« スピードスケート | トップページ | ヒメジョオンにて »

2017年11月28日 (火)

フタトガリアオイガ幼虫

1110_6hutatogariaoiga 2017.11.10
スイフヨウの葉にいました。
黒い斑紋が目立ちますが、一応標準的な姿だと思います。

1111_9hutatogariaoiga1 11.11
この日はヤノネボンテンカの葉にいました。
ヤノネボンテンカもフヨウなどと同じアオイ科ですから、いいんですけど、ヤノネボンテンカで見るのは初めてでした。
1111_9hutatogariaoiga2
ちょっとぶれてますが、赤い肛上板とか腹脚の数などはよくわかると思います。

↓ここでは、かなり感じの違う幼虫を載せました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-0d41.html
2017年7月28日 (金) フタトガリアオイガ幼虫

何度も引用していますが、いつもこの本を見て再確認しています。

「庭のイモムシ ケムシ」東京堂出版から
 緑色で全身にまばらな毛の生えた細長いイモムシ。背中に走る黄色い帯に沿って大小の黒い紋が散らばり、赤い肛上板が目立つもの・・・など、変異がある。腹脚は前2つが退化しており、動きはシャクトリムシにやや似る。・・・

« スピードスケート | トップページ | ヒメジョオンにて »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スピードスケート | トップページ | ヒメジョオンにて »

2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ