« キクモモの実(ではないか) | トップページ | ピーマン »

2018年6月26日 (火)

ネジバナ

0612_9nejibana 2018.6.12

標準的な姿です。これ一本を見ているとね。
ところが、一つの鉢に複数の花が立つと、これまで気づかなかったことがありました。
0613_2nejibana1 6.13
ネジバナの「ネジ」としてのピッチが違うものが混在するんですね。螺旋のピッチでもいけど。
0613_2nejibana2
中央左寄りの2本が、私にとって標準的かな、と思っていた巻き方。

0613_2nejibana3

蒔き方が「緩い」ですね。
先ながらぐんぐん伸びちゃったせいかな、などとも思いましたが、花の間隔は間延びしていませんね。
0613_2nejibana4
これは花を上へ3,4個たどると一周巻いてしまう。あらら、急いでますね。
0613_2nejibana5
蘭ですよと、花のアップを撮っていたら、昆虫が一緒に写り込みました。
ハチでしょうね、これは。なんだろ、寄生バチかな。よくわかりませんが、かわいい。
「ネジバナ ピッチ」でアンド検索した結果↓
http://www.nsc.nagoya-cu.ac.jp/biodiv/pg20.html
生物多様性コラム(第1回)
ネジバナ(学名:Spiranthes sinensis var. amoena)

・・・
20〜30cmの1本の花茎の上部1/3くらいに1つが数ミリくらいの小さなピンクの花が20個くらい螺旋状に並んで咲いています。学名のSpiranthesはギリシャ語のspeira(螺旋) + anthos(花) に由来しています。ただし、この螺旋につく花のつき方は、アサガオの蔓のように、遺伝子で支配されているわけではなく、よく観察してみると、右巻きと左巻が半々に見つかります。ピッチもいろいろあり、中には縦一列にならんで咲いている花もあります。
・・・

そうなんだ。知らなかったな。ネジバナなのに、花が縦一列になることもあるなんて、不思議ですね。
謎は残りますね。

« キクモモの実(ではないか) | トップページ | ピーマン »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« キクモモの実(ではないか) | トップページ | ピーマン »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ