« スイレン | トップページ | 八重咲きアサガオ »

2017年8月14日 (月)

オシロイバナ

0727_35osiroibana1 2017.7.27
昼になると閉じてしまう花ですから、ちゃんと見るには早朝に出てみるしかない。
で、この日はオシロイバナ鑑賞に出ました。
上の写真の配色パターンはこれまであまりなかったもの。
上の花を斜めから見ると
0727_35osiroibana2
こうです。オシベの花糸が一本だけ赤い。
花弁(本当は萼)の色だけでなく、オシベにも影響が出ます。
0727_35osiroibana4
白い花糸のオシベの葯が赤くて、赤い花糸のオシベの葯は茶色っぽい。どうなっているんでしょうね。不思議だ。
0727_35osiroibana3
色の濃さにもバリエーション。おそらく同じ花は一つもない。
0727_35osiroibana5
くっきりと色が分離したタイプ。萼の赤い部分と花糸の赤いものとの間に、位置的な関連があるようですね。
0727_35osiroibana6
こんな分かれ方もありました。一枚の萼においても色の分離が起こるなんて、不思議なことです。
0727_35osiroibana7
一つの株のはずですが。真っ白な花、源平咲きの花、そして、つぼみまで紅白源平タイプのものがある。
トランスポゾン(動く遺伝子)の動き方は、株で決まるのではなく、個々の花で異なるのでしょう。
0727_35osiroibana8
赤い花と白い花。
0727_38osiroibana
萼の赤と、花糸の赤が連動しながら、葯にはほとんど影響がなかったもの。

見始めると止まりません。見るものすべてが違うんだもんな。
オシロイバナが群生している場所、というのは最近は多くないのかもしれませんが、もし見かけたらぜひじっくりと眺めてください。

« スイレン | トップページ | 八重咲きアサガオ »

植物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« スイレン | トップページ | 八重咲きアサガオ »

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ