« 富士山 | トップページ | あけましておめでとうございます:前編 »

2018年1月 5日 (金)

緊急地震速報:続き

0105_jisin2 TBS
昼前
0105_jisin1 NHK
昼過ぎ。
昼前後のニュースで、ホッとしました。

NHK
茨城と石川で同時に地震 気象庁 1つの地震と解析し速報か
1月5日 11時32分
・・・
 5日午前11時2分ごろ、茨城県沖の深さ40キロを震源とするマグニチュード4.4の地震があり、茨城県神栖市で震度3の揺れを観測したほか、茨城県と千葉県、栃木県、群馬県、それに福島県の各地で震度2や1の揺れを観測しました。
 また午前11時2分ごろに発生した、富山県西部の深さ20キロを震源とするマグニチュード3.9の地震では、石川県の七尾市と中能登町で震度3の揺れを観測しました。いずれの地震も津波はありませんでした。
 気象庁は2つの地震が発生した直後の午前11時2分に、関東地方や福島県で強い揺れが予想されるとして緊急地震速報を発表しました。気象庁は異なる地域でほぼ同時に発生した2つの地震を、1つの地震として解析したことが原因ではないかと見て調べています。
・・・

緊急地震速報「過大な予測」 二つの地震を一つと認識か(朝日新聞デジタル 2018年1月5日11時58分)
 5日午前11時2分ごろ、茨城県南部の神栖市で震度3の地震があった。水戸市や東海村、千葉県旭市などで震度2。気象庁によると、震源は茨城県沖で深さ約40キロ、地震の規模を示すマグニチュード(M)は4・4と推定される。同時刻に石川県でも震度3の地震が発生した。震源は富山県西部で深さ約20キロ、M3・9と推定される。いずれの地震でも津波はなかった。
 ・・・
 同庁の担当者は「二つの地震を一つの大きな地震と認識した可能性がある。こうした過大な予測がないよう対策はしているが、原因については調査中」と話した。緊急地震速報は最大震度が5弱以上と予想された場合、震度4以上が予想される地域に発表する。

★気象庁の「お知らせ」がありました↓
http://www.jma.go.jp/jma/press/1801/05a/20180105eew.pdf

平成30年1月5日11時02分頃に発表した緊急地震速報(警報)について
平成30年1月5日11時02分頃に関東地方や福島県に緊急地震速報(警報)を発表しました。震度を過大に予測したのは
、2つの地震を同一の地震として処理したためです。

○1月5日11時02分頃に茨城県沖を震源とするマグニチュード4.4(速報値)の地震が発生し、茨城県神栖市で震度3を観測しました。
○この地震に対し、気象庁では、関東地方や福島県に緊急地震速報(警報)を発表しました。
○震度を過大に予測したのは、同じ時間に富山県西部を震源とするマグニチュード3.9(速報値)の地震が発生しており、2つの地震を同一の地震として処理したためです。
○今後、詳細を調査し、改善に努めてまいります。

{表があって}
11:02'27.0" 富山県の地震波検知
11:02'46.4" 茨城県沖の地震波検知
第3報までは富山県西部で発生した地震の震源を基に予測を行いました。
第4報(灰色)以降は茨城県沖で発生した地震の震源に切り替わりましたが、富山県西部の地震の振幅を用いたため、マグニチュードが過大となり、緊急地震速報(警報)を発表しました。

大したことがなくてよかったのですが、太平洋側と日本海側でほぼ同時に(19.4秒差)地震発生なんて、やはり、あまりいい気分ではありませんね。
1995年の阪神・淡路大震災以来、日本列島は火山・地震の活動期に入ったということです。
日本列島のどこであっても、いつ大地震が起きてもおかしくない状況に入っています。
自分自身のこととして覚悟しておく必要がありますね。

↓前の記事。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/post-8501.html
2018年1月 5日 (金) 緊急地震速報が入ってびっくりしました

« 富士山 | トップページ | あけましておめでとうございます:前編 »

人事」カテゴリの記事

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 富士山 | トップページ | あけましておめでとうございます:前編 »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ