« カイドウ | トップページ | 春霞 »

2018年4月17日 (火)

デルフィニウム

0327w_18delfinium 2018.3.27
妻の撮影。名前と花が結びつかなくていけない。
つぼみの形がイルカに似ている、とか、書いたような気もするしなぁ。
デルフォイかと思ったら、ギリシャ語のイルカ=delphin だそうです。
「飛燕草」というのは、イルカじゃなくって燕に見立てたのかな。
「デルフィニウム」というのは属名ですので、いろんな「種(しゅ)」が含まれるのでしょうね。
園芸では属名で呼ぶものも多くて、混乱します。
(ラナンキュラスもキンポウゲ属ですよね。)

ひえん‐そう【飛燕草】‥サウ
キンポウゲ科の二年生観賞用植物。ヨーロッパ原産。高さ約1メートル。葉は細かく掌状に深裂。鳥の飛ぶように見える白・淡紅・青紫色を帯びた美花を総状につける。園芸上は、属の学名デルフィニウムで呼ばれる。チドリソウ。英語名ラークスパー。
広辞苑第六版より引用

« カイドウ | トップページ | 春霞 »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カイドウ | トップページ | 春霞 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ