« オニタビラコ | トップページ | オオイヌノフグリ »

2018年3月29日 (木)

0315_28kumo 2018.3.15
ちょっとおもしろい姿。イカの甲みたいでもありますけど、形の話じゃなくって。
一つの雲が白と黒。
白く縁どられていますね。この「縁」の範囲は向こう側からの太陽光を散乱させて、こちらに届けています。光の波長に関わらず、吸収せずに散乱する。ですから色はない。
雲の厚さがある限界を超えると、散乱に散乱を繰り返しているうちに、こちら(観測者)に光が来なくなる。やはり特定の色はなく、そこから光が来ないから黒くなるのですね。
白と黒は「色」ではない、ということを目の前に見せてくれているのでした。
雲の厚みと散乱しながらの光の透過・不透過の関係について教えてくれていました。

« オニタビラコ | トップページ | オオイヌノフグリ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« オニタビラコ | トップページ | オオイヌノフグリ »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ