« ハクチョウゲ | トップページ | ハエが手をする »

2017年12月13日 (水)

ビワ

1130_9biwa 2017.11.30
ビワのつぼみができていました。
この感じだと開花は年が明けてからかな。
木の真下には入れませんので、どのくらいつぼみがついているかはっきりしません。
花が咲けばもう少し様子がわかってくるでしょう。
この木も実生なんですよ。

★最近の話題。ビワの種子
http://www.maff.go.jp/j/syouan/seisaku/foodpoisoning/naturaltoxin/loquat_kernels.html
ビワの種子の粉末は食べないようにしましょう 平成29年12月8日更新

ビワの種子には、天然の有害物質が含まれています
 ビワ、アンズ、ウメ、モモ、スモモ、オウトウ(サクランボ)などのバラ科植物の種子や未熟な果実の部分には、アミグダリンやプルナシンという青酸を含む天然の有害物質(総称して、「シアン化合物」と言います。)が多く含まれています。
一方で、熟した果肉に含まれるシアン化合物はごくわずかです。果実を未熟な状態で食べてしまったり、果実を種子ごと食べてしまったりすることは稀(まれ)ですので、通常、果実を食べることによる健康影響は無視できます。
 しかし、種子を乾燥して粉末に加工などした食品の場合は、シアン化合物を一度に大量に食べてしまう危険性が高まります。高濃度のシアン化合物が検出されて回収が行われているビワの種子粉末食品のうち、特に濃度が高いものでは、小さじ1杯程度の摂取量でも、健康に悪影響がないとされる量を超えて青酸を摂取してしまう可能性があります。
 ちなみに、青梅は、熟していないのでシアン化合物が高濃度に含まれていることが知られており、そのままでは食べるのに適していませんが、梅干しや梅酒、梅漬けに加工をすることにより、シアン化合物が分解し、大幅に減少することが知られています。
 種子を単純に乾燥・粉末にしたような食品では、シアン化合物はほとんど分解せずに残っている可能性があります。

上に引用した以外にいろいろの情報がありますので、是非お読みください。
青ウメを食べるな、というのは浸透していると思いますが、それと同じなんですよ。
うっかりこんな情報にひっからないようにしてください。

http://hfnet.nih.go.jp/contents/detail678.html
アミグダリンについて

« ハクチョウゲ | トップページ | ハエが手をする »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ハクチョウゲ | トップページ | ハエが手をする »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ