« 猫の歴史的な「足跡」 | トップページ | 芽出たいな »

2018年1月 5日 (金)

反射光

0102_1hansya1 2018.1.2
去年も似たようなことを書きましたが。
2階の雨戸を開けた瞬間、巨大な輝く目に射すくめられた。ような気分。
マルが2つあると「目」に見えてしまう。
玉川の川向うのマンションの窓が太陽光を反射しているのです。
時刻は7時30分頃。
写真を撮って振り向くと
0102_1hansya2
一人しかいない私の影が二つある。う~む、私が分裂してしまったか。
反射光の光源は太陽ですから、点光源と考えてよい。
二つの点光源からの光を浴びましたので、影が二つできました。
当然、分かってはいますが、 実際目の前に見ると面白いですね。
二つの影が重なった部分が濃くなっています。
壁に貼ってあるのは、元素の周期表。元化学教師らしいでしょ。

翌日
0103_0hanshakou1 1.3
7時35分頃です。雨戸を開けたら、光源が一つしかない。
冒頭の写真の、右の光源は光っていますが、左は消えた。
0103_0hanshakou2
影は当然、一つ。

時間的に5分の差。そして一日が経過した。
マンションは固定ですから、太陽の位置が変わってしまったのですね。
何とも微妙なものです。

太陽光線は、日々変化していく。時々刻々と変化していく。
太陽光線は一期一会、なのです。


« 猫の歴史的な「足跡」 | トップページ | 芽出たいな »

人事」カテゴリの記事

理科おじさん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 猫の歴史的な「足跡」 | トップページ | 芽出たいな »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ