

« 池のカエル | トップページ | ダンゴムシ交尾 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 池のカエル | トップページ | ダンゴムシ交尾 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ