« ヤノネボンテンカ+ | トップページ | アスパラガス »

2017年12月13日 (水)

低い雲

1130_21skytree 2017.11.30
またN天です。
東京スカイツリーの上部が雲の中。
東京タワーでこういう現象を見たことはあります。{行動力がなくなって、東京スカイツリーの実物は見たことがありません。}
どんより垂れこめた雲の底って、意外と低いものなのです。
地表まで降りてきたら「霧」とか「雲海」とかね。

霧と雲ってどう違うのでしょう?
↓Wikiから引用
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7

雲との違い
 水粒は雨粒に比べて非常に小さいが、通常、根本的な発生原因は大気中の水分が飽和状態に達したものなので、その意味で言えば雲と同じであると考えてよい。
 雲との一番大きな違いは水滴の大きさなどではなく、両者の定義の違いである。すなわち、当現象は、大気中に浮かんでいて、地面に接しているものをと定義され、地面に接していないものを雲と定義している。それが例えば、山に雲がかかっているとき、地上にいる人からはそれは雲だが、実際雲がかかっている部分にいる人からは霧なのである。なお、山の地面に接する霧または雲のことをガスと呼ぶことがある。

なるほどね。定義があったんですね。
雲だ霧だと書いていて「雲霧仁左衛門」を思い出してしまった。古いかなぁ。

« ヤノネボンテンカ+ | トップページ | アスパラガス »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヤノネボンテンカ+ | トップページ | アスパラガス »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ