« カナヘビ | トップページ | ナナホシテントウ »

2018年5月22日 (火)

ブーゲンビリア

0428_5bougainvillea1 2018.4.28
花が咲きそうです。3本のつぼみと、それを包むような苞葉が3枚。
まだ地味な色。

0502_12bougainvillea1 5.2
鮮やかな色になってきました。苞葉はまさしく「葉」ですね。
0502_12bougainvillea2
正三角形みたいだと見るか、なんだか顔みたいだと見るか。

0512_6bougainvillea 5.12
色はどんどん鮮やかになるのですが、まだ本当の花が咲かない。

0515_2bougainvillea 5.15
「花が咲きました」といえます。
0515_2bougainvillea1
これが花のアップ。
通常は苞葉を花として観賞するわけですが、一応、知識として、本当の花はこれだと知っておくのもいいかしら。
0515_2bougainvillea2
ムラサキカタバミがここでも一緒に写るんだ、と言っていましたので、そのように。
かわいい花です。

0518_14bougainvillea 5.18
今年はすごい。あでやかです。

↓参考
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%BC%E3%82%B2%E3%83%B3%E3%83%93%E3%83%AA%E3%82%A2

目     :     ナデシコ目 Caryophyllales
科     :     オシロイバナ科 Nyctaginaceae
属     :     ブーゲンビリア属 Bougainvillea

原産地は、中央アメリカ及び南アメリカの熱帯雨林。ブーゲンビリアという名前は1768年にブラジルで木を見つけたフランス人の探検家ブーガンヴィルに由来する。花の色は赤から白まで変化に富み、ピンクやマゼンタ、紫、橙、黄のものもあるように見える。しかし、実際の花はいわゆる花の中央部にある小さな3つの白い部分である(写真では2つしか見えない)。色づいた花びらに見える部分は花を取り巻く葉(包葉)であり、通常3枚もしくは6枚ある。

ブーゲンビリアと言っているのは属名ですから、細かい品種名があると思います。フォローしきれません。

« カナヘビ | トップページ | ナナホシテントウ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カナヘビ | トップページ | ナナホシテントウ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ