« また地震だ | トップページ | オオシオカラトンボ »

2017年8月 4日 (金)

7月の気温など

恒例ですが、今回は冒頭でちょっと宣言を。
気象庁が発表した東京の梅雨入りと明けの日付は下の通りです。
   梅雨入り:6月 7日
   梅雨明け:7月19日
これを参照しながらグラフをご覧ください。
201707kion 気温
梅雨明け前にぐんぐん暑くなりまして、むしろ明けてから下がり気味です。
201707heinensa 平年差
その傾向は平年差にも表れています。
7月半ばまでぐんぐん暑くなりました。
201707situdo 湿度
梅雨明け後に蒸す日が続いております。

ちょっと気になりまして、6月7月の日照時間をグラフにしてみました。
日照時間0の日は棒がない。棒が長い日が日照時間が長い、ということを念頭においてご覧ください。
2017_6_7nisshojikan 6,7月の日照時間
梅雨入りが発表された6月7日は日照時間ゼロでしたが、その後は晴れた日が多かった。
6月25日当たりからの10日間程度は梅雨らしいというか、日照時間が少なかった。
その後7月22日ごろまで日照時間の長い日がたくさんあって。
梅雨も明けた7月23日以降、また日照時間が少なくなった。
なんだかなぁ。というわけです。
9月頃になってから、見直しがあるんじゃないかという気もしないでもない。
さて、どうなりますか。

★ところで、最初の気温のグラフをもう一度ご覧ください。気温の平年値が予め書き込んであります。これを見ると今年間の気温のピークにさしかかった、ということがわかります。
8月2日~8月13日の最高気温の平年値は23.3℃で、これがピークです。
立秋は8月7日。いつもTVなどで立秋の日に「立秋なのに暑い」という話を聞きます。
夏至から太陽が45度進んだ日に「立秋」という名前をつけただけなのにね。
太陽の方位・高度などは古代から正確な測定が可能でしたが、気温など測りようもない。
「年間で一番気温が高いころを大暑という」なんてのは大ウソです。
夏至から1カ月半経過して、暖まりきったころに、太陽の高度が下がっていく影響が効き始めて、少しずつ少しずつ気温が下がり始める、ちょうどその頃が立秋なのです。
東京に限定した話ではありません。ピークの気温や、下がり始める日など、多少の違いはありますが、立秋を過ぎたころから気温が少しずつ下がり始める、という「パターン」は全国共通です。
やがて冬至、冷え切るのが立春のころ。立春を過ぎると、少しずつ気温が上がり始めます。
そんな風に、太陽の季節である二十四節気と気温の季節の関係を理解して、時の流れをお楽しみください。

« また地震だ | トップページ | オオシオカラトンボ »

自然」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« また地震だ | トップページ | オオシオカラトンボ »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ