« ブーゲンビリア | トップページ | グラジオラス »

2017年7月 6日 (木)

キョウチクトウにて

0615_9kyoutikutou1 2017.6.15
上の方、葉の表面には、翅のないアブラムシと、羽があるアブラムシが見えていて、クサカゲロウの卵がいっぱい立っています。
0615_9kyoutikutou2
下のはヒラタアブの幼虫。アブラムシを食べます。ただ、ハエ目昆虫の幼虫ですから姿が「蛆」っぽい。
知らないと気味悪くって処分しそうですが、益虫ということで、大事にしてください。
0615_9kyoutikutou3
もう羽化寸前のテントウムシの蛹。アブラムシをいっぱい食べて育ち、羽化したらまたいっぱい食べてくれるはずです。
0615_9kyoutikutou4
ヒラタアブの幼虫が2匹、テントウムシの幼虫もいて「修羅場」ですね。
0615_9kyoutikutou5
ちょっとね、やっぱり蛆っぽいな。見かけで損をしそうだ。
0615_9kyoutikutou6
右下にアリが見えますが、これ、死んでいるように見えます。
アリのそばの白いのは、中身を吸われたアブラムシでしょう。
アブラムシを食べる連中で、アリの成虫を倒せるようなのがいるのかなぁ、よくわかりません。
0615_9kyoutikutou7
ぶれましたが、ダンダラテントウでしょう。
0615_9kyoutikutou8
テントウムシが羽化していった後の脱け殻。

いやはや、キョウチクトウの葉の裏で繰り広げられる激しい闘いの世界。
すごいものですね。

« ブーゲンビリア | トップページ | グラジオラス »

動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ブーゲンビリア | トップページ | グラジオラス »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
無料ブログはココログ