« 2017年8月 | トップページ

2017年9月

2017年9月23日 (土)

秋分の日

★休日ですが特別版です。
この間、気象予報士の森田さんは「秋分の頃、太陽は赤道を真上から照らす、というようなことを考える」とチラッとおっしゃっていました。
さっすがぁ。なるほど。そりゃそうですが、普通はそういうことはあまり意識しませんね。
秋分、春分というと昼夜が等しいというようなことばかりだ。
森田さんが何を言ったのか、ストレートにわかりました?
分かる方はもちろん「当たり前でしょ」とおっしゃるはず。

★ちょこっと解説。
北回帰線、南回帰線はご存じですよね。

かいき‐せん【回帰線】クワイ‥
地球上赤道の南北、緯度23度27分の緯線。北のを北回帰線(または夏至線)、南のを南回帰線(または冬至線)という。北回帰線上では夏至の日に、南回帰線上では冬至の日に、太陽が真上に来る。これを極限として太陽は南または北へ回帰する。両回帰線の間が熱帯である。
広辞苑第六版より引用

夏至の日、北回帰線上での太陽南中高度は90度。
冬至の日、南回帰線上での太陽南中高度は90度。
じゃあ、秋分、春分の日、太陽南中高度が90度になるのはどこ?
赤道上なんですよ。
Sunoverhead130
引用元→ http://airdonut.air-nifty.com/blog/2015/03/post-da4a.html

★ついでにもう一つ。

tropic
►n 〔地理〕 回帰線 (⇒TROPIC OF CANCER, TROPIC OF CAPRICORN);〔天〕 天の回帰線;《廃》 天の至点;[the ~s, Othe T-s] 熱帯地方.
►a 《文》 熱帯(地方)の (tropical).
[L<Gk=pertaining to a turn;⇒TROPE]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

かに座のTROPIC、やぎ座のTROPIC という言い方があるのは知りませんでした。
太陽がここまできて「引き返す turn」なのかな。
この回帰線の間に挟まれた地帯が「熱帯=tropics」なのですね。

2017年9月22日 (金)

暑さ寒さも彼岸まで

TBSの「森田さんのN天」で、東京で「真夏日(日最高気温が30℃以上)が観測された最終の日」の平年は9月21日だ、という話をしていました。
で、「暑さ寒さも彼岸まで」ということわざはおおむね正しい、と。
なるほどなぁ、そんな統計もあるのか、と検索してみたらありましたねぇ↓
http://www.jma-net.go.jp/tokyo/sub_index/kiroku/kiroku/data/40.htm
東京の夏日、真夏日、猛暑日、日最低気温が25℃以上の日の終日 
                                気象庁天気相談所作成
こういう表です。
              夏日    真夏日
平年(1981-2010)   10.18  9.21

日最高気温が25℃以上の夏日の最終日は10.18だそうです。
秋が進んでいきます。気温が激しく上下しながら進んでいきます。
どうぞ体調を崩されませんように。ご自愛ください。

毎年よ、彼岸の入りの寒いのは」正岡子規の句ですね。
そう、秋分、春分は昼夜等分=equinox であり、季節の転換点でもあるのです。

equinox 
{名詞}昼夜平分時,彼岸の中日.
パーソナル英和辞典より引用

equinox
►n 春[秋]分,昼夜平分時;〔天〕 分点:PRECESSION of the equinoxes/AUTUMNAL EQUINOX, VERNAL EQUINOX.
[OF<L (noct- nox night)]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

オオスカシバ

0901_33oosukasiba 2017.9.1
かわいいでしょ。
きょとんとした眼。伸ばした口。
9月に入ってホシホウジャクも姿を見せていますが、撮影はしづらい。動きが止まらなくって。
オオスカシバは結構撮りやすい。長時間こうやっていてくれるわけではないけれど、シャッターを切るチャンスはくれるんですね。ありがとう。

ノシラン

0901_29wnosiran1 2017.9.1
これはノシランです。ヤブランじゃありません。
私が混乱気味だったので、妻が「これがノシランである」と撮ってきてくれました。
0901_29wnosiran2
確かにね、わかってしまえばヤブランとは全然違う。ヤブランの咲き始めが白かったので混乱をきたした私は未熟者でした。

↓参考
http://www.hana300.com/nosira.html
熨斗蘭 (のしらん)

コトネアスター

0901_28cotoneaster 2017.9.1
妻が撮ってきてくれたのですが、プレートがあってよかった。
コトネアスターというのだそうです。
0901_28wcotoneaster
白やピンクの花が咲いていたようです。
この花の写真だけでは私は絶対「コトネアスター」にはたどり着けなかったでしょう。
コトネアスターで検索しても、赤い実が重点のようだし、白い花ばかりなんですよ、ほとんどが。
でも、大田区が立ててくれたプレートを信用します。
いやあ、わからないものばかりです。

↓参考に
https://matsue-hana.com/hana/kotoneasta.html
コトネアスター

常緑低木
中国原産。枝がアーチ状に伸びる。ベニシタン(Cotoneaster horizontalis)の別名としても使われるが、シャリントウ属の総称として使われる。紅色〜白色の花がたくさん咲き、秋には横に広がる枝に小さな葉と赤い実が無数につく。果実は偽果(ナシ状果)。ヤナギバシャリントウ(Cotoneaster salicifolius)がよく植えられる。ピラカンサの仲間に似るが、枝に刺がなく、葉に鋸歯がない。花期は5〜6月。
学名は、 Cotoneaster sp.
バラ科シャリントウ属

ツマグロヒョウモン幼虫

0901_25tumagurohyoumon 2017.9.1
詳しくはもうご報告しませんが、ツマグロヒョウモンの幼虫やら蛹や、大騒動なんですよ、今、我が家は。
餌のスミレの葉を採りに行くたびに、また会ってしまったわ、と連れてくるんだもんな。

0903_2tumagurohyoumon 9.3
かわいくて仕方がない。
ツマちゃん、と呼んでおります。{私は妻ちゃんにはかないっこない。}

もし、こんな幼虫を見かけたら飼育してみてください。ちょっと毒々しいけれど、実はなんともないのです。
これまでの飼育で寄生されていたことはないし、羽化で失敗したという記憶もない。
チョウを飼育してみるのだったらツマグロヒョウモンは適していますよ。

カノコガ

0901_22kanokoga 2017.9.1
玄関脇のタイルにとまっていました。
ヒトリガ科>カノコガ亜科>カノコガ だそうです。
学名を見たら
Amata fortunei
となっていました。
fortune って英語の fortunate の語源じゃないのか。それとも男性の人名ですか?

fortunate
►a 運のよい,幸運な,しあわせな;さい先のよい
 ・・・
[L;⇒FORTUNE]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

0902_4kanokoga 9.2
この日は道路を歩いているところを見てしまった。
飛ぶ元気がないのか、単に歩いてみただけだったのか。
わかりません。

カンナ

0901_20kanna 2017.9.1
色の組み合わせが鮮やかできれい。
0901_31kanna1
光線が変わって、見え方も変わる。影がくっきりですね。

0903_22kanna_2 9.3
時間が経過して、全体が開いてきます。

0901_39kanna 9.1
これは下丸子駅前のフラワーポッドで見かけたのですが。
この葉はカンナの葉ですよね。でも、なんだか花がユリっぽくて。
混乱しています。

ヤマトシジミ

0901_19yamatosijimi 2017.9.1
翅を開いて体温を上げようとしています。
翅の表の青い色は久しぶり。もちろん飛んでいる時は見えているはずですがあまり意識しない。
翅を畳んだ時の模様をいつも見ています。
青味があるのはオスのはずですので多分これはオス、と。

0902_16yamatosijimi 9.2
園芸用の棒の尖端。まだ体が活発じゃない。
さて、青味があるような、ないような。メス?
0902_17yamatosijimi
秋型のメス、というのもありかな。
私は季節型というものに全然詳しくない。
自信なしですが、一応そうしておきましょう。

↓参考サイト
http://www.geocities.jp/gauss0jp/yamatosi.htm
ヤマトシジミ

ヤマブキ

0901_18yamabuki1 2017.9.1
庭の八重ヤマブキ。
なんだかな。今頃咲いてしまいました。秋口だというのに。
普通、4,5月じゃなかったっけ?
どうしたのかな。
0901_18yamabuki2
しっかりきれいに咲いてます。{花の乱れが見えない、という意味です。}
0901_32yamabuki
日が高くなって上からの日差しで輝く花。
周囲が暗い分、華やかさが際立ちますね。

0903_21yamabuki 9.3
少し花の姿が丸みを帯びてきました。
こんもり、あるいは、こってりした感じ。

0901_27wyamabuki 9.1
買い物で妻が撮影。
一重のヤマブキが咲いていたそうです。
季節の進行がヤマブキたちを戸惑わせましたかね。

スイフヨウ

0901_17suihuyou 2017.9.1
開花も間近いつぼみ。
0901_26wsuihuyou
買い物がてらの散歩で妻が撮影してきたスイフヨウ。
開花の時期に差が出るのは、日当たりとか土の性質とか、違いがあるのでしょう。
焦ることはない。我が家の花は我が家のペースで。

ツマグロオオヨコバイ

0901_15tumaguroooyokobai1 2017.9.1
終齢幼虫ですが、脱皮してまだ時間がそう経っていないんじゃないか。半透明な感じがそう思わせます。
0901_15tumaguroooyokobai2
そばのキョウチクトウには成虫がいました。上の個体は翅の閉じ方がちょっと変な感じもしますが、飛翔に差し支えるというほどでもないでしょう。
0901_15tumaguroooyokobai3
キョウチクトウの葉の裏に脱け殻。
冒頭の写真の幼虫の脱け殻の可能性もありますね。
ただ冒頭の写真はキョウチクトウではなくて、すぐそばの葉なんですけど。
0901_21tumaguroooyokobai
3匹寄れば文殊の智慧、かな。
いえ、煩悩に苛まれるなどという、「智慧のない」動物はヒトだけですよ。

2017年9月21日 (木)

解散

9月5日の朝日新聞・天声人語

(天声人語)値上げの秋(2017年9月5日05時00分)
 フォーク歌手、高田渡の歌に「値上げ」がある。〈値上げはぜんぜん考えぬ〉から始まって〈当分値上げはありえない/極力値上げはおさえたい〉とじわじわと言いぶりが変わる。高度成長期に、上昇する公共料金を皮肉った▼〈値上げもやむを得ぬ/値上げにふみきろう〉で歌は終わる。悩んだふりをしつつ結局は値上げするお偉いさんへの批判だろう。
・・・

有名な歌ですが、歌詞の全部を書くわけにはいきませんので「高田渡 値上げ」で検索してください。
その上で、「値上げ」という部分を「解散」と置き換えて読んだり歌ったりしてみてください。
あまりにも内容的にぴったりなので、笑えると思います、多分、きっと。

ついでに、順序を後ろから前へと逆転させたうえで、「値上げ」を「賃上げ」に置き換えてみますか。
「賃上げにふみきろう」で始まって「賃上げはぜんぜん考えぬ」に至ったりして。苦笑ものでしょ。
遊んでください。
政治家の論理というのはこんなものです。

ついでに

朝日歌壇 2017.8.28
内容のない反省は反省といはずにそれはごまかしといふ:入間市・有賀政夫

きついなぁ。

アズチグモ・メス

0901_14azutigumo 2017.9.1
アズチグモの腹部背面は「無色不透明」で「白」、仮面状の部分以外の体は「無色半透明。」
{ガラスなんかは「無色透明」ですね}
違いが見える写真になりました。
この大きさだと、シジミチョウやモンシロチョウくらいは捕獲できます。
広い空間で餌の小昆虫を待つ。大変ですね。

★別件ですが、無色透明のものを見て「白い」と表現する方がいます。ちょっと困るんだな。
「有色透明」というのもあるわけですから、その点を意識して正確な表現をしてほしい、と頑固な元理科教師は思うわけです。

ヨウシュヤマゴボウ

0901_13yousyuyamagobou1 2017.9.1
この花、ヨウシュヤマゴボウの花とそっくりだと思います。
0901_13yousyuyamagobou2
ただねぇ、茎が白いままです。
そのうち赤くなってくると思っていたのですけど、赤くならない。
ヤマゴボウの花とは異なるようだし。
困ったな。いいのかな。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2015/06/post-5a44.html
2015年6月18日 (木) ヨウシュヤマゴボウ
↑この記事では、明らかにヨウシュヤマゴボウであるということがわかっている植物の花を扱っています。その写真では茎が白い。実が完全に熟してくるのは秋も深まってからのようなので、今年、今、庭で見かけている植物もやがて赤紫になってくるのではないか、と期待します。

ガザニア

0901_11gazania1 2017.9.1
ガザニアの花が刈り込まれていました。きれいに長さが揃っている。
咲いてから食べたのではこうならないのではないか。
咲きそうなつぼみの時に、上からまとめて齧り食べたように思われます。
0901_11gazania2
これはどうでしょう?咲いてから食べたのかな。

どっちにせよ私はアオドウガネに疑いをかけています。現場を押さえていないけど。
ある程度の大きさのある甲虫でないと、こうは食べられないでしょうね。

アオジソ

0901_1aojiso 2017.9.1
こちらは青ジソの花。
ベランダなのでオンブバッタも来づらいと見えます。
オンブバッタはシソが好き。これは確かな「好み」です。

アオドウガネ@バジル

0830_17aodougane1 2017.8.30
バジルの葉を齧っています。
私とは趣味が違うようです。私はバジルは苦手。香りものに弱いんです、ワタクシ。
とてもバジルは・・・。
遠慮します。
0830_17aodougane2
この穴もアオドウガネの仕業ですね。
ニチニチソウの花も食べてたしなぁ。何でも食うやっちゃね。

トカゲ

0830_16tokage 2017.8.30
幼体ですね。尾も短い。
かわいいけれど、ちょろちょろ素早く走るので写真は撮りづらい。
出会いがしらの一枚、という写真しか撮れません。

黄色い電車

0830_11densha 2017.8.30
これ、かなり「花街道を行く」ふうになってませんか?
黄色同士ががマッチしてるでしょ。
もうだんだんと背の高い目だった花が少なくなりまして、このアングル狙いはおしまいだな。
なんかいいアングルないかしら。

ブチヒゲカメムシ@デュランタ

0830_10butihigekamemusiduranta 2017.8.30
触角の特徴で名前がついています。背中の方が目立ちますけど、似たようなカメムシもいますから仕方ないかな。
ホオズキカメムシなんかはアサガオなどに強い好みを示しますが、ブチヒゲカメムシは私の見る範囲では特に「好み」というものを感じていません。どこにでもいます。

クロウリハムシ

0829_17kurourihamusi 2017.8.29
葉っぱに円形に溝を掘って、その内側を食べる。トレンチ行動といいますが、みごとに実行しています。
植物もやられっぱなしにはなりたくない。葉を傷つけられると忌避物質を出すんですね。そうするとクロウリハムシは対抗して円形に溝を掘って、忌避物質が送られてくるのを遮断する。
昆虫と植物の闘いの現場写真なのでした。

↓ここに、すごい写真がありますよ。関心がおありでしたらどうぞ。
http://soyokaze-jp.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-b1c0.html
クロウリハムシのトレンチ行動

オオカマキリ

0829_9ookamakiri1 2017.8.29
わっ、いた!
0829_9ookamakiri2
何か用かね。
0829_9ookamakiri3
痺れまくった夫婦です。

子らが小学生の頃、6年間かな、オオカマキリを継代飼育したんです。
卵から孵化、生きた小昆虫を餌として飼育。学校から帰るとランドセル放り出して多摩川の河川敷へ虫捕りに走る。
近親交配を避けるために、他所でカマキリも採集。交尾も管理して。産卵。そして孵化。

私の母の実家、秋田県の八峰町。私の伯母が農作業帰りに畔でカマキリを捕まえて、片手にカマキリをつかみ、もう一方の手で一輪車をコントロールしながら帰ってきた。それがきっかけだったのです。
偶然というのは不思議なもので、カマキリと出会った家族になったのでした。
で、今も夫婦してカマキリさんの大ファン。多摩川の河川敷が整備されてしまって、今はもう、あのような飼育は不可能になりましたね。
どんな偶然と出会うかはわからない。でも、出会った時のステップの切り方は自由意志。なのです。

2017年9月20日 (水)

皆既日食と太陽光発電

0828_16moritanissyoku 2017.8.28
森田さんが夏休みを終えて復帰。日食を見ていらっしゃたそうです。
アメリカ大陸を日食(=月の影)が横断しましたので、「グレイト・アメリカン・エクリプス(全米横断皆既日食)」というらしい。
{Solar Eclipse が日食ですから、American Eclipse というと、アメリカが欠けちゃうみたいな気もするけど、いいのかな。}

それはそれでいいんですけど。今回、面白い側面を教えてもらったので、ご報告します。
日食というと、日食中の気温の低下(ひんやりする)というようなことは以前から言われていました。
今回知ったのは、日食中の太陽光発電はどういうことになるのか、という点です。
太陽光がかげれば出力が落ちる、それは当たり前で以前から知られているところ。
ところが、現在は太陽光発電の規模が大きくなっていますから、実際にどうなるのか、まだあまり経験したことのない事態だったのですね。

★NHK朝のニュースの中に「おはBiz」というコーナーがありまして、8月28日のそのコーナー。前半はどうでもよかったのですが、後半で

2017年8月28日放送 6:00 - 7:00 NHK総合
NHKニュース おはよう日本「おはBiz」
“試練”にさらされたのは?
海外電力調査会によると米の太陽発電能力は4470万kWで、5年で9倍になっている。カリフォルニア州は発電量の10%弱を太陽光が担っている。21日の日食の時間帯は300万kWと、平均の半分だったが揚水発電を利用して調整したという。

なかなかいいグラフが見えたのです。ゆっくり見たいな、と番組のHPを見に行ったのですが、前半部しか載ってない。私にとって肝心な、日食時の発電状況の話はない。どう検索しても上に引用した簡略な「内容紹介」しかないんですね。

★ネット上で検索したら
日経テクノロジーonline というのが詳しく扱っていました。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/081600056/?ST=msb&P=3
8月21日の米横断「皆既日食」、試されるグリッドの信頼性(page 3)
  太陽光の出力急変に備え、水力・火力で迅速な調整を準備
                       2017/08/17 06:30 Junko Movellan=ジャーナリスト
毎分98MWで出力急増
 カリフォルニア州で太陽が月に隠れるのは、午前9時2分から11時54分の間で、日食の中心時刻は10時22分。これは、太陽光発電の出力が上がり始めた時に日食が起こり、 太陽光発電の最大出力が出る時間帯に日食が終わることになる。CAISOは、太陽光発電の出力ロスに加え、「ランプ現象」と呼ばれる太陽光発電の出力急減と急増を最も重要な課題としている。
 日食の始まる午前9時の太陽光発電出力は7.337GW。部分日食なので全ての発電が止まることはないものの、日食の中心時刻には出力が3.143GWまで下がると予想されている。これは同州の 太陽光発電所の出力がこの82分間に4.194GW減少することを意味する。1分あたり70MWの出力減(ランプダウン)となる。
 太陽が再び姿を見せ始める時は太陽光の最大出力の時間帯であるため、出力は毎分98MWで急増(ランプアップ)し、午前11時54分には出力は9.046GWに達すると予測されている。低出力帯から高出力帯への変化速度がたいへん速くなっている。ちなみに、日食が無い通常の日の午前9時から昼にかけてのランプアップは毎分12.6MWとなっている(図3)。

 日食の前にすでに議論があったのですね。当然ですけど。
上の引用文中の「図3」をここに引用します。
20170821eclipse1
図3●カリフォルニア州における皆既日食時のメガソーラーの出力予測(出所:CAISO)

★そして実際の日食後、同じ筆者による記事がありました。

http://techon.nikkeibp.co.jp/atcl/column/15/286991/082200057/?rt=nocnt
米「皆既日食」、 太陽光の出力急変にグリッドが見事に対応!
周到な準備で、天体イベントの課した「信頼性試験」に合格
    Junko Movellan=ジャーナリスト 2017/08/23 07:02 1/3ページ

全米が壮大な天体ショーに沸く
・・・
 その壮大な天体ショーを相手に、米国のグリッドは信頼性を保つことに見事に成功した。これは、電力会社、送電系統管理機関、発電事業者などの綿密な計画を立て、十分に準備が整っていたことによるだろう。

太陽光出力の減少幅は予想超える
 カリフォルニア州は皆既食帯ではないものの、同州北部では76%、南部では58%の部分日食の範囲に入っている。部分日食といえども、米国で太陽光発電の設置容量で50%以上を占める同州は日食で、電力供給で最も大きな影響を受けるとされていた。
 カリフォルニア州の広域系統運用を行うカリフォルニア独立系統運営機関(California Independent System Operator; CAISO)によると、日食により、4.2GWの発電事業用メガソーラーと1.3GWの分散型太陽光発電が一時的に出力を失うと予想されていた。CAISOはこのイベントに備え、 起動、調整力と柔軟性に優れた発電源である水力発電と天然ガスを燃料とした火力発電、そして蓄電池を確保した。
 さらに同州の各電力会社は、太陽光発電の出力ロスによる供給不足を和らげるため、電力需要者に、電気自動車(EV)の充電や洗濯機・食器洗浄機の使用を控えるなどの省エネを呼びかけた。
 当日、日食の始まる午前9時すぎから、日食中心時刻の10時20分の約1時間に、発電事業用メガソーラーの出力は約6400MW(6.4GW)から3000MW(3GW)に減少した。これはCAISOによる前日予測の4600MW(4.6GW)を下回り、減少幅は3400MW(3.4GW)に達した。日食中心時刻後に出力は回復し、太陽が最も高く上がる午後1時には9600MW(9.6GW)を超えた(図2)。

図2●上:2017年8月21日、カリフォルニア州の太陽光発電出力量(黄色線)、下:カリフォルニア州ロサンゼルスにおける部分日食の様子、10時21分が日食中心時刻
(出所・上:CAISO、下:Griffith Observatory)
・・・
 何はともあれ、カリフォルニア州にとどまらず、全米のグリッドは綿密な準備と計画でグリッド信頼性のテストを無事に合格したと言える。

20170821eclipse2
図2を引用します。日食の様子と太陽光発電の出力が重ねられていてとても見やすい。
太陽光発電が大規模化すると、日食によって電力危機が発生する可能性がある、ということは充分に注意すべきことですね。そう頻繁に起こる事態ではないですが、備えを怠れば危機が訪れます。

★この事態について、普段私が接しているメディアではNHKの短い報道だけだったのですが、9月に入って毎日新聞のコラムが扱っていました。

土記:日食テスト=青野由利(毎日新聞2017年9月2日 東京朝刊)
 <do-ki>
 先週、米大陸を横断した皆既日食をテネシー州ナッシュビルで見てきた。皆既日食を見るのは、2009年の硫黄島沖洋上、10年の南米パタゴニアに次いで3回目。
 ・・・
 今回は、太陽光発電への影響というさらに現代的な話題もあった。
 現在、米国の太陽光発電の設備容量は約45ギガワットと、ここ数年で急成長。もはや日食の影響は無視できない。
 中でも注目されたのは設備容量が約15ギガワットと全米一で、電力の1割を太陽光で賄うカリフォルニア州だ。皆既帯からははずれていたが太陽が6~7割欠けるため、系統運用組織「CAISO」が調整を念入りに準備してきた。
 日食が始まると太陽光の発電量は通常の4割程度まで急落。これを天然ガスの火力や水力、近隣からの「輸入」で補った。市民にも節電を呼びかけ、「とてもうまくいった」とCAISO幹部は記者会見で語っていた。「日食テストに見事合格」というわけだ。
 日本で次に皆既日食が起きるのは18年後の2035年9月。日食自体も楽しみだが、それまでに太陽光発電がどこまで育つか。大きく育てて、それを見事に調整する技も見てみたい。(専門編集委員)

ということで、日経の記事を後追いした形になっています。
私はこの件、もっと大々的に扱うべきだった、と思います。日本でも太陽光発電の規模が大きくなっていく中で、原理的に抱えざるを得ない問題があるということは多くの人が知るべきでしょう。そう思いました。

↓ここに「金環日食の日の、つくば市での太陽光発電の発電量グラフ」の話も書きました。
「2012年05月21日の発電実績」というグラフだったようです。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2012/05/post-ff9a.html
2012年5月30日 (水) 日食時の気温変化
残念ながら、ここにあるリンクはもうリンク切れになっています。
そのグラフでは「朝、7時少し前にいったんピークになり、それから下降して、7時40分くらいにミニマムとなって、その後急速に発電量が増していった」ことが読み取れるものだったようです。

太陽光発電が普及していく中で、考えておかねばならない問題ですね。

ルリマツリ

0829_8rurimaturi 2017.8.29
ルリマツリが頑張っております。
つぼみが開くところがかわいかった。
独特の「金属光沢」っぽい輝きがうまく出ませんでしたが。

ミツバチ

0829_8mitubati 2017.8.29
この写真だけではなんだかわからないでしょ。
セイヨウミツバチなのですが。目撃者のみぞ知る。
フウセンカズラの花に蜜を吸いに来たところです。
妙な写真ですが、これ一枚しか撮れなかったのです。
珍しいものを見た、とお楽しみください。

アサガオ

0829_6asagao1 2017.8.29
チュッ、という感じ、しませんか?
0829_6asagao2
本当は並んでいるんですけどね。仲良しさん。
0829_6asagao3
上のピンクの花がしおれると、下のような感じになるのですね。
真ん中辺の向こう側は秋色のフェアリーアイです。
0829_6asagao4
花弁の上をアリが歩いていました。甘いのかな?
種類はよくわからない、アメイロアリかな。
とにかく小さなアリでして、一瞬アザミウマか?と思いましたがよく見ればアリだった、というものです。

@ハイビスカス

0829_5hibiscus 2017.8.29
花が落ちたところなのですが、何かいるぞ、と見たら、アリでした。
まだ蜜が残っているのかな?あるいは甘い残り香が漂っているのかな。

ヒメイトカメムシ

0829_4himeitokamemusi 2017.8.29
フヨウの葉の上で見かけました。
いつも花の花弁でばかり見ていましたので、比較的珍しい。
蚊と間違う人もいるかもしれませんね。
カメムシらしくはないですものね。

斑入り葉のアサガオ

0829_3huiribaasagao 2017.8.29
何で花の大きさが違うんだろう?
不思議だなぁ。

ナス

0828_10nasu 2017.8.28
秋ナスが食べられるかもしれない。食い意地が張ってます、この爺さん。

そう、こういう模様の日傘をさした高齢のご婦人をみかけましたっけ。
あれ絶対「ナスの花・柄」だったと思うんですが。
不思議な傘だったなぁ。
0831_2nasu 8.31
これは「ナスの花の傘」。
この下に昆虫でもいたら面白かったのにな。ニジュウヤホシテントウがナスの花の傘をさしていた、なんて、いいと思いません?

クロオビハナバエ

0828_8kuroobihanabae 2017.8.28
アサガオの花弁にいました。クロオビハナバエだろうと思います。
ハナバエが花弁にいる、当たり前のような気もしますが。
実はクロオビハナバエは幼虫も成虫も鳥獣の糞を食べるのだそうです。
なんだかな、名前と食性が一致しないけど。

ヒメフンバエというハエもいて、この幼虫は糞を食べるんですが、成虫は小昆虫を捕食する肉食性。いろんなハエがおります。ハイ。

デュエット

0828_6asagao1 2017.8.28
違う品種が、たまたま並んで咲きました。
どんな歌のイメージが湧きますか?
0828_6asagao2
髭が薄いな。私みたいだ。

0829_6asagao 8.29
またもやデュエット。
これは少し離れているのを重ねて撮ったもの。
髭が濃いぞ。

白髭咲きアサガオ

0828_5sirohige1_2 2017.8.28
「白髭が大暴れしてるぞぉ」と妻を呼んだら、出てきてこれを見た妻も笑っていました。。
白髭咲きアサガオが「無茶苦茶」な姿で咲き誇っている。
0828_5sirohige2
髭も花弁も、すごいことになっている。

0829_7sirohige1 8.29
何がなんだかよくわかりません。
0829_7sirohige2
穏やかです。
0829_7sirohige3
これも穏やかなのですが。
切れ込みもなく丸い花、といっても、咲き方が違うんですねぇ。
いろいろなことをやって見せてくれます。

2017年9月19日 (火)

台風一過:3

9月17日 20.9(26.5) 17.9(19.4)
9月18日 33.3(26.3) 20.3(19.1)

↑これは両日の最高気温(平年値) 最低気温(平年値)です。
17日の最高気温は最低気温の平年値より少し高い程度でした。
肌寒くって寝具を変えたり、コーヒーはホットで飲んだり。扇風機もエアコンも一切不要。
それがなんということか
18日は真夏日33.3℃でした。
勘弁してくれよなあ。12℃も変化されてはたまらない。2カ月くらい季節を行ったり来たりです。アイスコーヒーに逆戻り。寝具も戻し、扇風機を使いエアコンを使い。
1日の中でも13℃も上下。かなわんなぁ。
体がついていけなくなります。だるいですよね。あ~あ。
0918hiru_9kumo
雲一つない青空、ではなく、雲一つのみの青空でした。(昼に撮影)
全天見まわしましたが、雲はこの一つだけ。
台風一過、なのでした。

★古い話
私、子どもの頃、ラジオしかないし、耳で「たいふういっか」と聞いて「台風一家」だと思っておりました。
台風で、鉄道が「ふつう」になったとラジオで聞いて、「普通」ならいいじゃん、何でニュースなんだ、とも思っておりました。

★「一過」は英語だと

transient
►a
1 一時の,束(つか)の間の,一過性の,過渡的な;はかない,無常な
・transient affairs of this life はかない人生.
2 しばらくとどまっては移動する,滞在の短い,短期滞在の;短期滞在客のための〈ホテルなど〉;〔楽〕 経過的な
・transient workers 短期労働[就労]者
・a transient chord [note]=a PASSING CHORD, a PASSING NOTE.
3 〔哲〕 超越[超出]する (=transeunt).
►n transient な人[もの];短期滞在客;短期[移動,渡り]労働者;浮浪[放浪]者;〔電〕 過渡現象,過渡電流;減衰シグナル[波,振動].

[L=passing;⇒TRANCE]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

transient なんですね。私の語彙的には、過渡的という意味で捉えていましたので、ちょっとギャップがありました。

台風一過:2

0918asa_9tumagurohyoumon1 2017.9.18
ツマグロヒョウモン、元気。
0918asa_10tumagurohyoumon
オスと絡んじゃったりして。台風なんぞなんのその。
0918asa_11tumagurohyoumon2
真っ青な空に映えるツマグロヒョウモン。きれいだぁ。
カメラを低く構えて空を背景にしました。
0918asa_11tumagurohyoumon3
ふわっと飛んだ瞬間が写りました。かっこいい~。
↓同じ個体を妻が撮ったもの、ほぼ目の高さ。
0918w_1tumagurohyoumon
なんだか「撮ってよ」といわれたような気がしたのよね、と申しておりました。
アニミズムの世界に半分踏み込んだ夫婦ですからね、昆虫の声が聞こえたりする。
わざわざ目の前に飛び込んできてポーズをとるんだもんな。
台風一過、植物も昆虫も、元気でしたよ。

台風一過:1

2017taihu18denentyouhukami
国土交通省・京浜河川事務所のサイトから。
9月16日の18時頃から降り始めた雨は、17日は一日中やむことなく降り続き、18日の未明3時頃にやみました。
18日午前2時頃ふと目を覚ましました。雨戸に吹き付ける雨の音が激しくて目を覚ましたようです。気になったので、家の中でどこか吹き込まれているところはないか一回りして、大丈夫だったので再度就寝しました。2時半頃かな、雨の音はしなくなり、風の音だけになりひとまずほっとして眠り込んだのでした。
トータルで80mmくらい降ったようですね。
朝、8時ころには風もやみましたので、外に出てみました。私はバランスが悪くて踏みこたえる力など全くない人ですから、風が強かったらひとたまりもなく転ぶ。穏やかなときにしか外出できません。
0916_11higanbana 2017.9.16
これは16日のヒガンバナ
0918w_3higanbana 9.18
これが18日朝。
右の方の株が傾いていますね。でも倒れたわけではない。
東京の18日の最大瞬間風速は22.5m/s、時速にして約80km/hでしたので、かなりの風でしたが、倒れなかったのはすごい。
0918asa_5higanbana
花そのものもそろそろ終わりに近づいていましたので、色褪せてきています。
開花が早かったからな。
0918asa_6yanonebontenka
ほっそりと独りで立つヤノネボンテンカもちゃんと立っていましたよ。
しなやかに、すごいですね。
0918asa_12densha
キバナコスモスも倒れたものはなく、多摩川線もちゃんと走っておりました。

我が家は基本的に、無事でした。

アオドウガネ

0828_9aodougane1 2017.8.28
アオドウガネがニチニチソウの花弁を食べている現場写真。
こいつ、何でも食うからなぁ。
0828_9aodougane2
ぼろぼろになった花弁は絶対にアオドウガネの仕業ですね。
しかしまぁ、食べて生きるんですから、駆除する気にもなれなくて、別のもの食えよ、と放逐するだけなのでした。

ニチニチソウ

0828_4nitinitisou1 2017.8.28
采咲きアサガオの終わりかかった花を見ていたら、ニチニチソウのつぼみがあったので、一緒に写してみました。カップ状です。
0828_4nitinitisou2
これです。素敵なカップでしょ。

0829_1nitinitisou 8.29
真っ赤な花でも、カップがありました。
この赤がまた、強烈な色でして。迫力があります。

オジギソウ

0828_3ojigisou1 2017.8.28
玄関前のテラスに座り込んだら、朝の光でオジギソウが輝いていました。
0828_3ojigisou2
右の方のは、開き始めたところでしょうか。つぼみか、開いてしまってからか、どちらかしか見てないので、「途中」というのはあまり見たことのない姿でした。
考えてみれば、こんな風に開いていくんだろうな、と納得です。

アシダカグモ

0828_1asidakagumo1 2017.8.28
資源ごみを出そうと道路に出でたら、路面にアシダカグモ。
日本では最大級のクモです。
0828_1asidakagumo2
コンデジを持った右手を地面につけて当てずっぽうで撮ったら、ピントが後ろの方へいってしまいました。
毒グモじゃなし、ゴキブリ食べるし、いいやつです。
綿埃が風に吹かれていくような、滑らかな感じで走ります。特徴的。
苦手な方は多いと思いますが、ほっといてください、人間の生活に割って入ることはありませんから。苦手なものでも、それなりに付き合う、という「ゆるさ」をお持ちくださいますよう。

ブドウスズメ

0827_43budousuzume1 2017.8.27
ブドウの葉にスズメガの幼虫がいました。
尾角があるのでスズメガの幼虫に間違いはない。
ブドウにいたんだからブドウスズメだろう、と安直に判断。
間違っていないと思いますが。
0827_43budousuzume2
立派な尾角。刺さりませんからご安心を。
0827_43budousuzume3
顔を撮ろうと思ったのですが、うまくいかない。

0831_6budousuzume 8.31
で、折角来たんだからとブドウの葉と一緒にケースに入れて見ていましたら、寄生されていました。寄生バチかな。
残念でした。

采咲きアサガオ

0828_2saizaki 8.28
采咲きアサガオがほぼ毎日咲きます。
咲き進んでいく様子が、普通のアサガオよりよくわかる。
右下から咲き進んでいって、左上につぼみ。
見ようとしてみられるものではなし。遺伝の法則による「偶然」ですのでね。
今年の「出会い」を充分に味わい尽そうと思います。

アズチグモ・オス

0827_39azutigumom1 2017.8.27
しおれたアサガオの花を見ていたら、アズチグモのオスがいました。
↓近いところでは下の記事で「アズチグモ」について書いていますが、これはメスでした。明記してありませんでしたね。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-6f23.html
2017年9月 7日 (木)アズチグモ

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-2662.html
2017年9月11日 (月)アズチグモ・マメコガネ

0827_39azutigumom2
トリミングしましたが、あまり鮮明ではない。
メスと比べて、非常に小さく、色も全然違います。
メスの腹部に乗っかっているのを見ることもあります。
クモの雌雄差は大きい。予備知識がないと見逃すこともよくあることです。

モミジバルコウ

0827_37momijibarukou 2017.8.27
一葉黄葉して天下の秋を知る、かな。
「天下」はいざ知らず、我が身は晩秋ですな。(老人語で。)
モミジバルコウの葉が一枚だけ見事に黄色くなっていました。
同じ蔓の葉でも他の葉には何にも変化が起こっていないのに、どういう具合だったのでしょう。

イチモンジセセリ・ヤマトシジミ

0827_34itimonjiseseri 2017.8.27
左の触角の尖端が、偶然複眼の前に重なりまして。
目が妙にかわいく見えるのでした。
0827_36yamatosijimi1
ヤマトシジミが花を探っている。
普通だったらこのあたりに蜜があるんじゃないか、と思って探っているようですが。
ダメだったようで
0827_36yamatosijimi2
探る場所を変えました。そう、そっちが正解だよ。

カメムシ

0827_28kusagikamemusi 2017.8.27
クサギカメムシの幼虫です。終齢ではないようです。翅の芽がないということは、4齢くらいでしょうか。
0827_29harikamemusi1
これはヘリカメムシ科ですが。
私はホソハリカメムとハリカメムシとをきちんと識別できません。どっちだろ。
0827_29harikamemusi2
顔写真を、と思いましたが、ボケてしまった。
ピントがずいぶん後ろの方に行ってしまいました。思うようにはいきませんねぇ。。

フヨウの実

0827_24huyou 2017.8.27
フヨウの種子の毛は綿の種子の毛ほどに長くないしふかふかじゃない。
でも、実が口を開けた時のイメージはちょっと似ている気がします。
アオイ科ですからね、どっちも。
しあわせな気分にしてくれる実です。

2017年9月15日 (金)

沖縄県那覇市の連続真夏日

★気象情報で、沖縄県那覇市の連続真夏日日数が記録更新中、ということを聞いていましたので、見守っておりましたら、85日で切れたようです。
正式な発表というかニュースは聞いていませんが、気象庁の記録を個人で累計したものです。
6/20が30.0℃で、ここから始まり
6月は11日。
7月は全部真夏日で31日。
8月も全部真夏日で31日。
9月は12日まで真夏日でしたが、9/13は29.6℃で途切れました。
11+31+31+12=85
計85日連続でした。

沖縄タイムズによりますと、

・・・
これまでの最長記録は77日連続。2001年の6月16日~8月31日、13年の6月17日~9月1日だった。
・・・

ということです。

八重咲きアサガオ

0827_23yaezaki1 2017.8.27
八重咲きアサガオは花の後も実ができません。
0827_23yaezaki2
八重咲きの遺伝子を持った親木には実がなります。
ですからこの実を播くことで、八重咲き遺伝子がホモに揃った苗が出るかもしれませんので、また来年、たくさん播くことになります。

マツバボタン

0827_22natubabotan_hati 2017.8.27
マツバボタンに潜り込んでいるのは多分ハチの仲間。種類はわかりません。
虫がいるとどうしても撮りたくなる。
園芸で花だけでいいと言う方には、虫が入っている、と嫌な気がするかもしれません。
でも、花と昆虫は一緒に進化してきたもの同士。花に感情があったら、花の中に虫が入ってくることを喜んでいるはず。
そんな風に観賞してみてください。

ツマグロオオヨコバイ

0827_21tumaguroooyokobai1 2017.8.27
なぜか玄関脇のタイルにくっついていましたので
0827_21tumaguroooyokobai2
正面から撮ろうと頑張ってみました。
この写真を少し回転すると
0827_21tumaguroooyokobai3
こうなります。
擬人化したくなるでしょ。

ヒメヒラタアブ@オジギソウ

0827_19ojigisou 2017.8.27
オジギソウを見ていましたら。
0827_20himehirataabu1
ヒメヒラタアブがやってきました。
0827_20himehirataabu2
正面からの顔を撮りたかったのですが、ちょっと思い通りにはいきませんでした。
小さな丸顔でかわいいんですけどね。

@フウセンカズラ

0827_14sijimityou 2017.8.27
ヤマトシジミにとって「身の丈サイズ」の花ですね。
口吻を伸ばせばすぐ蜜に届く。
0827_15haranagatutibati1
ヒメハラナガツチバチだと思います。
雌雄の判別がうまくいきませんが、オスじゃないかな。触角が長い。
0827_15haranagatutibati2
この写真、ちょっとややこしい。
花の手前に見えているのは腹部です。
花の向こうに2本の触角が見えますが、体を強く曲げて頭部が向こう側へ行っているんですね。
翅の位置関係もややこしいでしょ。
変な写真が撮れました。

ルコウソウ頑張る

0827_13rukousou 2017.8.27
草刈りの後。開けたところへ伸びだしていくルコウソウ。新しい環境への開拓者です。
0827_16rukousou
線路柵際に残った株の花。
植物はしぶとい。

ルリマルノミハムシ@アサガオ

0827_7rurimarunomihamusi 2017.8.27
光の泉から脱出してきたルリマルノミハムシ。みたいでしょ。
画面左側、花弁に穴が開いているのですが。
犯人は誰だろう?
ルリマルノミハムシの成虫は蜜や花粉を食べると聞いています。幼虫は葉を齧るとか。
となると、この穴の責任者として右の成虫を疑うのはマズイかな。
オンブバッタが齧っていったとか、かな。
「何者かの仕業に違いない」
{この台詞、どんな状況でも使えますね。すべてが説明できるというのは、何にも説明していないのと等価です。無意味なこと。テレビのニュースで「何者かが」というのはやめてほしいな。}

イチモンジセセリ@アサガオ

0827_6itimonjiseseri1 2017.8.27
花の脇でゆっくり。朝の散歩のメリットは、見つかりさえすれば昆虫が撮影しやすいということです。
まだ活動状態に入っていなくて、ゆっくり体温を上げていく過程ですから、撮影しやすいです。
0827_6itimonjiseseri2
ぐんと近づいてみました。
準備中なんですから、邪魔をしないように配慮する必要はあります。

ヤマトシジミ@白髭咲きアサガオ

0827_1sijimi 2017.8.27
白髭咲きアサガオの花の中にヤマトシジミがいました。蜜があるとしても、シジミには届かないんじゃないか、という気もしますね。朝の準備中でしょう。
0827_2sirohige1
白髭というものは、いくら濃い髭でもやっぱり白い。
0827_2sirohige2
花の形そのものに影響が出てしまいました。やけになっちゃだめだよ。
朝、見に行くといつも違う姿を見せてくれます。

収穫

0826_21budou 2017.8.26
我が家のブドウです。
「酸っぱいブドウ」じゃありません。

sour grapes
►pl 《欲しいけれど入手できないものへの》負け惜しみ,酸っぱいブドウ.
[イソップ物語の中の FOX AND THE GRAPES から]
リーダーズ英和辞典第3版より引用

ちゃんと甘いブドウです。{まだ部分的に酸っぱいところもありますけど}
0826_22okra
素直なオクラ、です。へそ曲がりじゃありません。
味は濃く、ぬめりもたっぷり。

我が家ではナスも採れますが、へそ曲がりじゃありません。
「素直なお茄子」です。
「すなおなおなす」←右からも読んでみてください。

2017年9月14日 (木)

東京で地震を感じました

先ほど、9時27分頃に、東京で地震を感じました。
下からドンとくるP波、その後に切れ目なくやってきたS波。直下型に近いな、と思いました。
20170914jisin
これはドンと来てから6秒後くらいに起動した「新強震モニタ」の画面です。
震源は埼玉県南部、M4.5、深さ40km、となっています。これはあくまで予測値ですが、震源の位置や地震のおおよその規模を知るには充分。
私はこれをブラウザに常駐させてあって、必要なときには、わざわざ呼び出す必要なく、ワンクリックで起動するようになっています。画像の上部にURLが出ていますので、必要ならご利用ください。

20170914093124395140927
これは気象庁発表のうちの、画像です。

平成29年09月14日09時31分 気象庁発表
14日09時27分頃地震がありました。
震源地は埼玉県南部(北緯35.8度、東経139.6度)で、
震源の深さは約50km、地震の規模(マグニチュード)は4.6と推定されます。

震源の深さ、マグニチュード共に、少し修正されていますが、情報として「大差ない」といっていいと思います。

新強震モニタなり、気象庁の発表なり、ご利用ください。

ヤマトシジミ

0826_19sijimi 2017.8.26
ニチニチソウにとまっていました。花の中心の方を向いていませんから蜜を吸おうとは思っていないようです。
休憩でしょうかね。
もともと小さなチョウですが、このごろ、ものすごく小さなシジミチョウを見ます。ちょっと白っぽい感じもする。
ヤマトシジミですが、すごく小さい。秋型とかでしょうか。

シオカラトンボ

0826_18siokaratonbo1 2017.8.26
シオカラトンボが休んでいました
0826_18siokaratonbo2
翅の付け根付近が黒ければオオシオカラトンボですが、これはシオカラ。
以前は、秋の、湿度の低い、空気に透明感があるような日に「赤トンボの集会」をよく見たものですが、近年は減りました。
トンボの生息環境が劣化していると思います。蚊のせいもあるだろうし。河原はきれいに整備されちゃったし。
なんとかできないかなぁ。

トカゲとゴキブリ

注意:苦手な方は拡大しない方がいいです。
0826_17tokage1 2017.8.26
采咲きのアサガオの写真を撮ろうと、頑張って右膝を地面につけて、低く構えて撮影していたのです。
そうしたら、何か激しい動きがすごい勢いで近づいてくる。
訳もわからず当てずっぽうでカメラを向けてシャッターを切った瞬間に状況が判明しました。
トカゲがゴキブリを追ってきたのです。
気づいた瞬間には、トカゲがゴキブリをくわえて走ってきたような気もしましたが、ゴキブリのむき出しの背中が見えて、まだ完全に捕獲したわけではないということがわかりました。
ゴキブリは必死に逃げようとしていたのです。しかしトカゲも素早い。
0826_17tokage2
次の瞬間にはもう、もつれながら鉢の下へ走りこんでしまいましたが、形勢はトカゲに有利。
おそらく鉢の下で決着がついただろうと思います。
いやあ、しかし、ものすごいものを見てしまった。ドキドキしましたよ。
トカゲに甲虫の幼虫、いわゆる根切り虫を与えて食べるところを見たことはありますが。
すごい闘いでした。

ルコウソウ

0826_6rukousou 2017.8.26
まだぽつんぽつんとしか咲いてくれません。咲けばこの鮮烈な色ですから強烈に目立つんですが。ま、おそらくこれから数が増えてくるでしょう。楽しみにしています。
「赤い彗星」ならシャアですが、これは彗星じゃないしなぁ。

猛暑日

0825_28mousyobi 2017.8.25
森田さんはまだ帰ってきません。森さんがやってます。
猛暑日を観測した観測地点の数をグラフ化したものです。
全国の観測点の中での数値ですので、いつも私がやっている「東京限定版」ではありません。
8月15日の頃に猛暑日がないんですね。妙な具合だ。

こんなグラフを作るのは大変だろうな、と思って気象庁のHPを探しましたら、データがありました。
http://www.data.jma.go.jp/obd/stats/etrn/view/summer.php?month=6
ホーム > 各種データ・資料 > 最新の気象データ > 気温の状況 > 真夏日などの地点数(昨日まで)

真夏日などの地点数(昨日まで)
2017年の真夏日などの地点数を日別に集計しています。
※集計地点は昭和(南極)・富士山・南鳥島を除く929地点です(2017年4月1日現在)。
※真夏日の地点数には猛暑日の地点を含みます。

猛暑日の地点数の表もありまして、これが上の画像の元データですね。
折角見つけたのですから、私も、7月からのグラフを作ってみました。
Moushobikansokutitensu
猛暑日観測地点数です。
棒グラフですので、棒のないところは、データの欠測ではなく、観測点がなかったという意味です。
9月9日までで〆ましたが、9月は1か所だけですね。

しかしまあ、気象庁のHPは宝の山ですね。いったいどんなデータが埋まっているのか、発掘するにも技がいる。

↓参考までに。東京での8月までの気温などのグラフがあります。ま、似たような傾向ですね。東京の猛暑日は少な目でしたけど。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-6c04.html
2017年9月 4日 (月) 8月の気温など

キバナルコウ

0825_27kibanarukou 2017.8.25
キバナルコウがやたらといっぱい咲きまして。
赤い色のもキバナルコウがしぼんだものです。
ずいぶん群がって咲いたものです。ちょっと珍しいかな。
通りすがりに見てくださる方も結構いらっしゃいまして、嬉しい限りです。

花街道を行く電車

0825_26densha1 2017.8.25
まただ。この電車が多摩川駅に向かうとほぼ同時に、多摩川駅から黄色い電車が発車してやってくるはずだ、という状況です。
キバナコスモスのこの塊を利用すれば、かっこいいんじゃないか、という目論見での試写。
0825_26densha2
来ました。撮り鉄とはとても言えない。
地の利を生かした「遊び」。
他には何か面白いアングルはないかな、と考えていますが、代わり映えはしないようです。

アサガオ

0825_23asagao1 2017.8.25
あれ?どうなってんのかな?という気分。
これ、濃いピンクのアサガオがしおれた姿ですね。
私の頭の中では、丹頂鶴のイメージがちょっと湧いていました。鶴は首が黒いんですけど、イメージ的にね。
0825_23asagao2
でもなあ、なんとなく、イメージがピタッと決まらないんですよ。
この花の後ろを見たことがなかった。白かったんだっけ?

↓翌日
0826_2asagao1 8.26
花を正面から見るとこうです。いつもこういう風にしか見ていなかった。
0826_2asagao2
横から見るとこうだったんですね。そうか、外側は白かったんだ。
で、花がしぼんで色が濃くなって、冒頭の写真の状態になったのか。
0826_15asagaohiru
26日の昼。そうだったんだね。
見ているつもりで何にも見ていないものなのですね。お恥ずかしい。
いやぁ、楽しかったよ、ありがとう。

オンブバッタ:2

0826_11onbubatta1 2017.8.26
オンブバッタの脱皮だ!という妻の声に駆けつけました。
翅を展開しているところですね。
0826_11onbubatta2
横から。前1対の脚でぶら下がっているようです。
0826_11onbubatta3
落ちていた脱け殻を拾ってそばの木に置いて撮影。
きいれいに脱ぐものですね。どの昆虫の脱皮も、驚異的です。
0826_11onbubatta4
展開中の翅。天女の羽衣、といいましょうか。美しいものです。
繊細で精妙。あの小さな「翅の芽」の中で、畳まれた状態のままこれだけの膜構造を作るなんて、奇跡的だともいえます。
チョウの翅もそうですよね。
0826_11onbubatta5
翅の付け根付近に、緑色の液滴か何かがあるように見えます。
0826_11onbubatta6
よく見ると、緑色の液体が入った袋のようです。
ひょっとして、ここから翅の脈に、何らかのポンプ・メカニズムを用いて液体を送りこんでいるのではないか。
それにしてもまあ、美しいものを見ました。
オンブバッタの羽化を見るなんて初めてじゃないかな。
ひょっとして、前の記事でアサガオの葉を食べていたあの個体じゃないだろうか。
距離的には遠くないし。その可能性も充分にあり得ます。
完璧な一期一会。ありがとうね。元気で暮らせよ。

オンブバッタ:1

0825_22onbubatta1 2017.8.25
アサガオの葉に穴を開けているオンブバッタです。
平らな葉のど真ん中に穴を開けるという食べ方自体、私には「驚異的」に思えるんですけどね。
左右に開閉する顎です。葉の縁を齧るならわかる。妙な食い方しますよね、マッタク。
もう一つ、注目点は体と頭部の角度です。
0825_22onbubatta2
頭が90度くらいに立ってますよ。キミ、首があるんだっけ?
私共ヒトのような「首」という構造を持っていないのに、なんという曲がり方。
昆虫でこういう角度になるのは珍しいのではないか。
妙なものを見ちまったい、という気分。
これは終齢幼虫です。

2017年9月13日 (水)

白のヒガンバナ

0911_16sirohiganbana1 2017.9.11
買い物に行った妻が撮影してきました。六郷用水跡の水路際です。
0911_16sirohiganbana2
ここでももう咲き始めていました。
やっぱりね、彼岸が近づいたものな。

彼岸の中日=秋分の日=9.23
(入り)9.20~9.23(中日)~9.26(明け)

来週にはもう彼岸の入りです。春分を起点として、1年の半分が過ぎようとしています。

冷やしたぬき

0825_21hiyasitanuki1 2017.8.25
私が夕方の気象情報番組などテレビ画面を撮影したりしているのを知っていた妻。
上のような写真を撮って、笑っていました。
「冷やし中華はじめました」というのは、夏の初めの恒例の風景ですが。
この「冷やしたぬき」は動物園の企画。
0825_21hiyasitanuki2
これが「冷やしたぬき」です。
東武動物公園の企画で、8月の土曜日に行っているものだそうです。
でも、8月25日は、金曜日。テレビが取材に来たので、特別に金曜日にやって見せてくれたのだそうです。たぬきたちも、冷たい御馳走が出ることを感知したらしく、喜んでいたとのこと。
テレビのおかげで、一回多く冷やしたぬきができました。

↓東武動物公園の資料です。
http://www.tobuzoo.com/pdf/press/press_20170724.pdf

今年もやります「冷やしタヌキ」
 8月5日(土)から8月26日(土)までの毎週土曜日に夏季特別メニューとして、日本産動物舎で暮らすタヌキたちに氷柱をプレゼントする「冷やしタヌキ」をはじめます。
当園では動物の暑さ対策と、お客様への涼の演出として、タヌキ5頭が暮らす日本産動物舎に氷柱と水が入ったタライを設置します。タヌキが氷を舐めにタライに入ったら「冷やしタヌキ」のできあがりです。
・・・
氷柱の中にはタヌキの好物の馬肉や果物などが入っています。
・・・

オクラ

0825_16okra 2017.8.25
家庭菜園の野菜が家計を助ける、ということはまぁ、ほとんどありませんが。
財布は助けてくれなくても、気持ちは助けてくれますよ。
花は美しいし。
実がなると嬉しいものです。
食べると口が喜ぶし。
可能な範囲でどうぞ。花を楽しむだけでも、オクラは価値がありますよ。

采咲きアサガオ

0825_14saizaki1 2017.8.25
朝です。この花の先に
0825_14saizaki2
つぼみが見えています。
昼に出ましたら
0825_24saizaki1
朝の花の姿も少し変わったし、つぼみの状態も変化していました。
0825_24saizaki2
朝咲いて昼にはしぼむ、という普通のアサガオのペースとはちょっと違うんですね。
ゆっくりしています。

0826_1saizaki1 8.26
朝一番。右が昨日の花。左は昨日つぼみだったもの。
ゆっくりした進行を感じ取っていただければ。
0826_16saizaki1
昼。そして、この花の先のほうには
0826_16saizaki2
まだつぼみがあります。

葉が細くて、光合成量が少ないんじゃないの、という感じもして。
妻は日当たりの管理を頑張っています。

カラスウリ

0825_10karasuuri 2017.8.25
いかにも「ウリ」の葉でしょ。
あまり繁っていません。花はどうかな、多分無理だろうな。咲いても雄株なので実は生りませんけど。
どういう具合か、草刈りの後、この辺りの植生に乱れが出ています。
「雑草」たちの相互関係に何か変化が起きたのかもしれません。

ニチニチソウ

0825_5nitinitisou5 2017.8.25
線路柵の下で、花を増やしてきました。
玄関前の鉢では、白い花に混じって薄いピンクの花が咲いています。うっかりすると、白い花と思ってしまう。それに比べると、ここの花は濃い。
花の色の濃さにもいろいろのレベルがあって、微妙に咲き分けていますね。
不思議だな。

秋色アジサイ

0825_3fairyeye 2017.8.25
フェアリーアイという品種のアジサイですが、この色合いを「秋色(しゅうしょく)」といっていいのですか?
来年の花は期待できなくなるかもしれませんが、とにかく最後まで見届けたい、と思っています。
ゆっくりゆっくり、秋へと進みます。

アサガオとルリマルノミハムシ

0825_2asagao5_1 2017.8.25
このアサガオ好きです。いかにも、アサガオです、といっている。
0825_2asagao5_2
ルリマルノミハムシですっ。
確かに。後脚が脇に張り出した姿は、見間違えない。
ハムシとは言っても、花粉を食べるようです。アサガオでこれを見るのは初めてのような気がする。夏前のほうがシーズンだという気がします。
がんばってるな。

アオドウガネ

0824_24aodougane1 2017.8.24
ふと見上げたら、葉に黒い影。葉はずいぶん食い荒らされている。
これはアオドウガネだね、きっと。
0824_24aodougane2
やっぱりね。葉が揺れまして、ぼやけました。
葉を指先でつまんで静止させる手もあるんですが、昆虫は敏感でしてね。
風で大揺れしても平気でつかまっているものが、指で葉をつまむと「不自然さ」を感じるんでしょう、逃げたり、緊急避難で落下したり。
ま、あまり負荷をかけたくないので、葉をつまみませんでした。

アゲハ

0824_23ageha1 2017.8.24
タチアオイの花にいたアゲハとは別個体だと思います。
タチアオイを背にして、デュランタの方を向いたら、アゲハが蜜を吸いに来た。
0824_23ageha2
よくわかりませんが、翅に傷みがあるのかも。
0824_23ageha3
後翅が完全ではないのかな。
0824_23ageha4
生きるために生まれたのです。ですから生きるのです。
昆虫たちと付き合っていると、大事なことをいろいろ教わります。

アゲハの日傘

0824_22ageha1 2017.8.24
タチアオイの花にアゲハがとまっていました。とりあえずの一枚を撮ってから、じっくり見ると。
蜜を求めて花から花へ飛び回っている状態ではないようです。休憩しているのかな。
0824_22ageha2
後へ回り込んでもう一枚。
この日は陽射しのきつい日でした。花の真後ろから日が射しています。
そうするとこれ、日光の直射を避けてタチアオイの大きな花を「日傘」にしている姿ということなのかもしれません。
大柄なアゲハが大柄なタチアオイの花を日傘にする。
わあ、おっしゃれ~。センスがいいですね。

2017年9月12日 (火)

イノコズチ&カメムシ

0824_20inokozuti 2017.8.24
イノコズチを撮ったのですが、下の方にカメムシが写りこんでいました。
ハリカメムシかホソハリカメムシか、どっちかでしょうけど。判定は難しいな、私には。
カメムシ・マニアの方のご指摘を待ちます。

ツマグロヒョウモン

0824_18tumagurohyoumon1 2017.8.24
玄関前。スミレだわ、とメスのツマグロヒョウモン。
見づらいんですが、ツマグロヒョウモンの真上に、飛び上がって逃げるヤマトシジミが写っているのです。
大きなチョウが入ってきたので、そばにいたシジミチョウは逃げ出した、というわけです。
0824_18tumagurohyoumon2
アリが来てますが、チョウの方は気にしてない。
葉を吟味して産卵していったと思います。

0825_20tumagurohyoumon 8.25
地面を歩いていたツマグロヒョウモン。
なんだか、やたらと小さな葉に向かって腹を曲げていますが、産卵する気かい?
いくらなんでも。一齢幼虫は小さいから、小さな葉でもいいけれど、すぐ食べ尽して、2齢になる前にもう、歩いて他の葉を探しに出なくちゃならなくなるぞ。
心配したのですが、結局産卵はしなかったようでした。ほっとした。

黄色い電車

0824_10densha 2017.8.24
また撮ってしまった。
手前味噌:電車の黄色とキバナコスモスの黄色がとてもよくマッチしている。

★別件:日曜日に東京の小田急線の電車が沿線の火事の火が止まった電車の屋根に燃え移った、という事故がありました。
けが人が出なくてよかったのですが。
電車の屋根って、そばの火事の火が「燃え移る」ようなものなのかなぁ。金属製ではないのか。
などと考えていましたら今朝の朝刊

沿線火災、なぜ車両に延焼 非常ボタンで現場前に自動停止 小田急線(朝日新聞デジタル 2017年9月12日05時00分)
・・・
 燃えたのは電気設備周辺を絶縁するため、ステンレス製の車両に上塗りしているウレタン樹脂。難燃剤を混ぜるなどして燃えにくくしているが、今回は炎の勢いが強かったと小田急はみている。
・・・

そうだったのか。難燃剤の入ったウレタン樹脂が燃えるというのも、まあ、なんだかなあ、ふ~んという気分ではありますが、ステンレス製の屋根の上にプラスチックがあった、ということは納得しました。
燃えたプラスチックの下はステンレスですから、車内に直接延焼してくることはなかった。もちろん車内の天井が高温になって、紙などの可燃物が燃え始める危険はあったでしょうけれど。
状況がやっと把握できました。

ルコウソウ

0824_9rukousou 2017.8.24
花がしぼんで落ちようとしているところ。
メシベの花柱にしぼんだ花が引っかかっています。
花としての仕事を終えて、子房に仕事を引き継ぐところです。

イチモンジセセリ

0824_5itimonji1 2017.8.24
イチモンジセセリがヘクソカズラの蜜を吸っていました。
小さな花ですが、少し奥行きがある。で、蜜のあるところまで探りながら口を入れているのでしょう。
0824_5itimonji2
この状態で花の底の部分まで口が届いていると思います。
0824_5itimonji3
ひょっと飛びすさったところですが、口吻がくるくる巻いているのが写りました。
伸ばす時は自力で伸ばすのでしょうが、抜けば自動的に巻き取られるのだと思います。
ぶれているのはご勘弁を。
0824_6hekusokazura
また6弁の花がありました。結構普通にこういうのがあるものらしいですね。

虹と稲妻

0823_15niji_inaduma 2017.8.23
森田さんが夏休み中のN天です。
虹と稲妻が同時に写っている。これは珍しいですね。
8月22日の東京の日没は18:22でした。
愛知県だと、東京より少し日没時刻が遅くなりますので、6時半ころはぎりぎりまだ夕陽がさしていたのでしょう。
その夕陽で虹が出た。それと夕立の稲妻が同時に写ったわけです。
誰でも写真を撮れるよになって、撮ろうとして撮れるものではない珍しい写真が見られるようになりました。
0823_16supercell1
こういうのも紹介されました。スーパーセルですって。巨大積乱雲。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BB%E3%83%AB_(%E6%B0%97%E8%B1%A1)
↑解説があります。
0823_16supercell2
遠くから雲全体が見えれば、成層圏にぶつかって広がる積乱雲独特の姿も見えるのでしょうけれど、今回の写真は近くから積乱雲の「底」をとった画像。
水平方向での渦の動きが見えたのだろうと思います。
いや、すごいなぁ。

クロアゲハ幼虫

0823_13kuroageha1 2017.8.23
これはクロアゲハの幼虫だろうと思います。
0823_13kuroageha2
アゲハではないですね。
いろんな種類のアゲハ幼虫がわいわいと成長していますので、ちょっともうフォローしきれない。
数が多いから寄生を受けているものもいますし、どうも、病気にかかったかな、というのもいたり。飼育ケースを洗浄・日光消毒したり。まあ、大騒ぎなんですよ。
ちゃんと羽化までいけたものをご報告するようにします。

タマスダレ

0823_10zephyranthes 2017.8.23
白い花ですからね、「白のゼフィランサス=タマスダレ」でいいようです。
左のしぼみかかった花ですが、前日までは白かったんです。
しぼみかかったら薄紫がかってきました。

http://www.hana300.com/tamasu.html

タマスダレ
・・・
・彼岸花(ひがんばな)科。
・学名 Zephyranthes candida
    Zephyranthes : ゼフィランサス属
    candida : 純白の、輝きのある
 Zephyranthes(ゼフィランサス)は、ギリシャ語の 「zephyros(西、西風)+ anthos(花)」が語源。
 西インド諸島が原産地であることから。

0824_13zephyranthes 8.24
花弁の表面の細胞の反射光は白くて、その内側の細胞内にピンクか薄紫の色素があったのでしょうね。
表面の細胞がつぶれて輝きを失ったら、内側の色が見えてきた、ということかな、と考えています。
微妙な色合いでした。

ベニシジミ

0823_8benisijimi 2017.8.23
朝、外へ出ると、虫たちはまだ活動状態に入っていないことが多い。
ベニシジミが背中から陽光を受けてぬくもっていました。
頭部の影が葉に映っています。背中から陽を浴びていることがよくわかる。
季節が進行していきます。

タチアオイ

0823_7tatiaoi 2017.8.23
これまで昼の散歩を習慣にしてきましたが、今年はいろんな種類のアサガオが咲き乱れるものですから、朝に20~30分の散歩が増えました。そうしたら、「光線」の違い、というものが意識されてきました。

昔、教師としてアルバム制作などで写真屋さんと話すこともあって、アルバムの集合写真は秋の午前中がいい、とうようなことを聞きました。光線が違うのだそうです。当時はカメラは使っていましたけど、光線なんて意識していませんでした。
この歳になって、何枚撮っても現像代が増えるということのないデジカメが楽しめるようになり、大量の写真を撮りますので、光線の意味も少しはわかるようになってきました。(昔はプロカメラマンにしかできなかった贅沢な撮影の仕方が楽しめるおかげです。36枚撮りフィルムをハーフサイズ一眼レフで72枚にして節約したんですよ、大学生の頃かな。)

話がずいぶんそれました。
朝陽に輝くタチアオイの花。
花弁の脈の走り具合まで浮き上がっています。
デジカメというのはすごい道具だ、と改めて身に沁みます。

2017年9月11日 (月)

ヒガンバナ開花

0908_19higanbana2 2017.9.8
夕方外に出た妻が気づいて、報せてくれました。以前よりずいぶん範囲が広くなっています。
0908_19higanbana3
もうすぐ開花ですね。
秋分の日が9月23日。ジャスト・タイミングですね。

0909_11higanbana1 9.9
重陽の節句の日。
私も確認に出ました。
冬の間、独占的に太陽光を受けて光合成をし、その栄養で球根を太らせたのですね。
0909_11higanbana2
つぼみはいっぱいあります。

別件:9月10日(日曜日)。いつもの買い物でスーパーへ。花売り場のコーナーもあります。見れば菊も売っている。「これが正真正銘の『十日の菊』だなぁ」と妻と笑いました。別に安売りはしていませんでしたけど。

十日の菊(とおかのきく)
(菊は9月9日の節句のものだからいう)時機に遅れて役立たないもののたとえ。
しばしば「六日の菖蒲あやめ」と対にしていう。
広辞苑第六版より引用

0911_higanbana1 9.11
今朝、アサガオ類の顔を見に出たら、ヒガンバナが咲いていました。2輪です。
左の花は柵と柱の関係で接近しづらいので
0911_higanbana2
右の花に接近。
きれいです。
もうすぐ彼岸だよ。
そうだね。お日様が春分から180度進むんだ。
地球の公転をイメージしながら観賞してください。

ニチニチソウ

0823_1nitinitisou 2017.8.23
きれいに重なった純白の花。清楚ですね。
ニチニチソウというと大体「集団」で見かけるのですが、こうやって一つだけを観賞してもまた美しい。

アズチグモ・マメコガネ

0822_33azuti_mame1 2017.8.22
ノブドウの花にアズチグモがいました。それに気づいて撮影したら、すぐ脇にマメコガネも来ていました。
0822_33azuti_mame2
この姿はまるで、アズチグモがノブドウの花を抱えて蜜を舐めているかのようですが。
そういうことってあるのかな?肉食性のクモが。蜜を舐める?
よくわかりません。
0822_33azuti_mame3
マメコガネの方はさしあたってしがみついているだけのようですが、こいつはきっと、花やつぼみや葉をかじると思いますよ。
0822_33azuti_mame4
アリもやってきて、蜜を舐め始めました。ノブドウの花は、虫たちに人気がありますね(虫気があるというべきか)。

↓マメコガネはアメリカでは Japanese beetle と呼ばれまして、日本から移入した害虫として有名です。
http://sorairo-net.com/insect/koganemushi/003.html

↓また、こんな新聞記事も見つけました

東京新聞
日本のマメコガネ 米で大発生 温暖化が影響か(2017年8月2日 夕刊)
 【ニューヨーク=共同】米中西部ミネソタ州のミネソタ大のベラ・クリスチック准教授(昆虫学)は一日、農作物を食い荒らす害虫として知られる、日本在来種のコガネムシ「マメコガネ」が州内で大量発生していると明らかにした。米メディアによると、中西部のアイオワ州やカンザス州などでも繁殖が進んでいる。
 クリスチック氏は共同通信の電話取材に応じ、中西部にはマメコガネの天敵が少なく、過去十年間の気温の上昇によって幼虫の生存率が高まったため、繁殖につながったとの見方を示した。地球温暖化が背景にあるとみられる。
 マメコガネは全長十ミリ前後で日本全土に分布。中国、カナダなどにも生息している。農業害虫として「ジャパニーズ・ビートル」と呼ばれ、米農務省によると、米国では一九一六年に初めて確認された。
 スイス南部ティチーノ州では今年六月にマメコガネの侵入が初確認された。

今年も大発生だそうです。

ツマグロヒョウモン

0822_31tumagurohyoumon1_2 2017.8.22
ツマグロヒョウモンのメスが歩 ています。
0822_31tumagurohyoumon2
地面も歩きます。
幼虫の食草がスミレなどですから、地面近くを探索しているのだと思います。
飛行しながらあたりをつけて、地面を歩いて草を探す。
幼虫もね、葉を食べ尽すと周辺を歩き回って別のスミレの葉を探すんですよ。

アゲハ、クロアゲハ、アオスジアゲハなどは、幼虫の食草が木の葉ですから、親も飛びながら探して産卵し、幼虫も地面に降りることはまずない(蛹化直前のウォンダリングの時は別として)。
食草によって、親の行動も変わる。それはそうですが。チョウが地面を歩いているのを見ると、不思議な気分もします。

0824_18tumagurohyoumon1 8.24
スミレの葉の間に歩いて潜り込んでいったりもします。
0822_31tumagurohyoumon2_2
これからツマグロヒョウモンの幼虫たちで、にぎやかになりますよ。

ヤブラン

0822_30yaburan 2017.8.22
ずいぶん実が大きくなってきました。

六郷用水跡の遊歩道を歩いていると、結構ヤブランをたくさん見かけます。以前より増えた気がします。季節を感じさせますね。

稔るほど

0822_25ine 2017.8.22

実るほど頭(あたま)の下がる稲穂(いなほ)かな
学識や徳行が深まると、その人柄や態度が謙虚になることにたとえる。実るほど頭(こうべ)を垂(た)るる稲穂かな。
広辞苑第六版より引用

あんまりこういう道徳的な話は好きではありませんけど。

じゅう‐じつ【充実】
中身がいっぱい入っていること。内容が満ちて豊富なこと。「設備の―を図る」「―した生活」「―感」
広辞苑第六版より引用

この「充実」ということばを、具体的に植物の実に使うのが好きです。
頭を垂れるのは、実が充実して重くなったから。次世代の出発の最初の一歩のために渡す栄養をいっぱい詰めたから。
命を繋ぐ姿です。

アオスジアゲハ

0822_23aosuji 2017.8.22
無事羽化。
羽化に関してはアオスジアゲハが一番気を使います。
足場が悪いと落ちてしまって羽化失敗になりやすい。

ところで、我ら夫婦、チョウたちに「仲間」と認識されてるんじゃないか。
やたらと体のまわりに飛来したり、頬に翅の風を受けたり、カメラの真ん前に飛び込んできたり。

うか‐とうせん【羽化登仙】‥クワ‥
中国の神仙思想で、人間に羽が生えて仙人となって天に登ること。
広辞苑第六版より引用

そのうち私も羽化したいものだなぁ。

キバナルコウ・マルバルコウ

0822_18kibanarukou1 2017.8.22
黄色い星。
0822_18kibanarukou2
今日これから開くのか、明日の準備か。
0822_18kibanarukou3
開きかけでしょうね。あまり見かけない姿です。

0822_19marubarukou
オレンジ色の星。
ルコウソウの仲間の花を覗くと、かなりの確率で花粉が散っています。
ハチなどが丹念に訪れているのですね。花の数はずいぶん多いのですが。
嬉しくなります。あ、ハチさんが来てくれたんだね、良かったね。

イチモンジセセリ

0822_14itimonjiseseri 2017.8.22
口を入れた先を見ているような雰囲気がありますね。
すごく擬人化したくなる「顔」をしています。
デュランタに感謝、いろんなチョウを呼んでくれます。

黄色い電車

0822_16densha1 2017.8.22
前の記事で花街道の花が薄くなったと書きましたが。
いかがでしょう。
0822_16densha2
このくらいが限界ですね。
0822_16densha3
さようなら~。

0824_10densha 8.24
懲りずに撮ってます。

すごいカメラを首から下げた初老の男性が時々この辺りで電車の写真を撮っています。
やはり、駅から出てくる電車と花、という感じを狙っているらしい。

オシロイバナ

0822_12osiroibana 2017.8.22
電鉄会社の草刈りで、源平咲きというのかな、色の混じった花の咲くオシロイバナはほぼ全部刈り取られました。
線路柵に沿って伸びた純色の株が残っています。
0822_12osiroibana2
ルリマルノミハムシが入っていました。「赤と黒」です。
0822_12osiroibana3
同様に残ったキバナコスモスと重ねて撮ってみました。
「花街道」が薄くなっちゃった。でも、多摩川線は今日も行く。

2017年9月 8日 (金)

たいらかなにちにち

20170906_07situdo
これ、9月6日と7日の気温と湿度のアメダスデータの表です。
グラフ化したって、面白くもなんともない。
横にほぼ水平な線が引かれるだけ。
この2日間、毎正時の湿度は95%を下回らなかった。
ひどすぎます。
洗濯物は乾かない。あくびをしたら口の前に霧が出そうだ。涙は乾かない。あぁ哀しい。
気温もまた同じ。グラフ化する意味ナシ。
なんだかなぁ、ちょっとこれは「こたえ」ますね。

ひと言だけ:空気がほとんど動かない中で、空気中の水蒸気量はほぼ一定。
気温が上がると、含みうる水蒸気量が少し増えますから、相対湿度は少しだけ下がる。ま、わずかながらにそんな傾向はあるようですが。大したこっちゃないですね。

たいらかなにちにち
でした。
「日々」としようかな、とも思いましたが二日間ですから、あえて「日」と「日」にしてみました。

↓参考

たいら‐か【平らか】タヒラ‥
①高低のないさま。凹凸のないさま。平坦なさま。「波―でおだやかな海」
②安らかなさま。平和なさま。源氏物語[若菜上]「昔は人の心―にて」。「心中―でない」
③平穏無事なさま。源氏物語[葵]「―に事成りはてぬれば」。「―な日々を過ごす」
広辞苑第六版より引用

フタトガリアオイガ幼虫

0821_24hutatogariaoiga 2017.8.21
葵蛾の名前通りにフヨウで葉を食べていました。
この模様が普通なのではないかと思っています。

成虫の画像はここでどうぞ↓
http://www.jpmoth.org/Noctuidae/Bagisarinae/Xanthodes_transversa.html
{名前が以前のフタトガリコヤガになっていますが、同じものです}

↓今年7月末の記事で、今回の写真のものとは体の模様が異なるタイプの幼虫について書きました。合わせてお読みください。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/07/post-0d41.html
2017年7月28日 (金) フタトガリアオイガ幼虫

キマダラカメムシ

0821_21kimadarakamemusi1 2017.8.21
先日の記事で、初めて見たカメムシとしてご紹介しました↓
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/08/post-3273.html
2017年8月 7日 (月) キマダラカメムシ

今回は、妻と一緒の時に見ましたので、これキマダラカメムシっていうんだよ、と「蘊蓄」を披露。{2回目のくせにね}
あら大きなカメムシなのね、と妻。
0821_21kimadarakamemusi2
やはり歩くのが速い。すぐ後姿になってしまいました。
東京まで生息範囲を広げてきたのは比較的最近のようです。
これから増えるのかな。

http://www.insects.jp/kon-kamekimadara.htm
昆虫エクスプローラ > 昆虫図鑑 > キマダラカメムシ

↑幼虫の写真などもありました。関心があったらご覧ください。

ゼフィランサス

0821_17zephyranthes1 2017.8.21
もう終わったのかな、と思っていたら、また咲いてくれました。
NHKの趣味の園芸のサイトから引用↓
https://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-399

ゼフィランサスは、白い花を咲かせるタマスダレ(Zephyranthes candida)とピンク色の花のサフランモドキ(Z. grandiflora)が最もよく親しまれています。特にタマスダレは耐寒性もあり丈夫で、放任でよくふえます。
・・・

なるほど、白はタマスダレで、ピンクはサフランモドキなのか。
名前がいろいろこんがらがってしまっていましたが、こういう識別で覚えることにしましょう。

ヤノネボンテンカ

0821_13yanonebontenka1 2017.8.21
庭のヤノネボンテンカはもう活動していませんが、線路際に植えた株は元気に活動しています。
ここには5輪写っていて、残りの3輪の白い花は白髭咲きのアサガオです。
0821_13yanonebontenka2
朝の姿です。
昼過ぎには、メシベの柱頭が開いていきます。
この分だと、まだまだ咲き続けそうですね。

アサガオ

0822_7asagao1 2017.8.22
現在我が家で咲いている中では、一番「普通」のアサガオかな。
濃いピンク。
0822_7asagao2
門の高いところで咲いていたので、カエデを背景に入れて、緑の中の一輪、にしてみました。
きれいだな。

八重咲きアサガオ

0821_5yaeasagao 2017.8.21
これはベランダで栽培。

0822_3yaezaki1 8.22
朝、雨戸を開けると右手に咲いています。サンダルをつっかけて見に行きます。
八重咲きの隣に、親木の花も咲いています。八重咲きを狙って咲かせることはできませんので、八重咲きが出るといいな、とたくさん種を播きます。八重にはなりませんでしたが、おそらくその遺伝子が潜性で入っている花です。
0822_3yaezaki2
その親木の花の中にオンブバッタがいました。
なんだか、おいしいらしいですよ。オンブバッタにとっては。
穴の対称性を考えると、これ、花が開く前にかじったんじゃないかな。
開いた後にかじった部分もあるかもしれませんけど。
君は庭で別の草を食べなさいと、つまんで下の庭へ投げてやりました。ごちそうにありつけるといいね。
0822_3yaezaki3
花弁の中ほどにある穴の並び方は、畳まれた状態のところをかじった跡でしょう。
折り紙を三角に畳んで、ハサミで小さな切れ込みの穴を作って紙を開くと、きれいな模様になった穴ができますよね。
多分、あれと同じことをオンブバッタがやったのでしょう。

斑入り葉のアサガオ

0821_2asagao 2017.8.21
これも正しい名前にするとすごい名前なのではないかな。
「斑入り葉」のアサガオ、と呼んでいますが。
いろんなアサガオが乱れ咲いています。
もし見ていただけるなら、と門の前に置いて咲かせています。

采咲きアサガオ

0821_1saizaki0 2017.8.21
珍しいでしょうから、このスマートな花を愛でてください。
0821_1saizaki1
すっきりとした立ち姿。
0821_1saizaki2
花弁の尖端を繋げば、アサガオの形になりますね。

https://www.rekihaku.ac.jp/outline/press/p160726/index.html
このページの下の方から引用します。

 江戸時代に育まれた園芸植物の中で、変化朝顔には特異な名称がつけられています。第一次ブーム(文化・文政期)の番付表にはその走りが見られますが、第二次ブーム(嘉永・安政期)に基本ができあがります。それは葉の色、模様・質・形、茎の形、花の色・模様・花弁・咲き方・花弁の重ねを順番に記述し、必要に応じて付加してゆく命名法で、現在の遺伝学から見ても非常に理にかなったものです。
 たとえば「青水晶斑入弱渦柳葉淡藤爪覆輪采咲牡丹(あおすいしょうふいりじゃっかやなぎばあわふじつめふくりんさいざきぼたん)」を見てみましょう。まず始めに、葉についての記述です。青(葉の色)・水晶斑入(模様)・弱渦(質)・柳葉(形)に分解できますが、これは青葉の水晶斑入で、「渦」と「柳」の突然変異が入った葉であることを示しています。次に、花についての記述です。葉の記述と同様に、淡藤(花の色)・爪覆輪(模様)・采咲牡丹(咲き方)に分解できますが、淡藤の地に覆輪が入った花色で、撫子のような花弁で、采咲という細かく切れた咲き方であることを示しています。

「青水晶斑入弱渦柳葉淡藤爪覆輪采咲牡丹」というのが、多分我が家で咲いてくれているものの、本名じゃないかとも思います。

ハイビスカス

0820_12hibiscus 2017.8.20
長く咲き続けます。
緑の葉との対比が鮮烈で、どうしても目が留まります。

0823_9hibiscus 8.23
つぼみもまだありますので、まだ咲き続けてくれるらしい。

私はどうもハーブティーは苦手なのでよく知らないのですが、ハイビスカスの品種にはティーになるのもあるのだそうです。
アオイ科ですからね、マロ―ブルーというようなお茶もありますよね。
マシュマロの「マロウ」は、トロロアオイの仲間のようなものが原料の一つですよね。
生活に身近な植物なのです。

アゲハ

0820_9ageha1 2017.8.20
キバナコスモスの花にアゲハが来ていました。
花にとまっていたのですが、電車が来て飛び上がりまして、その瞬間がたまたま写ったものです。背景にぼやけているのが電車の車両の下の部分です。
0820_9ageha2
花にとまったところを狙いました。
花から花へ移動していきます。ずっと狙っていましたら
今回の目玉!
0820_9ageha3
真正面から、こんなショットが。
写した本人がしびれています。美しい。
0820_9ageha4
あっちの花。
0820_9ageha5
こっちの花。
無我夢中というのはこういうことですね。
アゲハが飛び去るまで、ひたすら追い続けたのでした。
至福の「時」を味わいました。

2017年9月 7日 (木)

天気図と風+++

17090209
台風15号の時の天気図です。
台風の周囲には反時計回りの風が吹く。
そばの閉塞前線の北側では台風へ向かって北東あるいは北北東の風が吹くはず。
関東に北東風が入る時は夏でも冬でも天気が悪い。
そういう基本的な「感覚」がありますよね。
201709021130wind
これは風の様子です。天気図と合わせてごらんください。
天気図が読めれば、風のおおよその動きもわかるんです。それがこうやって可視化されるようになって、面白いなぁ、とは思いますが。やはり基本は天気図。

NHKの気象予報士さんがね「台風に向かって北からの風が吹く」といって、グラフィック画面の右横のパーツから北風を選んで画面にタッチして表示した。ナント!それは北西風だったのです!勘弁してよね、この天気図で北西の風が吹くわけないでしょ。基本的な気象感性を疑いますよね。素人の私が見て、うわぁ気持ち悪い、と思ったくらいですから。手描きを選択して指示棒の先端で手描きで北東風を描けばいいじゃないですか。そんな基本センスを欠いた方の予報は聞くに値しない、とさえ思ってしまいます。この場合に大事なのは知識より感性の問題じゃないのかな。資格を取っているのだから知識はあるんですからね。

だいたい、NHKの気象情報は「情報過多」で「喋りすぎ」なんですよね。情報は多い方がいいと思い込んでませんか?
ものすごい勢いでまくしたてられると、情報の内容は聞こえなくなるんですよ。終わるとほっとする。で、何を言ってたんだっけ?わぁ、わからねぇや。に、なるんだなぁ。
発話の素人がまくしたてちゃいけません。プロのアナウンサーが適正な速さで間を置きながら原稿を読んでくれたほうがずっとわかりやすい。
重複した情報を整理して、不要な情報を削って、じっくり「間」をとった話し方を「修練」してくださいな。

★辞書を引いてみました。

立板に水(たていたにみず)
物事がとどこおらずになめらかにゆくさま。転じて、弁舌がすらすらとしてよどみのないさま。狂言、伊呂波「そのやうに―を流すやうに仰せられては、え覚えませぬ」横板に雨垂れ

横板に雨垂(よこいたにあまだれ)
つかえながらする下手な弁説のたとえ。立板に水
広辞苑第六版より引用

そのやうに立板に水を流すやうに仰せられては、え覚えませぬ
昔の人もそうおっしゃてますよ。
「横板に雨垂」って、この歳になって初めて知った。笑えますね。辞書は引いてみるもんだ。

★思い出すに、子どもの頃、テレビなんかなくって、ラジオ・ドラマというのがありました。徳川夢声さんの「宮本武蔵」なども聴いた覚えがあるように思います。
夢声さんは「間」の名人。言葉と言葉のあいだの「音のない時間=間(ま)」が台詞の意味の伝達には重要だとおっしゃっていましたよね。言葉の「音」だけを伝えるなら、まくしたてたって同じなんですが、意味が伝わらなくなるんです。
心したいものです。ただしゃべればいいってもんじゃない。
教師もね、喋りまくればいいってもんじゃない。ふっ、と間を置くことで引き込まなくっちゃね。授業って「ライブ」なんですよ。生徒と教師の呼吸の間(あいだ)で成り立つ。

★おそらく音楽も同じなんですよ。西欧の音楽はどちらかというと「音が充満」してますよね。
無音の「間」というものに、何か不安というか恐怖感があったのかな。「自然は真空を嫌う」という、充満の哲学・神学の影響かな。でも、現代音楽では、間の大切さも生かされるようになってきましたかね、そんな気分はある。
尺八とか鼓とか、無音の時空にたった一つの音で、すべてを語ってしまうというところがありますね。
昔、ツトム・ヤマシタの打楽器演奏を聴いたときの衝撃は忘れられないな。「間の響き」というものがありましたよね。
演奏中に烏が鳴けば、それもまた演奏の一部になってしまうような、不思議な演奏でしたっけ。

黄色い電車

0820_5densha1 2017.8.20
珍しい日でした。この黄色い電車を1日に5回も見ました。
この電車、子どもたちにも大人気でしてね。
前日の土曜日に蒲田へ行ったとき、改札口のあたりで、親子連れの「ねぇ、黄色い電車来ないかなぁ」というような声を2,3回聞きましたよ。見たいなぁ、乗りたいなぁ、という気持ちが溢れていました。じいちゃんも乗りたいゾ。
私共夫婦、沿線住民のこととて「鉄粉」をかぶっているらしく、結構せっせと写真を撮る。
妻は、花街道を行く多摩川線、というのが気に入っていて、私、撮り鉄になっちゃったわ、と笑いながらカメラを構えております。

アズチグモ

0820_4azutigumo1_2 2017.8.20
線路柵際。これはノブドウなんだよなぁ、と改めて花を見ていたら
0820_4azutigumo2_2
アズチグモがいました。結構、色が紛れていますね。
別に蜜を吸っているわけではないのでして、小さな昆虫に好かれる花ですから、昆虫を待ち伏せているわけです。
0820_4azutigumo3
何か用かい、邪魔しないでよね、といわれた。
仮面舞踏会の仮面みたいな部分、これを撮りたくってね。
これ以上の邪魔はしませんでした。

キアゲハ夏型メス

0820_1kiageha1 2017.8.20
わ、キアゲハだ!と私が叫んで、そばにいた妻も、キアゲハだ、でもなんだか変だ、と。
0820_1kiageha2
こういう風に見る分にはキアゲハそのものなんですが。
0820_1kiageha3
翅の体の両脇の部分が妙に黒くて、よく見る(見たつもりになっている)キアゲハより迫力があるんですね。
なんだなんだと二人で大騒ぎ。
0820_1kiageha4
デュランタの花のあちこちを飛び回って蜜を吸っている。
0820_3kiageha
余韻冷めやらぬままに、どういうことなのかなあと迷って。
そうか、季節型というのがあったっけ。調べてみなくっちゃ。
いい写真があったのですけれどリンクはしません。
結論だけ言いますと、タイトルのように
キアゲハ・夏型・メス
です。春型より大柄で、黒っぽい部分が多くてパワフルな感じで迫力があります。
季節型を忘れていまして、迂闊でした。

ブドウ

0819_28budou 2017.8.19
おいしそうでしょ。
試食してみました。まだ硬くて酸っぱい実もありますが、じゅーしで甘い実もある。
期待できますね。雑な袋かけをして、熟させて、飲むように食べたい。
食い意地がうごめいておりますよ。

クロウリハムシ@カボチャ

0819_27kurourihamusi1 2017.8.19
地面に植えたカボチャの蔓が、ベランダまで登ってきました。
妻が葉を見たら、クロウリハムシがいた。
円形に溝を掘って、植物体が送ってくる阻害物質を遮断したうえで葉を食べた。
トレンチ行動といいますが、その痕がくっきり。
その向こうにもう一匹、黄色い腹が見える。
0819_27kurourihamusi2
で、妻は裏側も見まして、撮影。
両面から食べてます。
黒瓜葉虫が南瓜の葉を食う、何の不思議もなけれども。
なんだかな。私共は、南瓜の実を食べたいんだけどな。

オオスカシバ

0819_26oosukasiba1 2017.8.19
成虫はよく見かけますが、今年はヒメクチナシの保護に力を入れてますからね、申し訳ないことです。
0819_26oosukasiba2
デュランタやランタナで蜜を吸うのは一向にかまわないのだけれど、幼虫にヒメクチナシの「剪定」をされると、丸坊主になってしまって、翌年の花がダメになってしまいます。終齢幼虫の食欲というのはものすごいものなのです。で、木は小さいからな、あまり寛容になれない。
つらいところです。

トカゲ

0819_20tokage 2017.8.19
今年はカナヘビよりもトカゲを多く見かけます。走り回っていますよ
これはもう成体ですね。
生まれたての赤ちゃんトカゲを見たい気もしますが、果たせません。
卵を見つけなくちゃいけないでしょうね。

キマダラセセリ・イチモンジセセリ

0819_19kimadaraseseri 2017.8.19
キマダラセセリです。イチモンジセセリより明るい感じがします。黄色味があるからですね。
0819_24itimonjiseseri
同じ日のイチモンジセセリ。別に人懐っこいというのでもないでしょうけれど、敏捷な割に接近しやすいチョウです。

0820_7itimonjiseseri 8.20
キバナコスモスにて。
チョウが蜜を吸う姿って、すごくしあわせ感一杯で、好きです。
おいしそうなんだもんな。
頭部にポンプがあって吸いこんでいます。
人間だと口と喉の機構で飲みこみますけどね。

ヒメイトカメムシ

0819_18himeitokamemusi 2017.8.19
こんなに何度も交尾を見かける。おそらく産卵数も相当なものでしょう。でも、そうそうたくさん成虫を見るわけでもない。
100の卵から成虫が1匹とか、おそらくものすごく厳しいのでしょう。
なんせ小さな成虫ですので、幼虫だって小さい。そして小さな肉食生物もいっぱいいるはず。
成虫までたどり着けた個体たちは祝福してあげなければなりませんね。

コニシキソウ

0819_17konisikisou 2017.8.19
コニシキソウという、いわゆる雑草ですね。
トウダイグサ科 > ニシキソウ属 > コニシキソウ
なのですが、トウダイグサもニシキソウも知らないんです。困ったもんだ。
ニシキソウより小さいからコニシキソウなのだそうですが。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/euphorbiaceae/toudaigusa/toudaigusa.htm

・・・
 トウダイグサという名にはじめてであったのは、小学校時代の多肉植物の通信販売カタログ上であった。トウダイグサ科・・・・東大草? 灯台草? 正解は室内照明に用いた灯明をおく「灯台」であった。1本の茎が伸び上がり、30cmほどのところで広がって、皿に菜種油を入れた灯明をおく灯台に例えているわけである。

↑なるほど納得という写真もあります。ご覧ください。

http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/euphorbiaceae/nisikisou/nisikisou.htm
ニシキソウの写真があります。

2017年9月 6日 (水)

ルリマルノミハムシ

0819_16rurimarunomihamusi 2017.8.19
玄関前に腰を下ろして、脇のニチニチソウを低いアングルで眺めていましたら。
ルリマルノミハムシが歩いていって、隣の花の花弁に移ろうとしました。
ちょっと段差があるんですね。
見ていたら、いかにも「よっこらしょ」と脚をかけてよじ登るようでしたので、笑いながら撮影。
ごくろうさん、飛ばずに歩くのも大変そうだね。

カタツムリ

0819_9katatumuri 2017.8.19
昔の火鉢を水槽にしたもの。
そこをカタツムリが歩いていたと妻が撮影。
陶器面が濡れていて、カタツムリが気持ちよさそうに伸び伸びと歩いていたのよ、と嬉しそう。
0819_9katatumuri1
なるほどね、典型的な姿なのですが、それを見ることが少なくなっているんだな。
雨の日の線路柵でたくさん見かけたこともありました。
以前より多少生息数が増えているのかな。
都会は「乾燥」してますから、カタツムリには厳しい環境でしょうね。

八重咲きアサガオなど

0819_3yaeasagao1 2017.8.19
雨戸の戸袋前にネットが張ってありまして。
今年は八重咲きの当たり年。
この画像で、5,6輪写っています。判読は難しいでしょうけど。
0819_3yaeasagao2
右のは親木。こういう親木の種子を採取しておいて来年に備えなければなりません。
0819_3yaeasagao3
一緒に咲いたのに、大きさが全然違う花。矮性とかいうことでもないと思いますが、時々こういうことも起きる。
0819_3yaeasagao4
下の方で咲いていた花。みんな見てあげなくっちゃ、という気にさせられます。
0819_6huiriba
これは門の前で咲かせている株。
八重ではありません。葉が斑入り。花の形自体はほぼ普通ですが、白っぽい縁取りがあります。
毎朝の、アサガオ観察が続いています。

稲・青天の霹靂+

0819_2inesasagumo 2017.8.19
撮影の意図は、実がはいってきたな、というところ。
ところが、意図していないのに、「守護神」ササグモが写っていました。
米を食いに来る「害虫」は食べてあげるよ。と。
ありがたいことです。
きっと豊作になるでしょう。

オンブバッタ

0818_41onbubatta 2017.8.18
8月の中旬でもまだ終齢幼虫ですか。そうなのか。
もう成虫になって繁殖に向かう頃じゃなかったのか。
もっと秋なんだね、きっと、繁殖は。

ところで、
朝日歌壇 2017.8.28
日盛りの午後の静けさセリセリと紫蘇の葉を食むちいさな飛蝗(ばった):越谷市・黒田祐花
この歌を、妻に読み聞かせましたら、笑って「オンブバッタね」と。
オンブバッタはいろいろな植物を食べますが、シソは特に好みらしくて、紫蘇の葉に穴が開いていたら(葉の縁がかじられたではなく)、まずオンブバッタですよ。
な。

ヘクソカズラ

0818_38hekusokazura1 2017.8.18
あれ?何だか変?
花弁がとんがっていて、まるで勲章かなんかのよう。
それもそうなのですが
7枚あるよ。
0818_38hekusokazura2
近づいて見ると、こうなんです。
「私、まちがっちゃったかしら」
まあね、ちょっと違うけど、いいのさ。
0818_38hekusokazura3
花として異常をきたしたわけではないでしょう。
なぜか、7になっちゃった。
ラッキーセブンだよね。
0818_38hekusokazura4
一応、これが標準形ではありますが。
時々起きますねこういうこと。

0819_21hekusokazura1 8.19
意外と頻度が高いのか?
今回は6だ。
0819_21hekusokazura2
何が原因なのかはわかりません。
しあわせだなぁ。

フウセンカズラ

0818_35huusenlazura 2017.8.18
左の方に膨らみ始めたミニ風船があります。
小さいということを表現したくて、右に大きくなった風船を一緒に写しました。
右の風船はこれ以上大きくはなりません、この後は色が褐色に変化していくだけです。
緑の茂みの中を覗いていると、楽しいものですよ。
夏の「草熱(いき)れ」というものは、成長、成熟、土への帰還、などがないまぜになったものです。
旺盛な生命活動と、それを支える土への帰還。
人もまた。

マルバルコウ・クロウリハムシ

0818_33marubarukou 2017.8.18
なるほど「マルバ」だと思っていただければ。
そして来年への時の継続を感じ取っていただければ、という写真です。
0818_34marubarukoukurourihamusi
マルバではありますが、少し尖ったところも。
そこにクロウリハムシがいました。
葉に食痕はあまりないので、ま、たまたま飛んできて着地したらここだったということでしょう。

アブラゼミ

0818_32aburazemi 2017.8.18
今年は目の前で鳴くセミを撮影することができませんでした。
上の写真の一回くらいかな。
いつもは、木の幹や低い枝で鳴く姿を撮影できましたが。
日の出とともに鳴き始めていたのが、ほとんどなくなり、セミの種類もツクツクホーシに移行し。
季節が進んでいきます。
この頃は、コオロギなどの「秋の虫の音」がボリュームを増してきました。
「すだく(集く)」というほどでもないですけどね、今のところ。確実に耳をうちます。
虫の種類の変化に季節の移ろいを感じるかかしです。

アオドウガネ

0818_31aodougane 2017.8.18
木の葉でも食べている分にはそう目立ちませんが、花のつぼみや花弁も食べますので、そうなると、やられたぁ、という気分になります。
とはいえ、この写真のように、よたよたと歩かれると、たまには車も来るんだから危ないよと、つまんで安全なところへ移動させてやったりして。
翅も畳み切れたないしな。
虫好きとしてはそういうことになってしまいます。

2017年9月 5日 (火)

ササグモ

0818_30sasagumo 2017.8.18
脚を何本も失ったササグモです。
まだ出嚢前でしょう。

0824_19sasagumo 8.24
もう子グモは全部出ていったようですね。
母グモもいませんでした。おそらく命が終わったのだと思います。
子孫の生存率を上げる行動だ、といえばそうなのですが、どうしても人間の感情を移入しそうになります。

采咲きアサガオ

0819_15saizaki1 2017.8.19
毎朝、雨でない限り、様子を見に出るのが習慣になりました。
0819_15saizaki2
蔓の根元側から先端側へ、ゆっくり咲き進んでいます。
普通のアサガオは昼にはしぼみますが、采咲きは少し花もちが長い。
今年はたくさん見られて、嬉しいな。すっきりした佳い姿ですね。

ミツバ

0818_25mituba 2017.8.18
ミツバです。
さて、これは私共の口に入るのか。キアゲハがやってきて「お世話になりま~す」と食べるのか。
夫婦二人して、にやにやしながら成長を見守っています。
私共はキアゲハにはどうあがいてもかなわない、というひよわな夫婦ですから。

フヨウ

0818_23huyou1 2017.8.18
花の杯に朝日をなみなみと湛えたフヨウの花。
隣りには終わった花も写っています。
0818_23huyou2
これもまた美しい。
0818_23huyou3
葉の上に落ちていた終わった花。
こんな風にごそっと落ちます。結実率は高いですよ。
つぼみ、花、実、といっぱい。例年になく華やかに咲き誇っています。

タチアオイ・白髭咲きアサガオなど

0818_16tatiaoi 2017.8.18
またアングル狙い。
低い位置で咲いているタチアオイの向こうにキバナコスモスやオシロイバナを入れてみました。
0818_17sirohige_kibana
キバナコスモスの花に囲まれる白髭咲きアサガオ。
「色とりどり」を楽しみます。
「一色」は苦手だから。

ヒメハラナガツチバチ

0818_15himeharanagatutibati1 2017.8.18
おなじみの格好。
キバナコスモスの花にしがみついて丸くなるヒメハラナガツチバチ。
これからこの姿が増えると思います。
0818_15himeharanagatutibati2
毛むくじゃら感が少ないのが気にはなっていますが、多分間違いないと思います。
刺しません。素手で捕まえようなどとしたら噛みつくかもしれませんが。
むやみと「ハチだ」と怖がらないように。

ヤノネボンテンカ

0818_14yanonebontenka1 2017.8.18
アングル狙い。向こう側はキバナコスモスです。
0818_14yanonebontenka2
右上がキバナコスモス、右下はヒャクニチソウ、白い点々はフウセンカズラ。
ヤノネボンテンカの花の上付近の白い花はヒメジョオンでしたか。
にぎやかでしょ。花の声を聞いてやってください。

モノサシトンボ

0818_10itotonbo 2017.8.18
朝、アサガオの様子などを見に出たら、門柱の上の高い位置にイトトンボがいました。
光の具合も悪いのですが、羽化したてなんじゃないか。模様が現れていない気がしました。
で、妻には、イトトンボがいたようだ、ということだけ伝えました。

0821_15monosasitonbo1 8.21
イトトンボがいた、と妻が撮ってきてくれました。
これはモノサシトンボですね。
スイレンのつぼみにとまっている。多分私が見かけたのと同じ個体ではないでしょうか。
0821_15monosasitonbo2
スイレンの鉢のそばのハイビスカスに移動。
0821_15monosasitonbo3
水回りの環境が「蚊」のせいで無茶苦茶になっていますから、トンボたちには申し訳ないことになっているのですが。
スイレンの鉢は去年網をかぶせて蚊を防いだはず。ここに産卵できたのかなぁ。よくわかりません。

0822_6monosasitonbo1 8.22
翌日私も見ました。スイレンの鉢の縁です。
0822_6monosasitonbo2
気づかれまして、ちょっと移動。
しかしなぁ、今年、ここで、配偶相手はいないんじゃないかな。
人間側の事情で、ごめんね。

オジギソウ

0818_8ojigisou 2017.8.18
不思議な花ですよね。これが大好き。
これもマメ科なんですけど、通常の豆科の花と違って、ネムノキ亜科なんですね。
前の記事の落花生と同じ科の「花」とは思えない。
でも、果実は「豆」なんですよね、これがまた不思議。
0818_22ojigisou
このあいだ気づいた葉の先端。妙にかわいい。
トリミングしていて気づいたのですが、葉の向こう側に子グモがいるようですね。
想像するにササグモの幼体じゃないかな。元気でな。

落花生

0818_1rakkasei 2017.8.18
きれいでしょ。カナリア・イエローとでもいいますか、濃い黄色が何ともいえませんね。

0821_6rakkasei 8.21
この花を見るだけのために栽培してもいいんじゃないかな。満足できます。
0821_6rakkasei2
カメラを低くして。
ベランダでの栽培なので、ペタンと座って見ることができるんです。

0822_1rakkasei1 8.22
花が終わりますと
0822_1rakkasei2
土に潜るわけです。
英語にも groundnuts という呼び方があるようですね。
実るかどうかはわかりません。そのうちそっと覗いてみましょう。

2017年9月 4日 (月)

駒繋

下の記事でコマツナギを間違って萩としてしまって、訂正したのですが。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2017/09/post-6ea0.html
2017年9月 1日 (金)  萩←訂正します「コマツナギ」でした
この中の引用文に

丈夫なので、これに馬のたずなをつないだことから「駒繋ぎ」と呼ばれるようになったという。

こういう記述がありました。
この一文が、私の記憶を揺さぶりまして、改めて記事を書きます。

★実は私、世田谷区立駒繋小学校の卒業生なのです。
2年生から6年生までを過ごしました。団塊世代ですから、1クラス50人くらいいて、一学年が10クラスくらいあったのかな。全貌はわかりません。なんせ人が多くて、学級内の全員の名前を覚えるのに一学期くらいかかったような記憶。すごいでしょ。
さて、多分社会科で、「駒繋」の由来も習ったような気がします。みなもとのなんとか、という武将が、この付近で馬からおりて(これが、しもうま(下馬)の由来)、馬を繋いだので「駒繋」となった。というような話だったような、あいまいな記憶。
あのあたり馬がらみの地名が多いんです。駒留というのもありますね。
今回、駒繋神社のHPにあたってみました↓
http://www.komatunagi.jp/414219144
駒繋神社

・・・
その後文治五年七月(西暦1189年)源頼朝公が奥州の藤原泰衡征伐のため、自ら大軍を率いて鎌倉を発しこの地に至った時に、往時義家公が子の神(当社)に参拝したことを回想し、愛馬より下りて駒(馬)を境内の松(駒繫松 現在は四代目を育てており境内には松はありません)に繫いで戦勝を祈願したと言われており、この故事により「子の神」が「駒繫神社」とも呼ばれるようになり、明治以降に正式に「駒繫神社」と称せられるようになりました。
・・・
源頼朝公が、奥州藤原氏征伐にあたり大軍を率いて多摩川の矢口を渡り、今の目黒区と世田谷区の境の道を渋谷に向って進む途中、乗馬にて沢を渡ったところ、馬が何かに驚いて暴れだし、沢の深みに落ちて死んでしまいました。この場所は、砂利場といわれ赤色の山砂利が出るところでした。そのため、馬を引き上げようとしても砂利が崩れて引き上げられず、馬が死んでしまったので、沢の岸辺近くに葬り塚を作り、馬が芦毛であったため芦毛塚と名付けられました。
その時に源頼朝公が「これから先、この地に来たときは、必ず馬から下りて沢は引いて渡れ」と厳命し、この沢を「馬引きの沢」と名付けました。(この沢は、蛇崩川で砂崩川とも書かれ、現在の蛇崩川緑道になっています。)
・・・
この源頼朝公の古事により駒繫神社付近一帯を「下馬引沢村」(馬から下りて沢は引いて渡る村)と呼ぶようになり、大正14年町制がしかれたため、引沢村が取れて下馬になりました。
また、芦毛塚は、もともと祠でしたが昭和44年8月24日に下馬史跡保存会の第一事業として、「芦毛塚の碑」が建設されました。
下馬史跡保存会刊 「しもうま」より一部引用

ま、こんなところです。芦毛塚というのも知ってます。蛇崩(じゃくずれ)川もすぐ近くだったな。目黒川の支流になるのかな。
小学生の頃に「繋」というメンドクサイ字が書けたのです、スゴイでしょ。
駒繋神社は普段の遊び場所でした。藤棚があったという記憶があります。
当時は、神社の祭礼が優先で、秋の祭礼の日には学校が休みになったのですが、そのうち、祭礼の方が土日に移動してしまって、つまんなかったな。
駒繋神社の前の蛇崩川に、イチョウの並木があって、銀杏がいっぱい落ちました。
結婚してからも近くに住んでいましたので、結婚した年の銀杏、子らが生まれた年の銀杏などを鉢に蒔いて盆栽風にしたものが今もあるんですよ。古い話になったなぁ。

思わぬところで「駒繋」に出会ってしまって、思い出話でした。個人の思い出につきあわせてしまって申し訳ありませんでした。

じゃ‐くずれ【蛇崩れ】‥クヅレ
がけなどの崩れること。また、その崩れた所。山くずれ。
広辞苑第六版より引用

8月の気温など

まとまりましたのでお目にかけます。
201708kion 気温
7月の中頃に気温のピークになりまして、それ以降は下がったのです。
猛暑日もありましたけれど、8月は低め。日照時間の短かった時期にはやはり平年を下回ることが多かったですね。
201708heinensa 平年差
平年差で見ると7月のピークがはっきり見えます。
7月のピークでは平年より4℃以上高かったのが、8月の谷底では3℃以上も平年を下回ったりして。
この「落差」がきつかったですね。これから涼しくなっていくと、疲れがどっと出てきますよ、ご注意ください。
夏バテというのは、9月、10月涼しくなってから押し寄せてくるものだ、と思っています。
201708situdo 湿度
6月から8月にかけて湿度は全体として上昇しました。梅雨の時期より8月の方が湿っぽいんですから嫌になる。

なんだかなぁ、出来事が極端に現れる、という気がします。この先どうなるんでしょうね。

今年の梅雨や日照時間

★9月1日に気象庁の発表がありまして。
8月 都心の日照過去最少 雨の日は最多タイ27日(東京新聞 2017年9月2日 朝刊)

 気象庁は一日、天候不順だった先月の関東甲信地方の日照時間が平年の64%しかなく、八月としては戦後六番目に少なかったと発表した。また、関東甲信の今年の梅雨明けを当初発表の「七月十九日ごろ」から「同六日ごろ」に修正した。平年より十五日早く、一九五一年以降の統計で四番目に早い梅雨明けとなった。
 八月は太平洋高気圧の張り出しが弱く、オホーツク海高気圧が居座ったため、湿った北東風の影響で雲に覆われる日が多かった。特に中旬は涼しかったが、関東甲信の月間の平均気温と降水量は平年並みだった。
 地点別でみると、東京都心の日照は平年の半分の約八十三時間で八月では過去最少。宇都宮市では平年の39%の五十四時間で、過去二番目の少なさだった。都心の八月の雨日数(降水量〇・五ミリ未満の日を含む)は計二十七日で、同月として過去最多タイを記録した。
 梅雨の期間は、実際の天候経過を踏まえ毎年この時期に見直している。東北地方の梅雨明けは当初「八月二日ごろ」としたが、その後も続いた天候不順のため「特定しない」と変更した。

要点は
●関東甲信の梅雨明けを「7月19日ごろ」から「7月6日ごろ」に修正。
●都心の8月の雨日数は計27日で、最多タイ記録。
●東京都心の8月の日照時間は83.7時間で過去最少。
こういうことです。発表資料は、この記事の終わりの方でリンクします。

★さて、ここでは東京の日照時間について書きましょう。
201706_08nissho 日照時間
これは、今年の6月から8月の毎日の日照時間と、平年値をグラフ化したものです。
棒グラフが毎日の日照時間、折れ線グラフが平年の日照時間です。
(8月31日は日照時間が0でしたので、棒がありません。グラフの中で棒がないのは同じく日照時間0の日です。)
横軸の6/7と7/6のところに赤っぽい四角を記入しました。この間が梅雨期間です
修正される前の7/19のところには黒い四角を書き込んでおきました。
修正前だと、梅雨の後半にやたらと日が照ったことになります。
修正後は、梅雨が明けてぐんと晴れ間が増えた、となりました。
やっぱりなぁ、東京に生活するものとして、今年の梅雨は「変」だったんです。
梅雨に入っても晴れ間が多くてね、本当に梅雨入りしたのかねと疑いましたが、今でもその疑いが完全に晴れたとは言い難いですね。
グラフを描くにあたって、データをエクセルに入れましたが、各月毎の日照時間の計を下に書きます。

         今年           平年
6月    158.8    125.7    126    %
7月    189.1    144.1    131    %
8月     83.7    170.6      49.1%

6月、7月は平年を上回る日照時間でしたが、8月は半分弱。
7月の下旬からですね、日照時間が減ってしまったのは。
梅雨といい、盛夏といい、なんだか妙な具合でした。

★気象庁の発表試料です↓
下のリンクは「概要」へのリンクです。概要の下の方に、資料全文(PDFファイル)へのリンクがありますから、たどってください。

http://www.jma.go.jp/jma/press/1709/01a/tenko1708.html
8月の天候
報道発表日 平成29年9月1日

http://www.jma.go.jp/jma/press/1709/01b/tenko170608.html
夏(6~8月)の天候
報道発表日 平成29年9月1日

http://www.jma.go.jp/jma/press/1709/01c/tsuyu2017.html
平成29年の梅雨入り・明けと梅雨の時期の特徴について
報道発表日 平成29年9月1日

もみず

0817_30momiji12017.8.17
あれ、紅葉が始まった?
0817_30momiji2
斯くばかりもみづる色の濃ければや

もみ・ず【紅葉づ・黄葉づ】モミヅ
自上二(奈良時代には清音で四段活用。平安時代以後、濁音化し、上二段活用に転じた)草木の葉が秋の末に、紅または黄に変わる。後撰和歌集[秋]「斯くばかり―・づる色の濃ければや」
広辞苑第六版より引用

わぁ、気取っちまった。
植物名としてはカエデです、もちろん。

ベニフキノメイガ

0817_28ga1 2017.8.17
デュランタにとまっていたのを一枚。
0817_28ga2
ぱっと飛んで、止まったところをもう一枚。
腹側が撮れました。腹側ではちょっと判断しづらいので、背側の模様で考えるに。
「ノメイガ」という仲間ではないか、と見当をつけて検索したら、おそらく
ベニフキノメイガ
で間違いないと思います。

http://www.jpmoth.org/Crambidae/Pyraustinae/Pyrausta_panopealis.html

ベニフキノメイガ Pyrausta panopealis (Walker, 1859)
科:ツトガ科(Crambidae) ノメイガ亜科(Pyraustinae)
属:Pyrausta Schrank, 1802

【幼虫食餌植物】 シソ科:シソ、エゴマ

我が家にシソ科はあります。うちのを食べたかな。
ガは種類が多くて、難しい、もし間違ってたらゴメンナサイ、訂正してください。

イチモンジセセリ

0817_27itimonjiseseri 2017.8.17
このチョウが好きでして。見かけるとどうしても撮りたくなる。
胸部背面の毛ですが、ここでは少し青っぽいかなという程度ですが、光の関係がうまくいくと、虹色に見えますよ。頭部の背面も虹色っぽくなるかな。
じっくり観察してください。

ダンゴムシ

0817_26dangomusi 2017.8.17
ダンゴムシの成体の脇に幼体がいました。
正式にはオカダンゴムシですが、ま、ダンゴムシでいいでしょう。
コケかなんか食べているのでしょう。コンクリートの表面をかじるという話もあります。
保育園児がお散歩に来てダンゴムシを見つけると大喜びですね。
触ると球になってしまうのが面白くて仕方がないようです。幼子のアイドルですね。

ハムシか

0817_24hamusi1 2017.8.17
これがよくわからない。
ハムシの仲間かな、とも思うのですが。
0817_24hamusi2
いくつかの昆虫サイトを眺めても、これだ、というのに出会わなくて。
教えてください。この虫、何という虫ですか?

ルコウソウの仲間たち

0817_23kibanarukou1 2017.8.17
キバナルコウ。
ルコウソウの仲間が出そろいました。
0817_23kibanarukou2
キバナルコウのつぼみ
つぼみはやっぱり色が濃い。
0817_25marubarukou
マルバルコウ。
似たような花なので、葉と一緒に写しておかないと、後で自分自身で混乱します。

0821_14momijibarukou_hati 8.21
モミジバルコウ。
小さな白い花はフウセンカズラ。たまたまミツバチが来ていまして、ぼやけながらも一画面に入りました。

0824_2rukousou1 8.24
ルコウソウ。一番ゆっくりお出ましです。
0824_2rukousou2
深紅というのか、形容詞を知らないのですが、濃いです。
4種類を一カ所で楽しめる、というのが我が家らしいところですね。
結構、凝り性なのです。

マルカメムシ

0817_21marukamemusi 2017.8.17
おなじみになりました。
マルカメムシの場合は、複眼が赤っぽい。
今年はよく見かける方ですが、集団でいるのは見たことはない。
どうも、集団になっているのを嫌われている節があります。
ま、ほどほどに「付き合って」ください。興奮させなければ臭いわけでもなし。

キイロテントウ

0817_18kiirotentou 2017.8.17
後姿しか撮れなかったのですが、これはキイロテントウ。
菌食です。

0818_28kiirotentou1 8.17
パッと見て、意識が焦点を結ばない。キイロテントウであることは間違いないけれど、なんだ?どうなってんだ?
よく見れば交尾中でした。
冒頭の写真は後姿でしたが、前から見ると、白い前胸部に黒い斑点があります。
そして、頭部に黒い一対の複眼。
普段、一匹でいるのを見る時は、別にそう違和感も覚えないのですが。
こうやって2段になってしまうと、見え方が変わってしまう。
上の個体など、人の顔にみえませんか?
前胸部の斑点が「目」に見えて、本物の複眼が人の「口ひげ」かなんかに見える。
0818_28kiirotentou3
黄色い帽子をかぶっているようだったりして。
あるいは目が8個もあるようだったり。
キイロテントウの交尾は初めて見ましたが、普段の概念からはずれると、こうも見え方が変わるのか、と我ながらびっくり、なのでした。

2017年9月 1日 (金)

カヤツリグサ

0817_16kayaturigusanado1 2017.8.17
どういうわけか、妻はこの草が好きでして。
花火が弾けるみたいでかわいい、のですって。

http://www.hana300.com/kayatu.html
蚊帳吊草 (かやつりぐさ)

・茎の断面は三角形。
 この茎の端っこを裂いて線上に延ばしていくと「蚊帳(かや)」のような形にすることができることからこの名前になった。

蚊帳を吊ったり畳んだりしたことあります?
私共の世代だとかなり成長するまで蚊帳を使っていました。
小学校低学年で、身長も低く腕力もあまりないころには、自分一人では吊れない畳めない。
中学生くらいになると、自分でできる。ちょっと大人になった気分でしたね。

逆さまの傘みたいな道具で、食卓の料理にハエがたからないようにかけるもの、あれは「蝿帳」といって言葉では「はいちょう」と言ってましたね。子どもは食品にハエがたからないように張り番をするのが仕事だったり。

古い話でした。

キチョウ

0817_4kityou 2017.8.17
羽化後そう日数は経っていないのではないでしょうか。
ほぼ完全な姿です。
幼虫図鑑によりますと↓
http://aoki2.si.gunma-u.ac.jp/youtyuu/HTMLs/ta002040.html

キチョウ
食草:メドハギ,などのハギ類,ネムノキ(合歓木),サイカチ(皀莢),アカシア類などのマメ科植物。

おや、前の記事にも登場したハギなどが食草だそうです。
ここに書かれているものではないマメ科植物が複数我が家にありますが。
どうなんだろう、我が家で育ったチョウなのかなぁ。
なんとなく、親しみを覚えますね。




萩←訂正します「コマツナギ」でした

0817_15hagi 2017.8.17
ですね。コマツナギです。
有名な割にあまり見かけません。
「萩だ荻だ」と騒いでいて、どっちもよく知らない私なのでした。

http://www.hana300.com/hagi00.html

・「萩」の字は、”秋”の”草(草かんむり)”なのでまさに秋の花だが、早いものは夏前から咲き出している。(でもやはり、秋の9月頃が見頃♪)

なるほど、そうなのか。早くから咲くもののようです。

★コメントをいただきまして、コマツナギとのこと。さっそく調べてみたら、その通りでした。撮影者である妻にも確認しまして確認を得ましたので、訂正します。
http://had0.big.ous.ac.jp/plantsdic/angiospermae/dicotyledoneae/choripetalae/leguminosae/komatsunagi/komatsu.htm
コマツナギ Indigofera pseudotinctoria Matsum.(マメ科 コマツナギ属)
<以下引用文>
 コマツナギは草のようであるが、実は木本であり、小低木に分類される。しかし、平凡社の図鑑では、木本編にも簡単な記載があるが、詳しい記載は草本編にある。本州から九州に生育し、背丈の低い刈り取り草原に多い植物である。刈り取り草地や路傍に生育する場合には時折刈り取られるので地面を這うような形で生育する。丈夫なので、これに馬のたずなをつないだことから「駒繋ぎ」と呼ばれるようになったという。礫質の乾燥した河原や岩礫地では背丈も高くなり、1m以上となることもあるが、枝が細いので垂れ下がる傾向があり、あまり高くなれない。6月頃から葉腋から円錐花序を形成し、長い間淡紅色の花を咲かせる。葉は夜には閉じる。
<引用ここまで>

早速にご指摘をいただき、ありがとうございました。間違いの多い私のこととて、これからもよろしく「監視」してくださいますよう、お願いします。


スイカ

0817_14suika 2017.8.17
買い物に行った妻の撮影。このごろは八百屋さんというものが珍しくなりましたが、これはある八百屋さんの店先。
右のスイカはごく普通の大玉のスイカだそうで。それと比べて左のは・・・。
デカ。
長さ方向で70cmとか80cmとかあるようで。
買う人はいるんだろうか。

灸(やいと)花

ヘクソカズラです。
0817_8hekusokazura1 2017.8.17
雨に濡れて花が落ちた。落ちて伏せた花にはメシベの花柱がまだ残っています。
濡れてはいるけれど、この形から「灸花」という名があるんだよな。
0817_8hekusokazura2
手の甲越しにこの花を撮ってみたのですが、あんまりお灸には見えないな。
0817_8hekusokazura3
下向きの花に手の甲をくっつけてみました。いかがでしょう?お灸に見えませんか?
昔の女の子の「花遊び」の一つだったのだと思います。
かかしさんにも効いた、でしょうか。

★朝日俳壇 2017.8.14 から
稲畑汀子 選
土用とて妻に据ゑらる灸(やいと)かな:洲本市・高田菲路

いいチャンスだ、と、思いっきり灸をすえられたのではありませんか。奥様に。

Weblio 辞書

土用灸
読み方:ドヨウキュウ(doyoukyuu)
夏の土用に灸治をすること、他の時季に比して特効があるとされる
季節 夏

カタツムリ

0816_8katatumuri 2017.8.16
雨が多いとカタツムリも出歩きやすい。
黒い筋状の物は多分、糞です。
カタツムリの肛門はどこにあるでしょう?
殻の中に排便するわけにはいきませんので、殻の口の付近にあるのです。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%82%BF%E3%83%84%E3%83%A0%E3%83%AA

口は食道から胃へとつながり、奥の方でUターンして殻口近くで肛門となる。

0816_7ame 2017.8.16
アスパラガスが濡れていました。
それだけです。
雨戸を閉めようとしたら、目の前に。
すごかったです。

アブラゼミ脱け殻

0816_2aburazemi 2017.8.16
今回は、脱け殻で見られる、「気管の脱け殻」です。
白い糸のように見えることもありますが、ここではちょっと太い「管」として気管が見えています。
Dappi
概念図です。気管というのは体内に酸素を送り、体内の二酸化炭素を排出するために、体内に入り込んだ外部空間です。
当然、表皮ですので、脱皮においては気管の表面も脱がなければなりません。
外骨格の昆虫にとって脱皮は成長に必須です。消化管の内面も表皮ですが、昆虫ではさすがにこれは脱皮前に分解酵素で分解するのではなかったかな。ザリガニなんかの脱皮では、消化管も脱皮しますけどね。

★思い出して古い画像を探してみました。
http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2016/09/post-710e.html
2016年9月27日 (火) アオスジアゲハ蛹化:1

↑これはアオスジアゲハの終齢幼虫が脱皮して蛹になるところの観察。
幼虫の表皮が割れて、腹端へ幼虫の表皮を脱ぎ送る。
幼虫の腹部側面から体内へ入っていた気管が蛹の気管のところから抜けて、右へ引きだされている様子が見えます。
その他の写真もご覧ください。できたら、「アオスジアゲハ蛹化:2」というのもお読みいただけると、面白いことが書いてあります。

http://yamada-kuebiko.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-541e.html
2013年6月24日 (月) ナガサキアゲハ:3

↑ナガサキアゲハの終齢幼虫への脱皮ですね。
気管の脱皮がはっきり見える写真を掲載してあります。是非ご覧ください。

脱皮直後は体も柔らかいし、危険を伴うのですけれど、これだけ多くの生物が脱皮という方法を使っているということは、利点の方が勝っているということでしょう。
我々内骨格の動物には想像を絶することなのですが。

★朝日歌壇 2017.8.21
高野公彦 選
神様作・芸術品の展示場「完璧な蟬の脱け殻一つ」:神奈川県・九螺ささら

「ポケモンGOに夢中の人々の後ろでセミが羽化していた=昨年8月2日、新宿区の新宿中央公園」という新聞写真を見たことがあります。たかが人間のプログラマーが作るゲーム、セミの脱皮の神秘にかなうわけがないでしょ、と私は考えるものです。

采咲きアサガオ

0815_6saizaki 2017.8.15
これがアサガオとは思えないような姿。
咲く前日にはこんな風になり、咲いてからもしばらくは花の姿を保つ。通常のアサガオとは咲き方が少し違います。

0816_1saizaki1 8.16
絵になりますね、この花。
0816_1saizaki2
花のすぐ下と右につぼみがあります。
花の変化も大きいのですが、葉にも変形をきたしています。葉と花の形成に共通な遺伝子で変化が起きたということでしょう。
0816_1saizaki3
座り込んで横から狙って見ました。上品な紫色です。
0816_6saizaki
普通のアサガオだと、わぁっと咲くので、あまり順序とかは気にしませんが。
この采咲きの場合、根元近くから先端へ向かって、ゆっくりと開花が移動していきます。
今年はずいぶんたくさん咲く。毎朝、早いうちに様子を見に出ています。
まだまだ咲きそうですよ。

アゲハ孵化

0812_22agehatamago 2017.8.12
妻は「アゲハパターン」の識別力に優れています。柑橘類の木を見ると、すぐアゲハの卵や幼虫を見つける。
区の木・クスノキのそばを通ると、すぐアオスジアゲハの卵や幼虫を見つけて連れてくる。
いや、すごいものです。

0815_4huka1403 8.15
孵化してる!との声、なるほど、左の幼虫は孵化したばかりで、自分が入っていた卵殻を食べています。
このシーンを見るのは久しぶりだ、と座り込みました。
0815_4huka1403_2
この殻には、幼虫の口を開かせて噛みつかせる成分が入っていると思います。柑橘類を食べるのだ、と教えているのでしょう。ひょっとっしたら、母親から幼虫へ引き継ぐべき「菌叢」もあるかも。わかりませんけど。
0815_4huka1404
こちらはもう既に卵殻も食べて落ち着いた幼虫。
0815_4huka1407
トゲトゲっぽく見えますが、刺さりません、大丈夫。
0815_4huka1414
お、大分食べ進みましたね。
0815_4huka1422
おいしいおいしい、ムシャムシャ。一心不乱に食べます。
お母さんが持たせてくれた「最初の食事」だもんね。おいしいよね。
0815_4huka1424
残り僅か。
0815_4huka1428
食べ終えて、その場を離れて移動。卵の場所にとどまるよりも移動した方が、安全度が増すのかもしれません。
小さな卵の中で発生過程を経て、いっちょ前の幼虫になるんですものね。不思議でなりません。
柔らかい葉を与えて、存分に食べてもらいましょう。
大きくなってね。

« 2017年8月 | トップページ

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ