« 龍 | トップページ | ナガサキアゲハ幼虫 »

2017年9月27日 (水)

ツマグロヒョウモン

0906_4tumagurohyoumon1 2017.9.6
左が蛹、右は前蛹。
0906_4tumagurohyoumon2
光る蛹として有名ですが、自ら発光するのではなく、反射するのです。
暗いところで光を浴びせるときらきら光る点が見られます。
0906_4tumagurohyoumon3
全体が明るいと、こうなります。
羽化すると、この懸垂型の脱け殻につかまって体を固めますので、羽化の失敗は少ないです。
外で大きくなった幼虫を連れてきても、寄生されているということがほとんどない。南から北上してきたチョウですが、寄生者はついてこられなかったのか。もともと寄生者の少ないチョウなのか。一度だけ寄生バエにやられたことはあります。
また、寄生ではないけれど、アリやカメムシにやられることはあるようです。
↓のサイトで読みました。
http://musisanpo.musikoi.main.jp/?eid=888091
2016.06.03 Friday
ツマグロヒョウモンの幼虫の天敵

45

« 龍 | トップページ | ナガサキアゲハ幼虫 »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 龍 | トップページ | ナガサキアゲハ幼虫 »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ